スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

宴の後の宴

 2008-10-26
サイン会後のもうひとつの宴のことなど。
こうして会ったのも何かの縁でしょう(謎)。

宴の後の宴 の続きを読む

神保町は今日も晴れだった

 2008-10-05
 さて、今回のサイン会には砂漠ヒロさんも参加されていたのをいいことに、5月に続いていろいろとお話したのでした。
 基本的には4コマよりもゲームの話が多かったと記憶しています。

神保町は今日も晴れだった の続きを読む

在り処が分からないから宝探しなのか(笑)

 2008-08-28
 27日はいつものように(?)KRコミックスの発売日でしたが、
先日の記事でも触れたように、単行本によってはトーハン傘下の書店にて
メッセージペーパーがつくとのことですが具体的には分かりませんでした。
 というわけで時間の許す範囲で何件か回ってみました。
 あまり回れませんでしたけど……。
 勿体つけずに結論から言えば、私が回った範囲ではペーパーをつけている書店はありませんでした。
 以下はお時間と興味のある方のみご覧下さい(笑)。
 

在り処が分からないから宝探しなのか(笑) の続きを読む

何時か果てるその時まで大切にしたい出来事たち

 2008-08-17
 3日目でしたね(何この曖昧な書き方)。
 2日目は寝過ごして、起きたのが昼過ぎで終わってしまったのですが。
 
 始発に乗って行こうと思ってましたが、これまた寝過ごして狂う計画。
 それなりに早い時間のに乗ったのですが、辿り着いたらいつも人波。
 漂う嫌な予感。

何時か果てるその時まで大切にしたい出来事たち の続きを読む

1年分の日焼けをした気分

 2008-08-15
 今日の関東地方はとても日差しが強く、気温も高かったです。
 そんな日ですが行って参りました。コミケ初日。

1年分の日焼けをした気分 の続きを読む

あれこれと(?)買いましたよ

 2008-07-28
 本日7月28日、楽しみにしていた単行本が発売されました。
 『Recht~レヒト~』2巻と、『にこプリトランス』3巻、そして『-そら‐』1巻です。

あれこれと(?)買いましたよ の続きを読む

雨の渋谷で会いましょう

 2008-05-11
昨日の余韻や感慨も冷めやりませんが、この日はもう一つ素敵なことが。
ここ最近、イベント参加報告をし合いながらも、一度もお会いしたことの無かった
砂漠ヒロさんとお会いすることができました。

サイン会前日の砂漠ヒロさんのブログにて、並んでいるときの目印となるものが書かれていたので、もしかしたらお会いできるかもしれない、という思いがありました。
このまま永遠のニアミス状態を楽しむのも手でしたけど、せっかくの機会ですから。
人生一度きりですし(大げさやな)。

サイン開開始前、階段にて並んでいると、目印となる本を読んでいる方が一人。
もしやと思い声をかけてみると、ご本人でした。間違って無くてよかったw
どんな方か想像つかなかったのですけど、中々の好青年ではないですか。

軽く挨拶を交わしたのですけど、驚かせてしまいましたかね? と思ったり。

私の番が終わった後、砂漠ヒロさんのところへ行き、もしこの後の予定が無ければ
お話しませんか、と提案しました。
突然の提案にもかかわらず、快諾してくださってありがたかったですね。
別に私の表情が有無を言わさないものだったからではないですよ。念のため。

ちょうど会場である書店の二階にはカフェがあるので、そこでお話をすることに。
改めてご挨拶の後、さっそく本に描いてもらったイラストを見せ合ったりしたのですけど、
私はナチュラルに本名も見せてました。でも私の名前はよくある名前ですから、
どこかで見たとしても同姓同名の別人です。多分。

その後は4コマを読むようになったきっかけとか、イベント参加歴などをうかがったり。
4ヶ月連続で重野なおき先生に(サイン会などで)お会いするお話には
「\すげえ/」と思ったりしたものです。
中々無いですよねー。そう連続してお会いできる機会は。
参加されたサイン会の様子も参考になりました。
開催店舗によっていろいろと違いがあるものですね。
あとはやはり積極的に話しかけたほうがいいみたいです。

その後は渋谷のアニメイトへ。
お互いオススメする作品や好きな作品を元に何点か購入しました。
私は『日常』(一)(あらゐけいいち先生)、『さゆリン』3巻(弓長九天先生)、
『わたしのお嬢様』(樹るう先生)を購入。
この中のある作品がちょっとした爆弾となるのは、帰りの電車内での出来事ですが、それは後述。

この後は駅にてお別れしたのですけど、ありがとうございました。
突然の申し出でご迷惑だったかもしれませんけど、楽しい時間を過ごさせていただきました。
また何かのイベントでお会いした際は、よろしくお願い致します。
あいにくの雨模様ではありましたけど、苦になることも無く足取りも軽かったのは
嬉しさや楽しさのおかげでしょうね。感謝。

・オマケ
帰りの電車内にて。
殆ど人がいないのを良いことに、買ってきたマンガを読んだのですけど
『日常』にはやられました。
普段私は(4コマ以外は)マンガを読まないから、というのもあるのでしょうが
予想をことごとく裏切りまくる展開のギャグに、笑いをこらえるのが大変でした。
本当なら読むのを止めた方がいいのですけど、面白いから仕方ないです。
「ピューと吹く! ジャガー」や「増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和」(どちらも少し読んだ程度ですが)
にも通じる「予測不能」的な要素は共通してますけど、それらとはまた異なるぶっとび具合がすごいです。
具体的に説明できないのがもどかしいですが。これは2巻も買わないとw

『さゆリン』は、九天先生ならではのわけわからなさが展開されていて、安心して読めます(?)
さゆりの勇太に対するツッコミは容赦ないですね。好きだからつい意地悪をしてしまうのでしょうかねー(笑)。
でもあまり微笑ましいというわけでもないですがw
『わたしのお嬢様』はまだ読んでません。すいません。
でも『おーはしるいセレクション』は買えましたので勘弁してくださいw
カテゴリ :日記 トラックバック(-) コメント(2)

らぷとんの散財万歳!

 2008-05-08
(5月8日:画像追加しました)
 前の記事ではコミティア84に行ったことや、とてもお気に入りの作品について書きました。
 今回はコミティア84にて買った中から、他に好きな作品などをご紹介いたします。
 誰が注目しているかは分かりませんけどw

 まずは一番笑ってしまったものから。
 「タコタコタコ」という本です。
タコ3

 少年と、彼に助けられたタコ(海に住むあれです)の愉快な4コマですが、試し読みした時点で吹きだしてしまいましたから(笑)。
 とぼけた持ち味のタコと、そんなタコに戸惑う少年のやり取りも愉快ですけど、さりげなくブラックなんですよね。
 タコが、自分を助けてくれた少年に恩返しをしたいからと言って、自分を食べてもいい、というあたりなどが。
 後書きに「まんがホーム用に~」とあったので「あれ?この方、プロ?」と思ってお名前を見ると……。
 仙石寛子さんというお名前が。すみません、この方の作品を読んだことがなかったので(お名前を存じてましたけど)、「この方、プロじゃん!」と驚いたのはここだけの話です。

 お次はこちらもゆるキャラ(?)が繰り広げるほんわかした笑い系統です。
 はじめに姫缶のささみさんによる「すーさん」シリーズの絵本から。
すーさん

 結構たくさんのシリーズが出ていましたが、今回購入したのは3冊。
 いずれもまったりほんわかした雰囲気が持ち味の作品で、私好みです。
 もし機会があれば他のも買ってみたいところですね。

 もう一つはしまむら亭の島村しまもさんによる「しろいのシリーズ」。
しろいの

 こちらも何冊か出ていましたが、3冊購入。
 ねこ(?)の「しろいの」と愉快な仲間が繰り広げる、こちらもゆるゆるまったり系の雰囲気がいいのです。
 読んでいてこちらも笑いをこらえるのに必死で、思わず買う時に(恐らく作者さんと思しき)売り子さんに、笑いどころをあれこれ話したほどです。
 その方は「読んでいる人の表情を見るのが好きなんです」と言われてましたが、私の笑いをこらえる無様な表情も見られていたわけですね。恥ずかしいw

 お次はチキ缶のかんきちさんによる「今日の奥さん3」。
おくさん3

 4コマとストーリーものが収録されていますけど、主人公の奥さんのとぼけ振りや、想像力豊かなところに思わずくすりと笑いがこぼれたりしました。
 ストーリーものは、奥さんとだんなさんの、ちょっといいお話。
 これがシリーズ最終巻とのことですけど、まだまだ続きを読みたいですね。もったいない気がします。

 続いてはTime and AirのKYOHEIさんによる「僕の嘘」。
僕の嘘

 こちらはストーリーもの2本(それぞれ独立した内容)とイラスト集ですけど、表紙のスッキリした絵柄や色使いに惹かれて買いました。
 1本目は仲良し女子高生三人による、日常の中で起こりうる(であろう)出来事の中から、笑いに結びつくことを上手くすくい上げたお話……だと思います。
 元気いっぱいの女の子(主人公?)と、クールな友人やほんわりした友人(作者いわく「凄い地味にと意識」してキャラを作ったそうですけど)のやり取りが好みです。
 山口舞子先生の「もうすこしがんばりましょう」にも通じるところはあるかな?
 2本目は高校生のカップルの読んでいてくすぐったくなるお話です(笑)。
 何気ないことをさり気なく描いているのですけど、それもまたいいものですw

 更に続いてはHi-Jumperの乾ないなさんによるのを2冊。
ロンドンコーリング

 新刊ではないのですけど、初めて読むので私にとっては新刊ですw
 1冊は「HeavyGauge」、もう一冊は「Drops」というタイトルの作品。
 どちらも女子高生によるバンドもの……のフリをしたギャグマンガだったりします。
 両作品に共通しているのは、破天荒気味な登場人物がギターを振り上げて、「ロンドンコーリング」なる必殺技をかますところですが、ロック好きな方ならこの名前とポーズでピンと来る方もいるでしょう。
ろんどんこーりんぐ

 読んでいて「クラッシュかよ!」と突っ込んでしまいましたから(笑)。
 その事を作者さん(と思われる方)にお話しすると、「全然クラッシュとは関係ないんですけどね(笑)」とおっしゃってました。
 ギターもきっちり丁寧に描かれてますし、ギターを持っている(弾けるわけではないですw)私としてはポイントの高い作品です。
 
 最後にご紹介するのは、ジャポニカ自由帳のおふたりによる「ジャポニカ自由帳22」。
22

 前回のコミティアで初めてこのシリーズを購入しましたが、今回もお二人の異なる個性が存分に発揮された作品が収録されています。
 コサカさんのにしても、こてはしさんのにしても、人生とか日常で起こる些細ではありながらも受け流せない、心や記憶に引っかかるであろう出来事を、丁寧に描いているところが凄いと思うのです。

 他にもいろいろと買いましたし、どれも楽しめましたけどまずはこのあたりで締めにしたいと思います。
 本当は画像も載せたかったですけど、眠いので止めました(笑)。
 というわけで、各本の写真は後日改めて載せます。その方がイメージつかみやすいでしょうし。
 誰がつかもうとするのか不明ですけどw

 約束は果たしたぜ!(笑)
カテゴリ :日記 トラックバック(-) コメント(2)

∞(むげん)ぷちぷちプチ萌え(メイド編)買ってみた

 2008-03-13
 普段は萌えとはほぼ無縁な生活をしている私ですけど、つい買ってしまいました。
 
 ∞(むげん)プチプチぷち萌え(クリックすると公式サイトへ飛びます) 

 目をつぶってたまたま手にとったのがこれ、「メイド編」でした。

メイドさんづくし


 すいません。「目をつぶって~」だなんて嘘です。他にも何か写ってますけど、気にしないで下さい。
 
 でも私が見た時には、売られていたのは3種類だったんですよ。
 「ツンデレ編」だけは売り切れでした。みんなそんなにツンデレが好きなのか。
 まあボイスがツンデレボイスの女王、釘宮理恵さんとあっては、やむなしと言ったところでしょうか。
 と声優さんの事など全く知らないのに、知ったふりをする自分が悲しい。

◎押してみた

 試しに何度もボタンを押してみましたが、感触は確かにあのプチプチの感触に近いです。
 あくまでも「近い」ですから、リアル志向の方は本物のプチプチをつぶしてください。

 ボタンを押すとちゃんとプチっと音が出ますが、ぼそぼそした感じです。
 リアル志向の方は(以下略)。

 で、この商品の売りは何と言っても
 「プチプチすると、たまに萌えボイスが聞こえる!」
 「プチプチしないと、おねだりしてくる!!」
 (パッケージ裏の説明文より)
 ところでしょう。

 ただ、残念ながら声が割れて聞こえるんです。せっかくの萌えボイスの魅力がかなり減ってます。
 その音声の割れ具合は、メガドライブソフトの「風邪引き声」と揶揄された音声(ご存知の方はどれくらいいるのでしょう)程ではないですが、割れ気味に聞こえるのは残念なところ。
 多少コストがかかってもいいので、クリアな音声にして欲しかったですね(気に入っているんかいw)。

 全4種類のセリフ(やしゃべり方)は、まあ普通の感じですが、
50回に1回程の割合で、スペシャル萌えボイスなるものが出るそうです。
 どれがそれなのか私には分かりませんでしたが。

◎まとめになってないまとめ

 ひまつぶしにはもってこいでしょうが、時と場所を選ぶのは言うまでもありません。
 決して人に見られてはいけません。多分。
 
 やはり音質の悪さが残念ですね。コンセプトはいいだけに(良いのかw)。

 私の名誉のために言っておきますが、別にメイドさん好きなわけではないですよ。念のため。

 ひとつ気になったのは、「対象年齢15歳以上」とあるところ。
 何歳からでもいいと思うのは私だけでしょうか。ある分野の情操教育にはいいかもしれません。
 保証はしませんけど。

2月27日のことなど

 2008-02-28
 この日は4コママンガ(コミックス)好きには色々とあった日でしたね。
 その中の一部に関して、私も乗ってみることにしました。たまには世間の流れに乗らないとね。
 もっとも上手く乗れずに時が流れてゆくだけでしたけど。それもまた人生。

2月27日のことなど の続きを読む

≪ 新しい記事へ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 古い記事へ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。