スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららMAX』’08・2月号感想

 2007-12-22
『落花流水』(真田一輝先生)
・1本目
 コタツは暖を取るだけではない。……って、(4コマ目の)そんな用途は無いですw
 というか、どれだけ弱い床板なんですか。そういえばこの道場、いわくつきでしたっけ……。
・2本目
 秋穂、好きな先輩と(物理的にも)くっつくためならいろんな手を考えます。
 妄想力は無限大。
・4本目
 このネタは、夕先輩の父がどういう人物なのかを知っていないと、分かりにくいでしょうね。
 秋穂のセリフで何となく分かるかもしれませんけど……。
・5本目
 都合よく生きるのが人生です。多分。春河の突っ込みも容赦ないですねw
・6本目
 夕先輩、素でとんでもないこと言うキャラで、実にオイシイ役どころだと思いますw
・10本目
 つまり春河がお洒落しているのは、秋穂を意識しての事、と夕先輩は言いたいのでしょうかね?
 実際のところはどうなのかは分かりませんが……。
・12本目
 秋穂が毒素を出しているのは(笑)、微熱があるせいだけではないですよねw
 あまり求め過ぎてもいけないのですけど、本心では好きな人には振り向いてもらいたいし、
相手にして欲しいと思うのは仕方ないですね。
・14本目
 このお話は、1巻を読んでいればより楽しめるかも?しかし「寝押し師」ってw
・15本目
 1本目での要素はこのために。というか、前々からあの道場は手抜き工事ネタが出てましたから。まだ解決してなかったんですかw

『イチロー!』(未影先生)
・扉絵
 そういえばこの作品、時間の進み方がとてもゆっくりでしたね。言われないと気付かない私も私ですけど。
・1本目
 どうせ内職するなら、受験勉強に関係あることにしましょうよ、まいちゃんw
・4本目
 全てはお金のためにw 金額の単位が変わるだけで、冷静さを失うななこもどうかと思いますw
・11本目
 スク水のチラ見せサービスってw 違う店になりそうですw
・12、13本目
 事前告知がしっかりしていれば、客も途切れないでしょうねぇw

『えむの王国』(中平凱先生)
 随分シリアスな展開になってきましたね。こうした緊迫した展開は私は好きですけど、
それまでのコメディ色の強いお話が好きな人にはどうかな?というのもあります。でも好き。

『かなめも』(石見翔子先生)
・1本目
 タイトルが意味するもの……ああ、なるほど、そういうことですね。
 誌面の内容があっち寄りか、こっち寄りかとかいう。
考え方の違いで「翼」が付いたり付かなかったり(全然伏せてない)。
 まあ右も左も見る側によって変わりますから(あまり関係ない)。
・2~4本目
  あっさりサンタの存在を否定する代理は冷めているのか、大人気ないのかw
ユメさんが幾つなのかは分かりませんけど、信じているんですね。サンタを。
 人はいつまで夢を見られるのでしょうか。
 全力でサンタの存在を信じるユメさんが健気です。
 そして、ユメを喜ばせるためにサンタ役をかっていたユーキさんも素敵です。
・5本目
 はるかさんw 何を買おうとしていたのでしょうかw
 しかしこの方はインパクト強いですね。妄想力の高さで笑いが取れますから。
・6本目
 代理、冷めすぎですw もう少し夢見ることを大事にしましょうねw
・7本目
 普通に吹きましたw 塩味が美味しいものに甘み攻めは無いww
・9本目
 皆が声を合わせて言ってしまえば、皆からのプレゼントだと分かってしまいますよね。
 かなめの心もあったかいはず。
・11本目
 もしかして本物のサンタでしょうか。そうならば、ちょっとしたメルヘン。
・13本目
 喜ぶ人もいれば、微笑ましい目で見る人もいたり、呆れた目で見る人もいたり。
 ユメ以外にはバレているだけに、ユーキさんも少し照れているようです。
・14本目
 はるかさん、落ち着いてw いくら靴下の中身にあるものはプレゼントだからといっても、
その靴下ははるかさんのものではないでしょうにw
・15本目
 あれほどサンタなどいない、と言っておきながら、枕もとのプレゼントを
期待に胸躍らせて包みを解く代理の姿がいいですね。
 本当はサンタがいればいいのに、と思っているからその裏返しで「サンタはいない」と
言ってしまうのでしょうか。
 しかしプレゼントの中身には笑いました。夢と希望を捨てないで、代理!w

『兄妹はじめました!』(愁☆一樹先生)
・1本目
 年賀状の枚数が全てじゃない。頑張れ、茜w
・3本目
 わざわざクジ無しのハガキを使ってまで、茜に年賀状を出した真白。
 単なる嫌がらせなのか、それとも……?
・4、5本目
 茜、そんなに物欲しそうな顔をしなくてもw
 もらったらもらったで、その内容にがっかりしたりと忙しいですねw
・8本目
 新年早々ナイスキャラの萌葱。言っている事が矛盾してますw
 嬉しい気持ちはよ~く分かるのですけどねw
・12、13本目
 毎年おみくじでは悪いのばかりを引き当ててしまう茜ですけど、今年もですかw
 というか、去年より悪いw 真黒のフォローも虚しいですw
・14、15本目
 今までのお話からすると、真白が好きなのは葵の方なのかな、と思っていましたけど、
実はそうではなかった、という事になるのでしょうか。
 実に長い回り道にして、素直じゃない真白なのでした。

『メロ3』(野々原ちき先生)(注:「3」は小さく右肩に付きます)
 『まんがタイムきらら』で連載される作品ですけど、なぜか『MAX』で一回目。
3人が好きな人が、実は……という意外性が良かったですね。
 果たしてどうなる事やら、と思いますけど、上手く笑いが生まれる展開になるといいと思います。

『魔法のじゅもん』(あらきかなお先生)
 交換日記にまつわるお話ですけど、交換日記をしたがるのは女の子ならではなのでしょうか。
 仲の良さを深めるはずが、どんどん悪くなっていくというのも悲しいですけど、
思い切り良く見切りをつけることができたおかげで、喧嘩別れは回避できたわけでした。
 しかしのんちゃんは不幸キャラですね。少しかわいそうかも。
 (だからお話が展開しやすいのかも?)

『○本の住人』(Kashmir先生)
 しかし毎回シュールな笑いが繰り広げられてますね。この作品w
・3本目
 笑った(笑)。わざわざ図入りにしなくてもww
・11本目
 ちーちゃんのセリフ、わけ分からないのに笑ってしまうのは何故でしょうw

『はずむ!おじょうさま』(あみみ先生)
 一つのハンバーガーを3人で分けるのに、パンとハンバーグと野菜に分けるという
発想は無かったですw
 「それは嫌だなあ……」と思うのも無理はありませんw

『にこプリトランス』(白雪しおん先生)
 せすのアホっぷりが炸裂していて、可哀想……なはずなのに、笑いどころが多いのは何故でしょう(笑)。
・1本目
 冒頭から読む者を思い切り惹き付けますねw
 りんすも騎士も顔を赤らめながら、意味深な言葉のやり取りをするわけですから。
 (ちゃんと理由があるのですけど)
 それを受けてのせすの言葉に笑いましたw 日本語な上、関西弁ですしw
・2本目 
 いくら英語が苦手と言っても、イットとイズの区別が付かないなんてw
 あと、何気なくトリニクもせすと一緒にいますよね。珍しい?
・3本目
 騎士は何を見て合ってるなどと思うのかw サムアップまでしなくてもw
・5本目
 もうヤケなせす。英語を学ぼうという気はさらさら無いようです。
 言いだしっぺがしっぺ食らうなんてw しかも気付いてないですしww
・6本目
 >「俺が大人だったら~」
 酒を飲んで、現実逃避でも図るつもりでしょうか。
・8本目
 ついに横文字禁止令も出したせすですけど、やっぱりしっぺされるのですねw
・10本目
 自分たちの名前も言えなくなったことで、新たな喜びが生まれたせすとりんす。
 顔を赤らめるりんすもいいですけど、ときめくせすもかわいいです。
・12本目 
 どんな3択なんだかw 2は無いですし、3も難しい。消去法で1ですかw
・13本目
 カレーと言いそうな所を根性で日本語化したせすですけど、戦中の日本じゃないんですからw
・14本目
 実はルールを破っている弥深ちゃんですけど、スルーされてますね。
 それにしてもせす、可哀想。甲斐甲斐しくせすに食べさせるりんすも健気です。
・15本目
 もう救いが無いですね(笑)。徹底してアホキャラ扱いなのに、笑ってしまう私もどうかと思いますがw

『ディアン先生の弟子』(日下さつき先生)
 魔法で雪を降らせる修行のキャラですけど、趣旨変わってますねw
・8本目
 ディアン先生が作ったのは、確かにある意味「ゆきだるま」ですけどw
・11本目
 何だかほんわかしますねw ディアン先生も粋な計らいをします。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/99-7905ecbf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。