スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがライフMOMO』’07・6月1日増刊号感想

 2007-10-14
『いんどあHappy』(森ゆきなつ先生)

・4話目:3日ほどお風呂に入ってないのもどうかと思いますが、
     ヌカの匂いが染み付いたのなら関係ないかも?
・5話目:人間、ズバリ言い当てられると、否定する時は必死になりますからね。
     気付かない小梅と、気付いている妹の対比も笑えます。
・7話目:お父さんの発想のほうがマニアックですw

『カギっこ』(山口舞子先生)

 保険医の桂先生が登場。
 クールビューティーですがかわいい物好き、という設定。

 そんな先生をみつが気に入ったのは、先生が持ち歩いている鍵束のせいだけではなさそう。
 当然お母ちゃんにとっては面白くないわけです。
 あからさまにふてくされるのが大人らしくないというか。
 でもそれが笑いを生む要因になっているのですけど。

 実は桂先生、みつの住むアパートの隣の部屋に越してきたばかり
という設定ですが、これはお母ちゃんの闘争心に火をつけることに。
 こうして笑いの幅が広がってゆくのですね。

・9話目:さりげなく桂先生の胸の大きさを見て焦りを覚えるお母ちゃんに笑う。
     でも先生も一緒にいるみつも、そのことに気付いていないのがまた面白いです。
・10話目:荷物の片付かない部屋の中、一人きりでいると
      隣のにぎやかさが余計にうらやましく思えるもの。
      4コマ目の桂先生の姿が笑いを生んでます。

『あぼばクリニック』(藤島じゅん先生)

 前回、お花見でアビコマンに変身して失笑をかった我孫子君。
 頑張れw
 同僚が科学防護服を着ていようと、葛根ちゃんが記憶を閉ざすほどショックを受けようとw
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/69-44631668
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。