スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきらら』’07・11月号感想

 2007-10-10
表紙
 黄色の縁取り(と文字)とバックの紺色の対比が印象的なデザイン。

 ざら先生の『ふおんコネクト!』のキャラが表紙を飾っています。
 一際大きく描かれた交流(あける)さんも目立ちますが、
彼女が手にしているカード(アメリカン・エキスプレス・カードに似ている)
にも目が行ってしまうのは何故でしょう。
 
『ふおんコネクト!』(ざら先生)
 (一応)英語教師、夕先生がメイン。

 「手数料が不足しています」と表示されるほど、預金残高が少ないって。
 実家に居候することになった夕先生の食事の台がみかん箱……
 泣けますね。しかも「反省席」って書かれた札も貼られてますし。

 「体で稼ぐ」
 「狭いストライクゾーンを最大限に利用」
 で交流さんと通果さんが思い浮かべたことはまるで違う。
 通果さんが思い浮かべたことはまだしも、交流さんが思い浮かべた事って一体。
 確かに言葉通りに受け取ればそうなりますが。
 そりゃ「大して儲からない」と思うのも無理は無い。

 夕先生、同僚の和理先生にお昼のお弁当を頼むもどうかと思いますが、
高校生時代の仕返しをされるとは。
 まさに自業自得。

 通果さんの実母であるみよさんに同情されたはいいですが、
2コマ目、かすかにみえる髪と「ダメ女」って誰のことでしょう?

 シャッターが下りた店舗、更地になったかつての店舗跡……
 原因はWEB通販だけではないですけどね。
 これを機に夕先生の浪費は直るのでしょうか。

 みよさんの膝まくらを堪能する夕先生と通果さん。
 それを気にしている交流さんをちゃんと察して言葉をかけた
みよさんのやりとりは心温まるものがあります。

 ついで(?)にみよさんに耳かきをしてもらう交流さん。
これも実に微笑ましい光景ですね。
 自分でやるよりも、人にやってもらう方がいいのは何故かな。
 4コマ目のみよさんのセリフ、交流さんは素で理解していないみたい。
 経済と社会には詳しくても、その手の話には疎いみたいです。

 「社会人は「買う」のが楽しみの8割だもん!!」
この言葉に激しく同意。
 で、買って満足してしまい、ほったらかしになるんですよね。

 最後の話の最後のコマ。
 「涙で文字がにじんでいたなら 分かってください」
 なんて言葉はこの際通用しませんね(笑)。

『うぃずりず』(里好先生)
 まず初めに謝ります(誰に?)。
 前回イズが出ていなかったことに全く違和感を抱いてませんでした。
 本編のひのきのセリフを読んでやっと思い出しましたよ……。
 申し訳ないです(だから誰に?)。

 さて扉絵、白無垢のりずっちとウエディングドレス姿のイズっち。
 どちらも似合ってます。
 リズの白無垢姿に違和感が無いのはさすがというべきでしょうか。
 (すっかり日本人的な感性、考え方ですし)

 「おきゅぱいどな時」
 何の暗号だろう、と思っていたら、「occupy」の(過去形)過去分詞のことだったのですね。
 「占領されていた時」、という意味ですか。

 リズが投げたブーケは偶然二人の先生の手に。
 でもこれが2人に遠い目をさせ、更にはひのきまでも仲間入りさせる原因になるとは、
 一体誰が予想できたでしょう。
 ひのきの場合は事情が異なりますが……。
 というか、黒杉さん、あなたひどすぎますよw

『ふーすてっぷ』(岬下部せすな先生)
 前号はお休みだったせいか、随分お久しぶりな気がします。
 
 少しずつ社会復帰のための知識を身につけつつある風ちゃんですが、
空気を読むというか気配りや配慮、コミュニケーション能力はまだ不足していることが
伝ちゃんとのやり取りで判明したわけです。

 2話目、直球ストレートな風ちゃんの言葉に笑いました。
 伝ちゃんには笑い事ではないですが……。

 園長先生の言葉で、配慮を身につけた風ちゃん……
と思ったら、まだまだなようで。
 毎日ハンバーグでしかも叩きつけるように渡してはいけませんw

 風ちゃんは少しずつ成長しているのが描かれていますけど、
伝ちゃんが社会復帰できる様子も描いてもらえればな、と思います。
でもそれは本題(風ちゃんの社会復帰の課程を描く事)から外れるから、
少し難しいかもしれませんけど、是非。

『-そら-』(白雪しおん先生)
 個人的には今号の中で一番笑い所が多い作品でした。
 全体的にストレートを基本に、上手くひねりを加えたネタが私の好みだったからでしょうか。

 ミズノ課長の性別を確かめるべく、あれこれアイデアを出す3人。
 しかしその道のりは果てしなく険しいものでした。

・3話目:4コマ目の3人の表情。ベタのバックもインパクト大です。
・4話目:ソラのために真剣にエルデを怒るイルマさんですが、
     それが却ってソラを傷つけてしまうなんて。
     笑ってしまうではないですか。
     タイトルの「>」の数も意味深です。
     「海>>>陸>空」って(笑)。
・6話目:イルマさんの言葉も直球ですが、エルデの言葉は大暴投もの。
     3コマ目で否定しておきながら、もっとすごい事言うなんて。
・9話目:どんなにワックスかけまくった廊下なんでしょう(笑)。
・10話目:今度も直球なイルマさん。さすがに反省してますが、
      その姿が可愛らしいですw

 あれこれ苦労した割には、結局ミズノ課長の性別は不明なまま。
 このまましばらくはこの状態が続くのでしょうね。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/65-b708e0e1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。