スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきらら』’06・11月感想

 2006-10-11
kirara1811-200.jpg
○きゆづきさとこ先生『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』
 1ページ目から心を揺さぶられる台詞が登場。
 これだからきゆづきさんは凄い。
 「死」を説明するのは簡単だけど、難しくもある。
 ありのままに言うか。ロマンティックに喩えるか。
 クロと偶然であった青年は幸せになれる準備はできたみたいだ……

岬下部せすな先生『ふーすてっぷ』
 風のライバル(?)となる新キャラ登場。若干7歳で勉強熱心……
 かと思いきや、そうでもなかったり、やっぱり子どもだったり。
 小首を傾げながらしゃべる風がまたかわいい。

ちざきゃ先生『TW2』
 桜の妄想癖が登場(私が見るのは初めて)。
 妄想がらみなせいか、テンション高いです。

野々原ちき先生『姉妹の方程式』
 百江の妄想→一人取り残されるネタに笑う。
 なぜか一美、十子まで参加。珍しく一美が千薪の頬をつねる場面も。

里好先生『うぃずりず』
 1話目のベタなネタにも笑う自分はなんでしょう。
 日本語って難しいですね(謎)。

白雪しおん先生『ROM-レス。』
 最後から2話目にぐっとくる。人間って何だろう。

凪庵先生『天獄パラダイス』
 床にあるように、「むくわれないルルラ」ですな。

むねきち先生『まーぶるインスパイア』
 新連載。
 エロネタにシフトしている感がするのは気のせい?

師走冬子先生『スーパーメイドちるみさん』
 安定感あり、安心して読める。
 大樹のTシャツの文字ネタがツボ。

ナフタレン水嶋先生『しまいぐるみ』
 てっちゃんの黒さ炸裂。
 お姉さん、無防備すぎです。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/6-7095dfd7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。