スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららフォワード』’07・10月号感想

 2007-09-14
『S線上のテナ』(岬下部せすな先生)
 普段私があまりまんがを読まないせいもあるのかもしれませんが、読んでいて圧倒されますね。
 お話の展開はメリハリがありますし、続きが気になるほど引き込まれます。
 絵も流麗な描線に、緻密なトーンワークですし。
 背景や物もきちんと描き込まれていて、これだけのものを仕上げるとなると、一体どれだけの労力が必要なのやら……と読んでいて途方に暮れますね。

 冒頭に出てくるテナ一筋(かつキザ)な男、格好はいいけれど、テナの前では思いっきり空回りしているのが笑えると言うか、可哀相と言うか。
 テナを賭けて、この男と恭介が(テナが好きなデパートの限定団子を手に入れる)真剣勝負となるわけですが、随所に織り込まれる笑いの要素がいい息抜きになってますね。
 しかし、恭介も結構格好いいと思うのですが、世間は厳しいようで(格好つけて女性に限定団子を分けてもらうよう頼むも、あっさり玉砕するしw)。
 結局は意外な形で恭介の勝利となりますが、テナを狙う男、これからも事あるごとに登場しそうです。

 一方、恭介の精神的な先生とも言える楽器店の女性店長と、かつての仲間、フォルテオなる人物(男性のはずだが、口調は女性)が20年ぶりに再会しているのですが、穏やかならざる雰囲気。
 「例の貴重な“譜面”」とは?
 穏やかに暮らしていた彼女を不穏な場へ引き出そうとするフォルテオの動向も気になるところ。
 そして、彼女が恭介の運命を知っているかのような口ぶりも……。

【ゲスト】『うぃずりず』(里好先生)
 『まんがタイムきらら』で連載中の作品がゲストで登場。
 いつもの4コマではなく、ストーリー形式です。
 ちなみにメインはリズではなく、同級生の桃井君という男の子。
 彼のリズに対する思いを伝えるまでと、伝えた後の様子がお話の中心となっています。

・【お話】カラフルで爽やか
 
 桃井君のリズへの告白を中心に話は進みますが、その合間に織り込まれるエピソードも、今回のお話の彩りを出す事に貢献しています。
 序盤、リズと二人っきりの桃井君のことなどおかまいなしに、リズにちょっかいをだすひのきとか、ここぞとばかりに耳年増ぶりを発揮する黒杉さんをはじめとする、入浴時の様子だとか、就寝時の様子(素直に眠るはずも無く、おしゃべりに興じたり、枕投げしたり)とか……
 臨海学校ならではの出来事が生き生きと描かれていると思うのです。
 入浴時に出てくる、女子クラスメートの何気ない一言、
「柊君と桃井君はBLって設定に命かけてるんだからー」が、
桃井君にとって致命傷になるとは誰が予想できたでしょう
(出来る人は出来るか)。

  結局は先述の一言や、リズの間違った方向への気遣いにより、桃井君の恋は実らずに終わります。
 でも、思いを告げられずに照れ隠しをしたり、勇気を出して告白した場面は見ていて初々しいですね。さわやかです。

 またチャンスがやってくるといいね、桃井君w

・【絵】大きさを生かした見せ方と無駄のない描写 

 絵の方に目を向けると、ストーリー形式だけあって、大きくコマを使って大きく人物を見せたり、凝ったコマ割が見られるのが見どころです。
 
 1ページ目からして見せ方がいいですね。
 雨の日皆が傘をさす中、リズだけに顔を出させることで、桃井君の意中の人であることが読者にも印象付けられています。
 その次のコマ、視点は桃井君の後ろに回ることで、桃井君が捨てられた猫のために猫缶を持ってきていたことと、猫を拾ったリズたち3人の後姿が描かれていますが、これらはリズの優しさだけでなく、桃井君の優しさと、彼がリズの優しさに気付いて……リズに一目ぼれするきっかけを上手に描いていると思うのです。
 更に言えば、3人が桃井君に気付かずに去ってゆくことで、彼女たちをそっと見送る彼の奥ゆかしさも、読者に印象付けている気がします。

 あと、書き込まれた背景も広がりを持って描かれているので、開放感がありますね。
 扉絵、青空と海をバックに大きく描かれたリズや、リズと桃井君が二人きりで話をしている場面、桃井君が勇気を出してリズに告白したところなどが印象的でした。
 ここぞという所で大きくコマをとって見せる、という方法がお見事だと思うのです。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/52-c174367a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。