スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『月刊アクション』創刊号(7月号)感想(前編)

 2013-05-26
昨日、創刊された『月刊アクション』7月号を買いました!
個人的には板倉梓さんの『ガール メイ キル』をはじめ
岬下部せすなさんの『カリュクス』
そしてえのきづさんの『アクレキ』に注目していました。

発売前に公式ブログ(創刊カウントダウン!! 編集部ブログ)で
作品紹介をしていたのですが、
それを読んだ限りでは、割と殺伐な作品が目立つかな……
という印象ではありました。
板倉さんの新連載にも殺し屋の少女が出てきますが……。

実際に通して読んでみたところ、
殺伐・ダークな作品が目立ちますが、
コメディやほのぼの系もあるので
まあ大丈夫かな……と思いました
(買い続けるかどうかという点で)。

好きな作品となると、
板倉梓さんの『ガール メイ キル』
岬下部せすなさんの『カリュクス』
えのきづさんの『アクレキ』
そして『アクション仮面』を挙げたいです。

私は基本的に4コマ雑誌以外は殆ど読まないので、
(例外は、今なら板倉さんの『なぎとのどかの萌える不動産』
が載っている講談社の『キスプラス』ぐらい)
4コマではない形態の漫画雑誌の傾向は分かりません。

よって、4コマ雑誌以外の漫画雑誌はこういうものなのか、
それともこの雑誌が特殊なのかは判断付きかねます(´・ω・`)

ただ、先に挙げた4作品は素直に楽しかったですし、
他の作品も受け入れにくいと思う作品も確かにありますが、
総じて話の展開・演出が巧みなものが多かったです。

本誌のメイン『アクション仮面』は
(若干主人公の設定ににひねりを加えているものの)
ストレートなヒーローもので、素直に面白かったです。

というわけで、今回はこれら4作品の感想のうち、
掲載順で『アクション仮面』『アクレキ』の感想を書きます。

『ガール メイ キル』『カリュクス』の感想は後編で。

・「アクション仮面」(キャラクター原作:臼井義人さん・漫画:西脇だっとさん)

「クレヨンしんちゃん」に登場するヒーローが、
見事なまでにリアルタッチ
かつ洗練された姿で登場する「アクション仮面」。
正統派ヒーローものの趣が濃厚で楽しめました!
ちなみに昨日秋葉原でアクション仮面を見かけました。
日差しが強い中、ポーズを取ったり写真撮影に応じたりとお疲れ様でした(笑)。

■非暴力主義ヒーロー!?

さてこのアクション仮面、
普通のヒーローものと違うのは、

暴力に頼らず敵を倒す


「月刊アクション」、5月25日(土)に創刊します!! にて担当編集のS山氏の言葉より)
という点。

確かにアクション仮面は自ら攻撃しないのはもちろん、
敵に攻撃されても反撃すらしません。
このままでは敵にやられてしまうじゃないですかー! と思っていましたが、
彼が攻撃するのは「怪人となった人間」ではなく、
人間の体を乗っ取った「敵の本体」なのです!
それなら納得。

■熱い展開にヒネリを加えて更に面白く

最初は怪しいと思った男が実はヒーローで、
身近な人物(先生)が実は怪人だったり、
スピード感と迫力あるバトルシーンに、
身体戦だけではなく心理戦を加えて
厚みを持たせる熱い展開が光る本作。

そしてアクション仮面は「暴力に頼らず敵を倒す」という
ひねりを加えた設定を持つ本作は、実に面白いヒーローものです。

なお今回狂言回し的な役を務める、
ヒーローに憧れる小学生・ヤシオですが、
男の子と思っていたらラストで女の子と判明し、
アクション仮面こと郷 郷太郎(ゴウ・ゴウタロウ)と一緒に驚かされました(笑)。


・『アクレキ』(えのきづさん)

アクレキというのは「悪歴」、つまり悪の履歴のことです。
主役は怪人にあこがれる女性・アシナ、そしてヒーローに憧れる女性・アスカ。
このふたりが奇妙な友情を結ぶことになって…というお話。


えのきづ先生登場!「アクレキ」ご紹介 より)

■ヒーローと怪人がタッグを組んだ!

こちらはヒーローと怪人がタッグを組んだ、
という点で斬新な設定ですね。
混ぜるな危険
本作には当てはまらないのでしょうか?(笑)。

「悪の秘密結社」という名前(直球だ!w)の組織があったり、
その社員(?)の姿がまんま怪人だったりとシュールさ漂っています。
なぜヒーローと怪人が普通に暮らしているのかは、
まだ1話目なので分かりませんけど、面白いので良しです。

■おマヌケな二人の初仕事が愉快すぎる

幼い頃から怪人に憧れるものの面接で落ち続けるアシナも、
ヒーローに憧れるがやはり落ち続けるアスカも、
どちらもどこかマイペースというか、
おっとりしていて、本当にそれぞれの道を極められるのか、
と余計な心配をしてしまいます。しなくてもいいのですが……。

実際、二人が組んだ初仕事(?)の様子も、
アシナが「怪人・ナチュラルバード」に扮して
幼稚園の送迎バスをハイジャックするものの、
子供たちに声援を受けるわ、保育士さんには怒られるわで
まったく凄みがありません(笑)。

更にヒーロー役のアスカ(役名が「マイノリティガール」w)も、
アシナがいるバスに乗れず追いかける姿が実にマヌケです(笑)。
アシナが運転手さんに止まるようにお願いする有様ですし。
いい怪人だなあ(笑)。

でも苦労した甲斐あってか、無事内定をもらえた二人。
コンビを組んでルームシェアするようになりますが、
お互い進む道は正反対。

今回はコメディ色強い内容でしたが、
いつか「琴浦さん」のように鬱展開になってしまうのでしょうか……?


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/507-0ff90924
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。