スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがくらぶオリジナル』2013年・6月号感想(その2)

 2013-04-24
昨日の続きで『まんがくらぶオリジナル』6月号の感想です。
今回は

○「いとをかし」(楠見らんまさん)
○「銀子の窓口」(唐草ミチルさん)<新連載>
○「ねこまんが」(こいずみまりさん)
○「里見☆八犬伝」(よしむらなつきさん)<スペシャルゲスト>
○「ラジ娘のひみつ」(小坂俊史さん)

の感想を書いています。


○「いとをかし」(楠見らんまさん)

みどりさんに騙されて(?)ランジェリーショップに入ることになったあおいくん。
ここの女性店員さん、只者ではなさそうです(笑)。

・1本目
普段はみどりさんに頼っているあおいくん、みどりさんに真剣に頼まれてついていったら、ランジェリーショップに入るはめにw
みどりさんの棒読みからして、わざとですね(笑)。
・2本目
自分で連れてきたわりには、店内のかわいい雰囲気に押されているみどりさん(笑)。
あおいくんに下着を選ばせるんですかw
・3本目
離れたところから恥かしがるあおいくんを見つめるみどりさんがひどい(笑)。
目を閉じたあおいくん、みどりさんの胸にぶつかってしまいましたが、不思議とあまりうらやましいと思わないのはなぜでしょう……w
・5本目
気配を感じさせずにみどりさんの背後から声をかけた店員さん、既に只者ではない様子を感じましたw
そんな店員さんに、かわいい下着を見繕ってもらうみどりさんですが、あおいくんに身に着けさせるのがお約束とはいえひどいです(笑)。
・6本目
試着室でブラを着けるあおいくん……もう違和感が無い(笑)。
・7本目
サイズを確認に来た店員さんをやりすごせるのか、あおいくん!?
ペッタンコなのは男の子ですから!w
可愛いけど男ですから!(笑)
・8本目
1コマ目のあおいくんの表情&セリフと、2コマ目の店員さんの手つきが実にアヤシイですね(笑)。
店員さん、敗れる……でもとても充実した表情ですがw
・9本目
あおいくんイジリに目覚めた店員さんと、みどりさんとの間で固く結ばれた「S気同盟」(笑)。
・10本目
何とか無事お店を出たあおいくんたち。
かわいい物好きとあおいくんに知られて照れるみどりさんが珍しいです。
・11本目
あおいくんに、夏は一緒に水着を買いに行こうと誘うみどりさん……あおいくん逃げてー!(笑)

○「銀子の窓口」(唐草ミチルさん)<新連載>

「病んカノ」が終わってすぐに新連載の本作。
フレッシュな新入銀行員・柵木さんと、完璧超人な窓口係・銀子さんによる銀行を舞台にしたコメディですが、銀子さんの完璧ぶりとクールな外見(髪型、目つき、眼鏡)が好みです。
仕事ぶりは完璧ですが、柵木さんの名前(音々子・ねねこ)を噛むというところに親しみやすさを感じさせるところもまたいいものです。

・2本目
仕事中の銀子さんに挨拶する柵木さん、「簡単な自己紹介」と渡されたのが分厚い「仕様及び取扱要領」とツッコミどころがあれこれとw
・3本目
銀子さんにはファンもいますが、彼女の冷たい視線狙いの男性たちですか(笑)。
・4本目
突然お客のネクタイを直したり、柵木さんのハネた髪型をまっすぐにしようとする銀子さんが無邪気ですw
・5本目
新人の柵木さんの前でも、無表情なのを大声で注意する見城主任。
銀子さん、落ち込んだのかと思ったら、主任を怒らせるお客のアンケートで応戦?
主任がお客たちには老けて……いや、年上に見られていたなんてw
・7本目
銀子さんの名字を噛んでしまった柵木さんでしたが、銀子さんも柵木さんの名前を噛んでしまい、その上「ねこさん」と略したり。実はお茶目なお方?w
・9本目
閉店、一日の締め上げ中にミスをした女性行員を叱る主任を遮る銀子さん。
「私たちは機械ではないのですから」の言葉への、主任含めてみんなのツッコミに笑いましたw

○「ねこまんが」(こいずみまりさん)

花粉症の原因、杉に対する一大ネガティブキャンペーンな今回。
私も花粉症が年々悪化しているので気持ちは分かります。

ここに書かれている数々の杉の役立たずな事柄に、改めて杉なんていらないと思いました。
ただしブランド杉(秋田杉など)や、屋久島の杉などは例外とのこと。
きちんと手入れをしていたり、古くから生えている杉は確かに問題ないみたいですからね。

・6本目
花粉症にかかった元某途知事が、杉を切って植えたのが「花粉の少ない品種の杉」にずっこけるこいずみ先生(笑)。
確かに意味分かりませんね……新手のギャグ?

あと伊勢神宮の杉、秋田杉などのブランド杉、屋久島の杉は良い杉として紹介してますね。

○「里見☆八犬伝~船虫様の憂鬱~」(よしむらなつきさん)<スペシャルゲスト>

先月号で「あにメカ」の連載が終了(2巻が今月27日発売)して、スペシャルゲストとして掲載の本作。
私は知らなかったのですが、以前「少年ガンガン」にて連載されていた「里見☆八犬伝」の番外編的な作品でした。

『里見☆八犬伝』(全6巻)(Jコミ)

「里見☆八犬伝」はJコミにて全話(全6巻)が公開されていて、とりあえず1巻と6巻の最後のほうを読んで見ましたが、ギャグとシリアスのバランスがいいですね。
第1部で一旦終了し、続きは未だに描かれていないそうですが、これを期に再開となればいいですね。

・1本目
顔立ちが凛々しく、髪型も短めなので男に見えた船虫ですが(失礼)、胸の大きさに女だと思い知らされました(笑)。
妖怪王・玉梓の部下として、玉梓たちを倒そうとする八犬士を狙う船虫の部下が頼りなさそうで苦労してますねw
・3本目
玉梓への忠誠を誓うのは船虫だけというのが悲しいようなw
・4本目
ここで八犬士たちの紹介が。個性ある面々ばかりですね(笑)。
亀篠は八犬士全員が守備範囲なのか……幅広いですw
・7本目
有給をもらって(あるんだw)湯治で入浴中の船虫を、信乃と間違えて一緒に入って胸を触る毛野(美人だけど男)と荘助(信乃を男と思い込む「基本あほの子」w)。
いいサービスシーンだ……(笑)。
・9本目
部下の育成を諦め、クローンを作る船虫。
でも自分のクローンは、まるでやる気の無いだらけぶりなのはなぜでしょうw

○「ラジ娘のひみつ」(小坂俊史さん)

今回登場のDJもっぴー、強烈なキャラですね(笑)。
ちょっと松鶴家千とせに似てなくも無い外見と、徹底的にウザい芸風ではありますが、実は結構いいキャラでもあります。
でもいい話で終わらないのが小坂先生クオリティですが(笑)。

・2本目
1週間、特別番組としてDJもっぴーと一緒に番組を担当する事になったあいり。
普段は本番中は毒舌・キレキャラで鳴る彼女も、彼のウザさに先制パンチを食らわされることにw
ラジオなのに振りをつけるDJもっぴー、テレビの方が向いている気がしますw
・3本目
さらにはカツラを取る持ちネタまで披露するDJもっぴーですが、やはりテレビ向けではw
・7本目
いつもはあいり以上に負けず嫌いな(?)道路交通情報センターの道端さん。
そんな彼女も、DJもっぴーと一緒に決め台詞を言うほど彼のウザさは強烈なのですねw
・8本目
放送終了後、真面目な様子であいりが本番中にキレキャラになるわけを尋ねるDJもっぴー。
割といいところありますね。
・9本目
さらに優しくあいりにアドバイスするところをみると憎めませんね、DJもっぴー。
やっと肩の力が抜けて素の状態のあいり、はっきりと「面白くない番組」と言うことで彼にダメージを与える事ができました!(笑)
・10本目
いつも郵便局員に投稿を阻止されるペンネーム・サンダル和尚。
採用されたのに読んだのはDJもっぴーなうえに記念品もなしという残念ぶり。
背中と背景が語る落ち込み具合に笑う(笑)。
・11本目
残りの番組は素の状態でやりきったあいり。レアです。
いつものテンションが戻るかスタッフが心配する中、本番前なのにDJもっぴーの放送中の一言で本番モードに戻ったあいり。
DJもっぴーも心のコントロール(?)がうまいですねw

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/503-9800c702
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。