スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんが4コマぱれっと』2013年・6月号感想

 2013-04-22
こちらも久々に感想を書きますが、いつの間にか誌名が変わってました!
以前は『まんが4コマKINGSぱれっと』でしたが、今は『まんが4コマぱれっと』になってますね。
こちらも読んでいない時期もありましたが、2年ぶりに感想を書きます(その間特に何かしていたわけでもないのに……)。

そんな今回は

○「スターマイン」(ストロマさん)
○「やさしい教師の躾けかた。」(宙さん)
○「氷室の天地 Fate/school life」(原作・監修:TYPE-MOON 漫画:磨伸映一郎さん)
○「未確認で進行形」(荒井チェリーさん)
○「うしのこくまいる!」(湖西 晶さん)
○「妹はいいものだ」(内村かなめさん)

の感想を書いてます。

○「スターマイン」(ストロマさん)

風見と里梨に耳かきしてもらう行成がうらやましすぎます!(笑)

・3本目
膝枕を恥かしがる行成への風見の案は実に恐怖(笑)。
二人同時にする耳かきは危ないw
・6本目
行成がふと顔を見上げて見えた風見の笑顔の実に良いこと!
でも恥かしいからとうつぶせになるのはイカンw
里梨も居心地悪そうw
・7本目
仕上げにそっと耳に息を吹きかける風見……行成うらやましいな!w
そして更に居心地悪くなる里梨……w
・8本目
お次は里梨が行成の耳かきを。
でも持ち方が既に危険(笑)。行成が死ぬw
・9本目
行成が痛がっているのに気づかなかった里梨さんひどいw
代わりに綿棒を取ろうとして、無意識に行成の顔に胸が押し付けられて……うらや(略
最高なのは綿棒じゃなくて里梨の胸では(笑)。
・12本目
今度は行成が風見を膝枕して耳かきを。
耳の形をした髪にまずは入れますが、私も気になってました(笑)。
・13本目
耳かき(道具)を取りに来た志染さんと鈴ちゃんが見た&聞いたものは……風見が何だかアブナイ声を出してますが(笑)。
鈴ちゃんには刺激が強すぎましたね!
・14本目
志染さんに怒られた(殴られた)風見と行成w
鈴ちゃんはまだ興奮冷めやらずw
・15本目
志染さんのおみ足に目が行きます(笑)。
行成、今度は志染さんに耳かきしてもらいたいんですか……w

そして「スターマイン」4巻ドラマCD付き特装限定版のメインキャストが紹介されていますが、アニメをほとんど見ないので知らないお名前の方が多いです……(勉強不足)。
でも紹介されている代表作(と役)を見るとすごい顔ぶれのようですね。
ところで雪華役の原田ひとみさんの出演作に「ひだまりスケッチ×ハニカム」が無いのは、やはりライバル誌の作品だからでしょうね。

○「やさしい教師の躾けかた。」(宙さん)

同僚の稜子先生に誘われて合気道の稽古の見学をすることになった先生。
稜子先生の師範は百合がお好きな方ですか(笑)。

・2本目
人見知りの先生のために、関係者以外厳禁にしようとする稜子先生ですが、よだれが(笑)。
・4本目
念願の初段になり袴姿の稜子先生、先生に見せて素敵と思ってもらうつもりが、先生の体操服ブルマ姿のほうが素敵ですか(笑)。
というか先生もなぜそんな姿にw
・5本目
案の定生徒の歌和多さんたちに(間違った情報を)教えられたからですか……w
・6本目
突然現れて先生の服装チェックをする謎の老婆……動きが素早いw
・7本目
老婆の招待は稜子先生の師範でしたか。
そして先生をお気に入りにw
・9本目
柔軟の場面なのに、いかがわしい描写が気になります(笑)。
師範まで温まらないでくださいw
・14本目
稽古が終わって帰り道。
合気道は実践ではほぼ使えないという衝撃の事実がw
・15本目
でも二人に話しかけてきた怪しい人物を撃退した稜子先生。
投げ飛ばせるだけでも充分ですw

○「氷室の天地 Fate/school life」(原作・監修:TYPE-MOON 漫画:磨伸映一郎さん)

美綴さんからゲームをプレゼントされた氷室。
都市育成シミュレーションゲームですが、なかなかにやることがえげつないですねw
柳洞寺に核融合炉を建てようとしたり、柳洞寺の山を切り崩そうとしたり……w
ネットで美綴さんと協力プレイすることなしに、ゾンビの群れを美綴さんがわに追いやるなんて……(笑)。
あと関係ないですが氷室さん縦セタじゃないですかー。

○「未確認で進行形」(荒井チェリーさん)

あいも変わらず特ダネ狙いで小紅を付け狙う大野さん。
一度紅緒にシメられたほうがいいと思います(笑)。

・1本目
いきなりシリアス感漂いますが、単に真白がチョコたまごUMAシリーズを探し回っているだけでした(笑)。
・2本目
落ち込む真白を励まそうと、人気があれば第2弾が出るかもと言う小紅ですが、白夜の言葉は実にシビアですw
・5本目
小紅を守ろうと無言で威圧する白夜。
でも全く動じない大野さん……。
というか無言でも語り合うのがすごいw
・10本目
真白たん、耳年増かと思えば相合傘を知らなかったり……そのアンバランスさがまた良い(笑)。
・11本目
紅緒のラブコメセンサー発動(笑)。
撫子さんも容赦ない突っ込みw
・13、14本目
もし大野さんに見つかったら大変と小紅と話していたのに、不思議な力で屋根の上にいるところを大野さんに見つかってしまった真白がピンチ!
ページ下のコメントに少し吹きましたw

○「うしのこくまいる!」(湖西 晶さん)

まだまだ続くと思っていましたが、畳み掛けるように終わりっぽい雰囲気にと思っていたら、次号で最終回。
急な感じがしますね……。

下地がいくら供養しても成仏しなかったお菊さんが、マイリとの楽しい日々を過ごすうちに満たされて成仏する場面は、マイリも下地もすぐには気づかないほど自然だったので、物悲しいものを感じました(すぐに気づいてもらえなかったところに)。
そしてマイリも下地の言葉に心満たされて、元の姿のわら人形どころかただのわらに……。

お菊さんもマイリも「家族」の一員になる事に憧れていて、それがこの世にとどまる原因であった(と思われる)だけに、「家族」と思われたことで成仏したのはいいのですが、この場合はそうなると寂しいものがあります。
普通は成仏した方がいいのに、そうならない方が良いと思ってしまうので。

・1本目
下地家の厳しい財政の中、アイスを差し出すお菊さん。
でも試食コーナーで駄々をこねてもらったとあっては、謝罪&買わざるを得ませんねw
・2本目
でもそのおかげでタイムセールに出会えたというw
「家族」みたいで楽しいとはっきりと言えずにトーンダウンするマイリが悲しいです。
・4~6本目
マイリに服を着せ替えてもらって、家族として扱われる事を嬉しく思うお菊さん。
その思いが成仏する事につながるのですが、寝てしまったと思われてすぐに気づかれないのが寂しいです。
・9、10本目
お菊さんの成仏にも、下地はわりとさばさばしてますね。
さみしがるマイリでしたが、下地と二人きりになれたと知って嬉しそうw
・14本目
下地の師匠が、マイリを便利だから連れてゆこうとするのを止める下地。
マイリを家族と思っているからとはっきり口にしたことで、マイリは嬉しかったのでしょうけど、それが彼女の人間としての終わりになってしまうとは……。
・15本目
自分で自分を失恋させるように、下地の師匠に匿名で依頼していたササゲさん。
でも消えない下地への恋心に、下地が依頼を受けなかったと知り嬉しく思いながらも、下地への思いを諦めようとして涙を流すササゲさんもまた悲しいです。
このままだとマイリはこの世にいないだけに、諦める必要はなくなるのですが……。
次号、最終回でどうなるのか気になるところです。

○「妹はいいものだ」(内村かなめさん)

ぱれっと編集部のツイッターで平日毎日更新の作品が誌面に登場。
妹は兄に対してキツイようでいて実は兄思いで、兄は日ごろは妹に苦労させられながらも時折見せる妹のデレに救われるのですが、やはり兄のほうが割に合わないですね(笑)。

・2本目
妹に料理を作ってもらえていいなーと思っていたら、まずかったなんて……(笑)。
仲間を求めて検索するほどとはw
・4本目
妹の友人から兄が欲しかったといわれた妹、兄の悪いところばかり挙げてますが、さすがに悪いと思ったみたいですねw
・7本目
友達の弟が気が利いて可愛いと言う妹に、兄も同じ事をしているという母。
でも妹はまるで気づいていないのが悲しい(笑)。
・12本目
学校で妹が男子と話しているのを見て嫉妬する兄w
妹に内心「ファブ●リーズしろよっ」と念じていたら自分が汗くさいとファブ(略)されることに(笑)。
人を呪わば何とかですね(違
・15本目
居眠りしている妹に、兄が湖に落ちたと話しかける兄。
でも兄が生きてて良かったと号泣する妹に、感じたのは罪悪感なのか嬉しさなのか……ちゃんと大事に思われていて良かったですね(笑)。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/501-efaeccc1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。