スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

コミティア98で出会った本(その1)

 2011-11-09
 コミティア98から1週間以上経ってしまいましたがしれっと感想記事を(笑。こうして書くのも久々のような)。
 というわけで、今回から数回ぐらいにわけて、先月の30日(日)に行われたコミティア98で買った本の感想となります。
 特に表記がない限り、基本的には今回新刊として出たものです。

 今回は

○「羊の神さま」(サブマリンサンドイッチさん)
○「恋するウサギ001」(モチウサギさん)
○「魔法少女’s あんとるめ いち、にっ」(衛星ベジータGさん)

 の感想です。

「羊の神さま」サブマリンサンドイッチさん)

羊の神さま


 冒頭から主人公である羊飼いの少女が飼っていた羊や祖母の死の場面が続き、終盤でも彼女と出会った少年も病に侵されて死んでしまう……という具合に全編を死の影が静かに流れるため、物寂しさが漂います。
 ですが自らの死を悟った少年が漂わせる透明感、少女と少年の会話は穏やかさを感じますし、宗教的な趣も感じる絵も登場して、いい雰囲気の作品に仕上がっています。

 私は最初に読んだ時に少し涙ぐんでしまいました。
 それは「死」がもたらす悲しみのせいでもありますけど、終盤、亡くなった少年のために缶詰のスープと一輪の花をささげる主人公から、優しさはもちろん、祈り(少年が無事羊の神さまの元にたどり着けますように、という祈り)にも似たものを感じたからでした。
 生きているものは、死んだらどこへ行くのでしょう……。たどり着いたその先が「穏やかでやさしい風が吹く」所だと良いのですが。

 前回は「アオイ神社花祭り」で30ページにわたる力作を披露された上野さんですが、今回も30ページの力作と創作意欲の高まりを感じました。

「恋するウサギ001」モチウサギさん)

恋するウサギ001


 前回のコミティアで買った「ウサギだけど肉食系です」がとても面白くて、期待して買ったら面白くて大満足でした。
 可愛らしい男の子・ハニーちゃんに拾われたウサギ・ツユクサが人の姿になり(美人でナイスバディ)、ハニーちゃんをモノにしようとするのが実に愉快です。確かに「逆セクハラ」(笑)。
 ですがツユクサがハニーちゃんのピンチを救い、安堵して彼を抱きしめる場面からは、ツユクサが本当にハニーちゃんを大切に思っていることも感じられ、良い場面だと思いました。その後はまたツユクサの残念逆セクハラ発言で台無しですがw

 アリスブックスというサイトにて通販もされてますね。

 恋するウサギ 001 / モチウサギ|アリスブックス

「魔法少女’s あんとるめ いち、にっ」衛星ベジータGさん)

あんとるめ いち、にっ


 「魔法少女’s あんとるめ」シリーズ2冊の鉛筆描きだったコピー本を清書し、オフセットで出した再録本。
 前回そのコピー本2冊を買ったのですが、こちらもとても面白くて、清書されてまとめられたのが嬉しいです。
 特に目的もなく魔法の国からやって来たマルーなる謎の生き物が、自ら志願して魔法少女になった杏(あん)と、変身時の露出場面を体験したいという童顔巨乳少女・鶴女(つるめ。愛称るめ)に振り回されるのが、というか、主にるめのハレンチな発想が面白い4コマ中心の作品です。ナイスバディで露出願望あるっていいですね!(書いてしまった……w)


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/482-4e1ee009
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。