スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

けいほん!!5で出会った本たち

 2011-07-12
 先日(10日)に行われた「けいほん!!5」(at 綿商会館)に行ってきましたー。
 程よい人の多さと程よい熱気で(でも冷房は効いていて)良かったです。
 最初は幾つかのサークルさんの新刊を買うだけのはずでしたが、当初予定よりは多く買っていました(笑)。
 その中から、いつものように面白いと思ったものの簡単な感想をば。

「あずにゃんいじめ~プレビュー(?)版~」
「私の後輩がこんなに変態なわけがない」
(どちらもなまえかえたいさん。発行日:2011年7月10日)

 まずは「あずにゃんいじめ~プレビュー(?)版~」ですが、新刊のコピー誌です。
 「ぼっち地獄から脱出はしたけれど…」(表紙より)なあずにゃんですが、今度は黒い唯(黒唯)にいじめられるお話です。やっぱりあずにゃんはつらい日々から抜け出せないのですね。
 「あずにゃん」ではなく「梓ちゃん」と呼ばれる、あずにゃんのよくないところを次々と責められる、とそれまでのいちゃいちゃぶりが嘘のようないじめっぷりに、読んでいて思わず涙が……ということはなくて(笑)。
 
 唯が豹変することで、唯のこれまでの接し方が一番好きだったことをあずにゃんが再確認するのも、ある意味あずにゃんのためになったのかもしれません。唯に対して素直になれたといいますか。
 最後はこれまでのハラハラする展開が一変、ホッとする終わり方なのが良かったです。そうか、さわちゃんが……(笑)。

 あずにゃんをつらい目にあわせることに定評のある(私が勝手に決めましたw)九郎さんですが、今回もちゃんと安心させる、救いのある結末にしているのが嬉しいです。

 pixivでサンプルを見ることができます。




 次に「私の後輩がこんなに変態なわけがない」ですが、こちらはサンクリで出たコピー誌(仮に「プレビュー版」と呼びます)に増ページしたオフセット本です。
 追加されたのは、ブレビュー版では描かれなかった場面です。
 梓と澪がデート(?)する日のために、りっちゃんが澪に梓と同じ髪型にするよう電話で頼んだり、唯にふたりに出くわすようにこれも電話で頼んだりする場面です。
 でもそれだけではなく、りっちゃんが澪のことが大好きで仕方ないことがはっきりわかる(それによって本当は梓に澪を恋人と思って欲しくない)ことが描かれているのがグッと来ます。りっちゃんもいじらしいなあ。ちょっと素直ではないですけど(笑)。

 他にも最後のページで更に続くような場面が描かれていますが、あずにゃんが手にしているのはヘアピンでしょうか。あずにゃんのりっちゃんに対する「人生相談」の続きが気になりますねー。でもあとがきでは続きはないとのことですが……w

 こちらもpixivでサンプルを見れます。




「ドキドキ☆きけんなビーチバレー」ネコのナントカさん 発行日:2011/7/10)

 こちらは新刊(オフセット本)ですね。
 夏らしくビーチバレーです。水着です(ワーイ)。

 最初はあずにゃん対唯&律という、2対1でのビーチバレー勝負でしたが、ボールがそれたのを機に「見る専」だったムギちゃんも参戦(?)することに。
 短いページ数ながら、唯が放つ必殺技の名前の長さなど笑いどころが多いですが、本作の感想を一言で表すなら「澪へのセクハラ漫画」でしょうか(笑)。
 ムギちゃんの勘違いとラストの場面が、それを如実に物語っていると思うのですw

 pixivでサンプルを見ることができます。




「あずさねーしょん」おんそくさん 発行日:2011/2/27)

 この本、以前にもイベントなどで見かけていたのですがなぜか買ってなかったのでした。
 発行されてから4ヵ月以上経っていましたが、なぜ買ってなかったのか少し後悔するほど面白かったです。

 タイトルと表紙からは「はるみねーしょん」(大沖先生)の色が濃い作品かなと思っていましたけど、実際にはそれほど濃いわけではないですね。
 仮面ライダーシリーズのネタが出てきたりもしますが、純ちゃんとさわちゃんがボケ役としていい味を出してます(笑)。
 純ちゃんがいきなりオンドゥル語を使い始めたときは、どうしようかと思いましたw

 各ページの柱にはコメントがありますが、これは「みりたり!」(まもウィリアムズ先生)を彷彿とさせますね。
 あとページしたの欄外では登場人物紹介もありますが、そこでの人物紹介文、さわちゃんのがひどくて笑えます(笑)。
 あ、オンドゥル語が出るところでは用語解説になってますw

 随所に出てくる小ネタも面白くて、サービス精神があるなあ、と思います。
 ちなみに本編ラストはいい話になってます。

 pixivにサンプルがありますー。




「となりの平沢さん2」転寝屋敷さん 発行日:2011年7月10日)

 新刊のオフセット本です。
 今年の5月に行われたCOMIC1☆5にて出た「となりの平沢さん」(以下「1」)の続編ですが、姫子が唯を好きすぎる描写はもちろん、姫子とよしみの(本作の作者・デコスケさんによる)過去話が面白くていいですね。

 前半は、姫子と唯がお互いのはいているルーズソックスと黒タイツを取り替えるのですが、ここでの姫子のリアクションやモノローグが読んでいてニヨニヨしてしまいますね。
 ルーズソックスをはいた唯に心射抜かれたり、「直視できないかわいさ!!」と思ったり、唯のタイツをはいた姫子の心の叫びが実に面白いです(笑)。本当に大好きなんですねーw

 後半はよしみが出会った頃の姫子について唯に話す内容ですが、どことなくこちらも出会った頃の律と澪のエピソードを思わせます。よしみがりっちゃんと違うのは、フリーダムな感じが強いところでしょうか。姫子は澪と同じようにおとなしくて恥ずかしがりやさん、という具合に描かれています。
 あくまでもデコスケさんによる妄想とのことですが、面白いのでアリですね!w
 最後は、ふたりがお互いに感謝しあうという微笑ましい場面というのもいいですね(ムギちゃんがそれを見て喜んでいるのが本当のラストですが……w)。

 pixivにサンプルがありますー。




 この他いろんな意味でインパクト強すぎる本もありますが、どうしようかなと思ってます(笑)。

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/474-5908e832
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。