スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』’07・10月号

 2007-09-06
mts20070822.jpg
・「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子先生)

・扉絵、爽やかな色の服を着たちるみさんが涼を運んでくれそうです。
・大樹に思いを寄せる紅林さんの悩みと大樹が所属する大学の演劇部の内部事情(?)の2つが同時進行。
 勇気を出して演劇部に入ろうとするも、ちるみさんとちゆりさんの助けは必要な紅林さんがかわいいというか、いじらしいというか。
 でいざとなるとお嬢様のプライドが邪魔をするのもまたよろしw
・「大学生時代は一度きりなんです やりたいことをやらないと後悔しますよ」と優しく諭すちるみさんに対し、「留年すれば何度でも青春できますよ」と身も蓋もないことをいうちゆりさんが素晴らしいです。今回の名ゼリフに決定w
・今回は次号へ続くことを匂わせる感じでおしまいに。
 最近はこうした終わり方が多いかな。

「はっぴぃママレード。」(北条 昌先生)

・主婦でありながら女子高生という設定の女性が主人公の作品。 
 新たに彼女に敵意を抱くキャラ(生徒会長)が登場。
 とはいえ彼女自体が嫌いなわけではなく、主人公の息子(主人公と同級生)に恋心を抱く妹を思うがあまりに彼とその母親に敵意を抱いているという、少しねじれた感情を持つキャラ。
 主人公にちょっかいだそうとするも出来ないあたり、まったくの悪役キャラとして描かれるわけでもなさそうです。
 肝心の母は、そんな生徒会長に惚れてしまったりして……
 あなた、結婚している身でしょ?w

・「なでしこ3on3」(秋吉由美子先生)
 前号に続いてのゲスト。
 バスケの腕は今ひとつながらも、持ち前の明るさと元気さで他のメンバー(学校の先輩)をひっぱっている主人公(甘味処のウェイトレス、鞠子さん)。
 今回新たに登場した煎餅屋の哲さんは、試合の受付窓口をかって出る一方、主人公の持ち味をきちんと分かっているキャラという位置づけのようです。
 女の子3人だけで話が進むのかな、と思っていたら男性キャラも登場したことで、何かしらの恋のエピソードが描かれるのでしょうか。 前回の感想でも書いた気がしますが、連載で読みたいですね。

・「きらきら、てくてく。」(笹野ちはる先生)
 
 1話目から新たな謎の登場。
 主人公(忍さん)が勤める喫茶店の看板犬(花)の飼い主は店長、のはずなのに、同僚のなつさんは「花の飼い主って元は――…」と言いかけた所で、店長に止められる。
 花の元の飼い主は?そして、元の飼い主と店長の関係は?

 忍さん、物を大事にするのはいいけれど、10年物の下着ってw
 結局なつさんから借りた下着の通販カタログが思わぬ出来事により役に立つわけですが。

・「えすぴー都見参!」(岬下部せすな先生) 
 今月27日に単行本2巻(と『まんがタイムきららフォワード』で連載中のストーリー漫画「S線上のテナ」も同時)発売される作品。 連載誌はきらら系ではないのに、KRコミックス扱い(値段が高い)なのが謎ですけど。

 閑話休題。
 ノースリーブのワンピースにひまわりを持ち、笑顔の都がまぶしい扉絵です。

・都がクーラーを使わないのは、地球と勝負しているからだそうで。
 スケールの大きい勝負だなあ。
・父に近況報告のためとはいえ、ブログを使ったら個人情報がダダ漏れになるのではw
・プロの小説家を目指してはいるけど、諦めかけている同じ勤務先(?)のメイドさんにまっすぐな言葉で励ます都。
 小説のモデルにされているとはつゆ知らずw
・大事な人を守るため、けなげに頑張る都が愛おしいです。
 爽やかな終わり方もいい感じです。

 今号も渡辺純子先生の「5-A」はお休み。
 他誌の連載もお休みですし、何かあったのでしょうか。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/47-9e5d72f5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。