スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきらら』2011年・7月号感想

 2011-06-11


 今月で「かたつむりちゃん」が最終回。こちらも長く続いていましたね。「7年間肝試し」していても「ほんの数時間の出来事」だったというのですから、ああ、そうだったんだと思ったり……。長い間お疲れ様でした。

 そして今回は

○「しかくいシカク」(ざら先生)
○「チェリーブロッサム!」(茶菓山しん太先生)
○「けいおん!」(かきふらい先生)
○「méld in the school」(あんねこ先生)
○「うちのざしきわらしが」(てっけんとう先生)
○「スワンプX」(TTOMM先生)
○「かみさまのいうとおり!」(湖西晶先生)

 の感想を書いてます。

○「しかくいシカク」(ざら先生)

 十子さん、ナイスバディでエロを連想させる言動は慎んでください(笑)。
 そしていい子だけど腹黒い魚さん……いや、いい子なんですよね?

・1本目
 魚にカメラの扱い方を教える十子さん。
 タンクトップ姿になって、わきをしっかりしめる実演をしますが、何かが間違ってる気がします(笑)。
 なぜかレンズをわきでしめたので、魚に高速で回転させられて危ない発言もw 乙女なのに……(笑)。
・2本目
 今度は自らわきを見せてセクスィポーズをとりますがブラまでとるのが潔いですねw
 そしてなぜ携帯を胸の間に挟んでいたのでしょうw
・8本目
 タイトル(一部伏字になっていることもあり)が分かりにくかったですが、イデオンに出てくるのですね。
 タイトルが意味するものが分からなくてもとりあえずは楽しめるお話ですが、タイトルを知っているとより楽しめる、と言うものですけど、私はイデオンについて知らなかったので半分だけ楽しめたということになりますか(笑)。
 バッフ・クランと白旗が意味するものについてはウィキペディアを参照しました。
 地球の文化との違い

○「チェリーブロッサム!」(茶菓山しん太先生)

 お月見用のお餅を作るためバニーガール姿の先輩たちと顧問の先生。
 皆さんナイスバディですから、唯一の男性である日吉にとってはパラダイスのはずですけど、みんなにからかわれたりもてあそばれたりなのでそうとも限らないのが読者にとっては救いでしょうか。いえ、別にうらやましいとか全く思っていませんヨ?

・3本目
 寧々子先生、明日は満月だと前置きした上でいきなり酒が飲みたいって(笑)。
・4本目
 先生が言いたいことは十五夜では、と思った綱島さん。よく分かりましたね。
 友人とやれば、との日吉の提案に「友人なんて居るわけ無いだろう?」と残念な答えが。寂しい(笑)。
・6,7本目
 さすがに学校でバニーガールは無いと常識的な日吉でしたが、それに落ち込む先輩たち。
 やけになって力強くバニーガール好きと言ったら言ったで、ゆう先輩にニヨニヨされてしまうのがかわいそう(笑)。
・10、11本目
 綱島さんがつく役で日吉がお餅をかえす役。
 勢いよく杵を振りおろしたら日吉の目の前に綱島さんの揺れる胸が。これは餅をかえすどころじゃないw
 ゆう先輩と寧々子先生にからかわれますが、先生の言っていることがひどい(笑)。
・12本目
 日吉に代わってかえすことにしたゆう先輩。もっとも彼女も日吉さんの胸を見てタイミングを計っていたのですか(笑)。


○「けいおん!」(かきふらい先生)

 今頃思ったのですけど、高校時代は放課後ティータイム一つしかなかったバンドですので、唯たちも気ままにお茶をたしなんでおしゃべりして合間に練習(え?)していたのですけど、大学の軽音部は複数のバンドがあるのでそうもいかなくなるわけですよね。
 終盤にはバンド練習時間のコマ割りの話、先輩に効率的な講義のとり方を唯が聞く場面、あと部費の話も出てきますから、これらの点で一気にリアリティが増した感じになった気もします。
 あと後ろ髪をアップにしてまとめた澪の姿が何だか新鮮でした(笑)。


○「méid in the school」(あんねこ先生)

ゲスト作品。
 お嬢様の志鶴と、彼女の専属メイド・メイを中心に、志鶴のクラスメート・叶衣(かない)が加わって繰り広げられるコメディ。
 志鶴がどうにもわがままに見えて、メイも苦労させられてるな……と思っていたらそうでもなく。メイも意識的にしろそうでないにしろ、ちゃんとやり返しているので一応バランスは取れているとみていいでしょうか。
 それは志鶴と叶衣についても言えますね。
 あんまり志鶴のわがままさが強調されると読むのが厳しいですけど、そうならないようバランスをとっていけばいい感じのコメディ作品になると思います。

・1本目
 重いほうの荷物を持つよう志鶴に言われたメイですが、軽いほうを所望するあたりちゃっかりしてますw
・2本目
 結局重いほうのかばんを持たされるメイでしたw
 でもかばんの口が開いていた上に引きずるものだから荷物がどんどん落ちて……軽くもなるはずですw
・4本目
 志鶴に用事を押し付けられたメイを手伝う叶衣さん。優しいですね。
 一人教室に残された志鶴、寂しくなったのか手伝う気になったのでした。
・7、8本目
 叶衣が作ったネコの顔の形のクッキーをバキボキ割り始めた志鶴w
 怒った叶衣さん、スプーンで激しくクッキーを突き刺すのが怖いです(笑)。
・15本目
 寝る前に怖い話を見てしまった志鶴、一人では眠れないのでメイの隣で寝ることに。
 ですがメイの激しいいびきに悩まされるのでしたw
 あと床のコメントが中々鋭いツッコミだと思います(笑)。
 

○「うちのざしきわらしが」(てっけんとう先生)

 家族旅行に行く夕美から、飼っている亀を預かる羽目になった学。
 当然家に持ち帰るわけですが、亀たちと仲良くなったり、初めてざしきわらしらしい活躍をするわらなのでした。あれ? 今までざしきわらしらしいことしてなかったか……w

・4、5本目
 亀たちと話をして、曜日ごとに食べるものや好きなものを学に伝えるわらちゃん。
 はじめてわらちゃんが役に立ったことに驚く学(笑)。
・9本目
 ご褒美として、ざしきわらしの二文字目を返してもらったわらちゃんですが、二文字目も「ざ」って……?w
・10本目
 数日後、よくわからないお土産を持って、学の家にやって来た夕美を見て、いつもと様子が違うとわらちゃんに伝える亀のたまちゃん。
 なんでもいつもは学にデレデレだそうで……(笑)。
・11本目
 まさかわらちゃんが亀の言葉を判るとは思わなかった夕美、とんだ災難でしたねw
 帰り際、手を振るわらちゃんに前脚を振りかえすたまちゃん。このラストの絵がほのぼのしていいですね~。


○「スワンプX」(TTOMM先生)

 ゲスト作です。
 クラスメートの白山島さん(これは名字?)により、勝手に魔法少女にされてしまった沢知さん。
 白山島さんの家系は代々黒魔術師の血筋ですが、なぜか沢知さんを魔法少女にすることに。
 沢知さんは学校を襲った巨大カエルを何とか倒すのですけど、倒す時といい、倒す際に破壊した校舎も何事も無かったかのように修復したりと何でもありなのですね。
 そもそもその巨大カエルも、白山鳥さんがラジコン操作してるのですが、なぜそうしたのやら……?(沢知さんの力を見るためなのでしょうか?)
 設定などに分かりにくい部分があるのですけど、ラストには笑いました。

・15本目
 ツインテールは魔法少女の定番、と白鳥山さんに言われた翌日、ショートにしてきた沢知さん。
 人のいうこと聞いてない……というか無視したくもなるでしょうね(笑)。
 

○「かみさまのいうとおり!」(湖西晶先生)

 高校卒業後の進路に悩むくりちゃんをよそに、フリーダムな姉のたまもさん(笑)。
 山伏がくりちゃんに語る、重みのある言葉が出てくる場面もいいですね。せっかく上がった株もすぐに下がるのですがw

・1、2本目
 進路で悩むくりちゃんに、婚約者とけんかしたことで泣きわめくたまもさん。くりちゃんも怒るはずです(笑)。
・6本目
 窓から入ってきた(笑)山伏が目指すのは山岳ガイド。
 一人で山に登った時に目指すことを決めたそうですが、4コマ目の絵がいいなと思いました。カッコイイ。
・11、12本目
 落ちるとか滑るとか言う山伏もひどいですw
 でも離れたところでつぶやいたまりあの「(糸が針の穴に)通らないよー」も聞き逃さず、イラッとするくりちゃんもどうかと思いますw 地獄耳……?


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/466-7e0a698f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。