スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

COMIC1☆5で出会った本たち

 2011-05-02
 先日(5月1日)行われたCOMIC1☆5で買った本の中から、これ面白い! と思ったものの感想を。
 新刊だけでなく、既刊なども含みます。
 今回は
・「生れて、すみません。」(なまえかえたいさん)
・「ずっと、一緒だよ。」(Cherry*Blossomさん)
・「ほむほむしたいの!」/「ラムールはジンギスカンにはいりますか?」(すた~だすとくれいどるさん)
・「アズサ アンド ユイ」(クリアバージョンさん)
・「ゆいちゃんの それゆけ! うんたん行進曲」(ゆ~のす通信さん)
・「ちゃってぃんぐなう。」(わいるどらびっつさん)
・「となりの平沢さん」(転寝屋敷さん)

の感想です~。こうしてみると「けいおん!」と「魔法少女まどかマギカ」のみですね(笑)。


・「生れて、すみません。」(なまえかえたいさん)(2011年5月1日発行)
PICT0193.jpg

 人間の心を持ったキュゥべえが人類の敵とみなされ、人間たちに追い回されて……というお話。
 表紙のイラストやサンプルから、徹底的にキュゥべえが可哀想な目に遭うお話と思っていましたが、続きは実際に読んでみてのお楽しみと言うことで。ただ、読んだ後「ちょ、ええええww」と思いました(笑)。
 あと作者(九郎さん)がツイッター上で「僕の本の【ネタバレ】QBさん逆転大勝利。 マジで。」と書かれていたことだけは記しておきます(笑)。

 表紙裏のデザインも、新潮文庫あたりのデザインを模していて凝ってます。

 pixivにサンプルがありますー。




・「ずっと、一緒だよ。」(Cherry*Blossomさん)
PICT0194.jpg

 涙を流しながら寄り添いあうほむほむとまどかがとても美しい(きらきらエフェクトも相まって)表紙が印象的な本です(先日のまどマギオンリーイベント「もう何も怖くない」が初出の準新刊)。
 コピーなのでページ数は少ないですが、笑いありしんみり要素ありで、私は好きです。
 ゲストの時止座磨小さん(MADroMIST)による2本の4コマも面白いです。ほむらのテストでの両極端な結果が何とも(笑)。


・「ほむほむしたいの!」/「ラムールはジンギスカンにはいりますか?」(すた~だすとくれいどるさん)(どちらも2011年5月1日発行)
PICT0186.jpg

 まどマギ本の「ほむほむしたいの!」は先日のまどマギオンリーからわずかの期間で描かれた新作(!)。
 このサークルさんらしく、スク水で健全に(?)楽しませてくれます。
 クールな顔をしつつも、スク水姿のまどかと一緒にお風呂に入れるとあって動揺しまくりなほむらが実に愉快です(笑)。

 そしてひだまりスケッチ本の「ラムールはジンギスカンにはいりますか?」は、今回のイベント限定のコピー誌。 
 表紙イラストはパンチラななずなが描かれていますが、上の画像では見えないように配慮しました(笑)。
 なずなが大好きな癒しキャラのラムール(羊をベースにしたキャラ)人形がお鍋に入れられる? と思って慌てるなずなが可愛いです!


・「アズサ アンド ユイ」(クリアバージョンさん)(2010年12月31日発行)
PICT0195.jpg

 発行年月日からすると、昨年の冬コミが初出でしょうね。
 部室で居眠りしている唯のそばに落ちていたパンツを見つけてしまった梓が、ノーパン(?)の唯を守るべく必死になって体を張りまくる姿が面白い作品です。
 ちなみに二転三転するオチにも笑いました(笑)。
 おまけの(?)和ちゃんをメインにした2本の4コマも、微妙に空気を読めない和ちゃんが愉快です(笑)。
 全体的に(描線の太さもあってか)勢いがあって、テンションが高いですね。それがいい方向に働いて、面白さに貢献していると思います。


・「ゆいちゃんの それゆけ! うんたん行進曲」(ゆ~のす通信さん)(2011年4月29日発行)
PICT0196.jpg

 唯たちが体育祭で、ブルマ姿で大活躍! な作品。いろいろとあざとい場面が出てきてサービス満点です(笑)。
 全体的にコメディ色が強いですが、終盤の唯と和が二人三脚するお話、これはしんみりさせてくれて好きですね。これまでのお話も楽しくて好きですが、この二人三脚話でこの作品への印象がグッとアップしました。


・「ちゃってぃんぐなう。」(わいるどらびっつさん)(2011年1月16日発行)
PICT0197.jpg

 コミックトレジャー17にて発行された本ですね。
 お茶やケーキの誘惑に負けまくる唯を何とかしようと梓が奮闘しますが、結局自分もケーキには弱かったという(笑)。
 個人的に一番笑ったのは、ゆいあず、りつみおを見てよだれを流すムギちゃんのお話でした(笑)。

 ちなみにこの本を買ったら、オマケに唯が描かれた缶バッジをもらいました。ありがとうございます~。
 唯缶バッジ


・「となりの平沢さん」(転寝屋敷さん)(2011年4月29日)
PICT0198.jpg

 「姫子が唯を溺愛する様をお楽しみください。」と冒頭にあるように、姫子の行動が微笑ましくも楽しいです。
 努力の甲斐あって(?)唯と仲良くなれて姫子が泣き出す場面に少しじーんときました。
 
 いいお話もある一方、唯が姫子にセクハラする場面もあるのですが(笑)。
 でも全体的には微笑ましい作品で好きです。

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/455-332b0054
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。