スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららキャラット』2011年5月号感想

 2011-04-23
キャラット2011・5月号

 「平成生まれ」の扉絵、胴の長さが気になりました(笑)。

○「GA 芸術科アートデザインクラス」(きゆづきさとこ先生)

 夏休みの課題のため、ノダミキから預かった猫をデッサンするトモカネとキサラギ。
 飼い主に似て(?)気まぐれお嬢様な猫です(笑)。
 終盤トモカネがつぶやく内容の深さに、きゆづき先生の深さを思い知らされましたね……。
 例えは変かもしれませんが、歌のレコーディングでテイクを重ねるほど上手くなるものの、最初の時に持っていた「良いと思える何か」が失われるので、結局最初のテイクを使う、と言うようなものかもしれません。分かりにくい例えですいません。

・1本目
 動物スケッチの課題のため、ノダちゃんから飼い猫を借りることになったトモカネ。
 ですがノダちゃんは遊びに行くため、猫を預ける人を探していたという。
 電話では「トモカネのためだもん!」と言っておきながら……(笑)。
・2本目
 猫を預けにきたノダちゃんですが、後ろにキサラギちゃんもついてきていたのでしたw
・4本目
 ケージをあけた途端逃げ出したノダちゃんの飼い猫・マシマロ。
 「猫は狭い場所が好き」とのことでトモカネが向かったのは「心の狭い兄貴」ですかw
・5本目
 トモカネ兄の「聞き慣れている音を聞かせると出てくるかも」のアドバイスを受けて考えていると、テレビからの「可愛い」の言葉に反応して姿を見せたマシマロ。
 ちゃっかりしているというか、実際可愛いと言われまくってるからでしょうねー。
・6本目
 キサラギがマシマロを抱きかかえている間にスケッチしようとするトモカネ。
 でも暴れまくるマシマロw
 トモカネの「カップ麺より早く終わらせる」に普通のか生麺タイプのかを尋ねるキサラギの発想が面白いです(笑)。
・9本目
 マシマロにノダちゃんの姿を思い浮かべるトモカネ。
 気まぐれわがままな姿で想像されるノダちゃんが可愛いです。
・11本目
 マシマロにいいポーズをとらせようと言葉を掛けまくる二人ですが、どう見てもグラビア撮影会です(笑)。
・13本目
 たくさん描いた上で選んだ絵を見ながらのトモカネの言葉、深いです。
 描くほどぱっと見はよくても、モデルの良さから遠ざかるとか、モデルの良さを表現しきれない自分にもどかしさを感じたりとか……。
 きゆづき先生もそうした想いを抱えて絵を描いているのでしょうか。
・14本目
 マシマロの様子がおかしいため寝ていた如月を起こすトモカネ。
 でも体調を崩したのではないようです。猫を飼ってない自分には、そうしたのは分からないのでそういうものかと思って読んでいました。
・15本目
 マシマロを引き取りにきたノダちゃんからもらった遊園地のお土産グッズ・猫ミミと猫の手をつけるトモカネとキサラギちゃんの姿が愉快ですw
 キサちゃんは分かりますけど、トモカネまで……(笑)。

○「キルミーベイベー」(カヅホ先生)

 トイレに幽霊が出るとか出ないとかで恐がるソーニャが可愛いですw
 そして前髪ぱっつん状態のやすなに笑う(笑)。

・3本目
 トイレに行く途中、トイレの恐い噂を聞いてしまったソーニャ、遠いほうのトイレに行くのをやすなに見られてしまいました(笑)。恐いんですねw
・7、8本目
 ここぞとばかりにソーニャを恐がらせるやすながひどい(笑)。
・9、10本目
 ところが本当に(?)恐い現象が次々と。
・12本目
 突然真っ暗になり、ナイフを振り回すソーニャ。
 そのせいでやすなの前髪がぱっつんになってしまいましたw
・14本目
 怪しい物音がするため、やすなが考えた呪文を唱えながらナイフを手に舞うソーニャ。
 端から見れば痛いのですが、それを録画するやすな(笑)。

○「うらバン!」(都桜和先生)

 定期演奏会に出ることになった吹奏楽部一同。
 結構多くの人に聴いてもらえて、普通の吹奏楽部らしくなってきてますね。
 ハルちゃんは相変わらずフリーダムですが(笑)。

・4本目
 新入部員のほたるちゃん、ゆみちゃんとスキンシップを取る千夏を見て百合フィルター発動させてます(笑)。
・10本目
 仲が悪そうでそうでもなさそうなネギちゃんとハルちゃん。やり取りは確かに漫才に見えてしまいますねw
・14本目
 自分ひとりだったときから、仲間が増えた今を思い返す千夏の表情が良いです。
 いつもツリ目ですから、こうした穏やかな表情が新鮮です。

○「せいなるめぐみ」(荒井チェリー先生)

 進路について考えるひよりたち。
 きちんと考えている人もいれば、揺らいでいる人もいれば、一人暮らしのイメージ先行の人もいたり(笑)。

・1本目
 高校卒業後すぐに実家の宿を都合と考えている乙女ちゃん。
 「十代の女将見習いを売りに 集客力アップじゃい!!」と考えているのがしたたかです(笑)。
・2本目
 乙女ちゃんのところに就職しようかなと言い出すひよりに、明るい将来像を思い描く乙女ちゃん。幸せそう。
 でもひよりちゃんがやりたいのは……番頭さん?w
・3本目
 しかも冗談で済まされたw
 一人暮らししたがるひよりですが、そんなにいいものでもないかもですよ?(笑)
・4本目
 実家を告ぐより、うどん屋さんをやると言い出した聖。
 昨日見たテレビの影響とは軽い(笑)。
・6本目
 自分が持っていないものを持つ聖に内心嫉妬する乙女ちゃん。少し行過ぎたと反省するあたりがかわいいです。
・7、8本目
 ひよりが話す聖が実家を告ぎたがらない理由ですが、重いものがありますね……。
 それを思い返しながら、自分の恵まれた状況を考える乙女ちゃんですが「いらんのならおくれ!!」とはぶっちゃけすぎる(笑)。
・9本目
 帰りにうどんを食べようとひよりとみっちゃんを誘う聖ですが、あっさり断られて「惰弱な!!」と叫ぶなんてw
・11本目
 一人暮らしのための資料の一つ、賃貸情報誌を読み返すひよりに衝撃の事実が。
 家賃のことまでは考えてなかったようです(笑)。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/451-b15faca1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。