スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』2011年・5月号

 2011-04-15
まんがタイムスペシャル1105


○「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子先生)

 前回に続いて、違うご主人様の元で働く「メイド・シャッフル」編。
 今回はちおり(漆田)さんが原田家へ。
 まさかみずだ子さんがライバルとして嫌がらせをしてくるとは……(笑)。
 そのほかのメイドさんたちも見れますが、もう1回ぐらい続いて欲しいと思っていたら続くみたいです。

・1本目
 憧れの大樹のいる家で働ける、ということで身だしなみに気を遣うちおり。衣装はいつもどおりなので工具だけでも新品にしておけばと悔やんでますが、それを見た大樹は微妙に呆れているようなw
・2本目
 冷静を装うちおりさん。でも「家族に紹介するから」の言葉に内心「婚約者みたいい!!」と大はしゃぎしているのがかわいいですw
・3本目
 大樹の父と健は優しいものの、みずだ子さんが床に墨を出してまさかの嫌がらせ(笑)。
・4本目
 大樹、ペットと言いかけましたね?w
 あいさつするも、今度は顔に隅をかけられてしまうのでした。これはひどい。
・9本目
 変わってちゆりさんと佐々木先生。
 ワインを飲み交わす二人ですが、先生は珍しく1杯でおしまいに。
 背後に10本は空き瓶があるのですが、しれっと「教師としての自覚はあるつもりよ」と言われてもw
・12、13本目
 小さいものが好きなちふゆさんには、詩歌さまの成長は考えたくないもの。
 せっかく倉田先生がいいことを言ったのに「正論過ぎてムカつきました」と平手打ちするちふゆさんがひどすぎる……。後でちまき先生に大幅減点されることでしょう(笑)。
・14、15本目
 詩歌さまのカップを壊したちるみさんに厳しい表情で指差す詩歌さま。
 ちるみさんの頭をなでて許すのでした。めでたしめでたし。
 言葉によるやり取り無しでも分かり合えるちるみさんとちふゆさんを、音也が不思議な人扱いするのも当然でしょうねw

○「少女カフェ」(板倉梓先生)

 葉月さんがお店に忘れた携帯を届けるため、つくしちゃん大活躍。あと宮嶋くんも(笑)。
 亡くなったお母さん・マチコの写真が倒れているのにだれも気づかなかったため落ち着かなくなったつくしちゃんを、葉月さんがなぐさめる場面にしんみりしてしまいました。
 葉月さんがマチコと親友だったからこそ活きた場面ですね。こうなると、最近お父さんにアタックをかけているみのりちゃんより、葉月さんが再婚相手としてふさわしく思えてきます。
 お店が忙しい一郎とみおちゃんに代わって、自らつくしちゃんの様子を見に行った宮嶋くん、少し詰めが甘かったですがファインプレーでしたね。

・1本目
 葉月さんが携帯を忘れたのを見つけたつくしちゃん。
 届けようとするつくしちゃんを見て、幼い女の子が届けるのはウケそうなサービスとつぶやく宮嶋くん。賛同するつくし&みおちゃんですが、お父さんには到底許せないでしょう(笑)。
・2、3本目
 みのりちゃんが来ないのを喜んでいたら、お父さんにたしなめられたつくしちゃん。
 棚に飾っていたお母さんの写真立てが倒れているのに、自分も含めて誰も気づかないことにショックを受けますが、どうしてなのでしょう……。
 そこに葉月さんから電話がかかり、届けるために飛び出すのでした。
・4本目
 お店を出て行ったつくしちゃんが心配だけれど、お店が忙しくて困り果てたお父さんとみおちゃん。
 そこへ宮嶋くんが様子を見に行くことを自ら提案するのでした。
 お父さんもみおちゃんも「まさかの大活躍!!?」とはw
・6本目
 元気なく歩くつくしちゃんを見つけて一安心の葉月さん。
 でもつくしちゃんが涙ぐむのを見て「あたしがやってやるわ そいつを」と言い出すのでした。目が恐いですw
・7、8本目
 つくしちゃんが突然お店を飛び出したのは「お母さんのことだんだん忘れちゃってるのかも」と思って寂しくなったからみたいです。
 葉月さんはちゃんとつくしちゃんをなぐさめて抱きしめるのですが、もらい泣きしてるのが見ていてうるっとしました。お父さんもみおちゃんもお母さんを忘れるはずが無いのです。
・9本目
 落ち着いたところで窓の外を見ると、宮嶋くんがポツンと立っているw
 オートロックでは入れないからでしたが、通報されずに何よりw
・10本目
 葉月さんが自分の携帯の待ち受け画面をつくしちゃんに見せますが、そこにはつくしちゃんとみおちゃんが。
 「マチコの宝物を待ち受けにしてるの」というのがいい話ですね……。
 でも「早く自分の宝物をってのはナシで!!」と自虐的なことを言うのが愉快で少し悲しいです(笑)。
・11本目
 宮嶋くんがつくしちゃんの手を取って送り届けようとするも、葉月さんと3人で行くことに。
 通報されたら大変ですからねw

○「丸の内!」(藤島じゅん先生)

 社長秘書・ギンザエフに対抗するため英会話教室に通うことにした丸の内たち。英語の講師が中々に楽しい人です(笑)。

・3本目
 150万円する英会話教材を持っていると自慢する春日さん。それってだまされ……w
・5本目
 英語講師のマックのアメリカンジョークに呆れて他の外国語にチェンジする丸の内たち。大目に見てあげてくださいw
・8本目
 好きなものや休みの過ごし方を英語で尋ねるマックに、自分に気があると思う淡路さんに笑うw 確かに例文だけ聞けばそう受け取るかも。

○「おすすめ!看板娘あんちょこ」(おおた綾乃先生)

 杏さんにプロポーズしてきた甘木の後輩・杵屋。
 甘木を好きな杏としては心揺れる出来事でしたけど、杵屋は単に「あんものの和菓子フェチ」だったというお話。少しかわいそうな気もしますね……。

・4本目
 杏を褒めまくって「食べてしまいたい!!!」と熱く手を握る杵屋、情熱的ですね(笑)。
・8本目
 プロポーズ(?)された時の様子を再現する杏、千代子の手を取って指を軽くかむなんて(笑)。
 千代子も思わず声を出してしまうほどですかw
・10、11本目
 後日、再びお店にやって来た杵屋ですが、お菓子を作っていたのは杏の父と聞かされて突然父の手を握るのでした。杏に言ったのと同じ事を父にも言うとはw

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/446-1a7ba6d1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。