スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

コミティア95で出会った本たち(その3)

 2011-03-01
 前回からだいぶ間が開いてしまいました。ごめんなんさい。その上全4回予定が3回になりました。すみません……(どこかから「絶対許さないよ!」の声が……笑)。

 今回は「ペンギン日報」(非常階段さん)と「バレンタインロマンス。」(ムンチャイさん)と「だだまんが」(WATTS TOWERさん)の3冊です。

○「ペンギン日報」(非常階段さん)

ペンギン日報

 人間の言葉を話すペンギン親子による、時にあたたかく、時に面白く、そして時に少し悲しいお話が3つ楽しめる作品。
 1つめは、母親が離婚して父親の元で暮らす男の子と、母が行方不明になり父親の男手ひとつで育てられるペンギン・ケンタが友情を育むお話ですが、これが実にあたたかい内容で好きです。
 共に母親がいなくて父親に育てられているのですが、死別してはいないのがもしかしたら後々ポイントになるのかな、と思いますがどうでしょう。再会できるかもしれませんから……(シリーズ化されればの話ですが……)。

 2つめはケンタのお父さんの会社での働きぶりなどが描かれてますが、ペンギンの姿というだけで仕事を取ることができたり、女性社員からかわいがられていて和みますね~。ネクタイの柄はおしゃれに、がこだわりのようです(笑)。

 3つめはちょっと切なくもあるお話。ちなみに絵本形式です。
 ケンタが夢に母親が出てくるのを見て涙する場面は、読んでいる自分も涙ぐんだり……。
 そして靴を隠されて困っている女の子・よりちゃんとの関わりを通して、ペンギンと人間の生き方の違いをお父さんに尋ねる場面に、人間の愚かさを考えさせられました。
 「ぼくたちぺんぎんはみんなで助け合ってそだつのに にんげんの子はそうじゃないのかな?」というケンタの言葉に……。

 それに対してお父さんは、自分たちはペンギンだからわからない、と言った上での最後を飾る言葉、「――――みんながしあわせだといいね。」に不思議な力を感じたのでした。叶わない願いかもしれないけど、そうあってほしい。誰もが抱いているであろう小さいけれど確かな願い。そこに安らぎのようなものを感じたのかもしれません。
 
 この作品、シリーズ化されませんかね……。

○「バレンタインロマンス。」(ムンチャイさん)

バレンタインロマンス

 「先生はお兄ちゃん。」の番外編で、主人公のまゆが2年生の時のお話。
 前半4コマで後半コマ割り漫画です。

 前半と後半でまるで異なるまゆを見られるのが面白いです(笑)。
 前半では、バレンタインデーにあげるチョコを作るのもあげるのもどこか面倒くさそうなのに(ただし友人Aさんのことは別)、後半は蒼井先輩にチョコをなかなか渡せず緊張したりあれこれ考えたりするところがどこか微笑ましくて。

 でも本作一番の(個人的)見所は、お腹がすいた蒼井先輩がまゆの手のひらについたチョコを舐める場面ですね!(笑)
 いやー蒼井先輩大胆ですw その直後にまゆの兄が通りかかるわけですが、もしその現場を見ていたらどうなっていたのやら……w

「だだまんが」(WATTS TOWERさん)

だだまんが

 4月に2冊の単行本(7日に「少女カフェ」1巻、16日に「あかつきの教室」1巻)が発売される板倉梓さん。
 この「だだまんが」は(コミティアの時点までの)近況報告などなどが詰め込まれた本です。
 そういう意味合いもあり再販の可能性も低そうですから、取り上げていいのか少し迷いましたが、面白いので取り上げました。
 表紙込みで8ページなのですが、グッときたり面白いところがありましたのでご紹介してみた次第です。

 まず一番グッと来たのは、板倉さんが飼われている2匹の猫のうち、黒猫のマカオちゃんを擬人化したもの。
 黒髪ショートにめっちゃグッと来ましたねー!(笑)
マカオちゃん擬人化

 いえ、もう1匹のジャッキーちゃん(こちらはおっとりタイプ?)も十分可愛いですよ!

 見開きで某魔法少女まどマギのコスプレをする「野村24時」(こちらは「まんがライフオリジナル」で連載中)の3姉妹、おっとり雪さんにクールな月さん、キュートな(小学生ですから)花ちゃんのお姿が。
 それを受けての野村と花ちゃんのやりとりが面白いのですが、特に好きなのは花ちゃんが「花ね…男のコなんだ」と言う場面。
 もちろん冗談なわけですが、もし本当だったらそれはそれで大変なことになりそうです(笑)。

 そして同人作品の「うら★うらら」のキャラたちも登場してにぎやかに。
 相変わらず男版うららちゃん(うら男)のドSっぷりが愉快です。そして彼の言葉に反応したり感じたりな秋菜さんもこれまた愉快です(笑)。
 続き、気長にお待ちしてます~!

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/437-9e688ac5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。