スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』’07・9月号感想

 2007-08-15
special0709.jpg
・「スーパーメイドちるみさん」(師走冬子先生)
 今回も大樹の出番は無し。大丈夫か?w
 ちるみさん、メニューがかぶったくらいで泣いてしまうところや、
浴衣に割烹着な格好がいいな、と思ってしまったり。
 しかし健、嘘をついてまでちるみさんに浴衣を着せるとはなんて恐ろしい子w
 人付き合いが極度に苦手な女の子、詩歌が積極的になったり、
ちふゆさんのご主人が明らかになったりと、新展開もありますね。
 でもこの作品、片思いばかりで両思いのカップルがいないような。

・【新連載】「なないろレシピ」(野広実由先生)
 子供っぽいのに凄腕な料理教室の先生、
菜々さん(と愉快な仲間たち)のお話。
 料理の際に役立つ小ネタが登場するので、
料理を始めた人には役立つかも。
 料理の腕はすごいけど片付けるのや箸の使い方が下手だったり、
面食いだったりと愉快な主人公ですが、
脇を固めるアシスタントの蔵間先生や
奈々先生の世話役、玄田じいも個性的。
 特に玄田じいの菜々先生に対する世話の焼きすぎの具合が。

・「はっぴぃママレード。」(北条 昌先生)
 36歳にして息子と同じ高校に通う主婦、
という設定の無茶加減がマンガらしくて好きです。
 ここまではじけた方が楽しいというもの。
 制服姿だと女子高生なのに、普段着だとオバサン、
というのはどうかと思いますがw
 
・「えすぴー都見参!」(岬下部せすな先生)
 扉絵、浴衣姿にわた飴をほおばる都が可愛いです。
 自分を犠牲にしても困った人のために動いたり、
動物園の動物以上に面白がられたり、
好きなもののためなら嫌いなものも食べられるようになったり、
刃物を扱っているがゆえに「運命の赤い糸」が切れてしまっているのでは、
と乙女な心配をしたり、
好きな人と手をつなげば怖いものもなくなるなど、
今回は都のかわいらしい所が多く堪能できた回だと思います。

【新作ゲスト】「なでしこ3on3」(秋吉由美子先生)
 結論から言うと、連載で読みたいと思うほどお気に入りです。
 神社と様々なお店がある参道を舞台に、
3on3のチームを組むほぼ同年齢の女性3人が繰り広げるお話は、
実に活きが良い。
 甘味処のウェートレスさん、お蕎麦屋さんのウェートレスさんに巫女さんと
普段は和服姿(というのか?)の3人が、
活発に動き回るというその外見のギャップが
いいアクセントになっているように思えます。
 どうやらメインは甘味処の鞠子さんなのかな。
 バスケの腕は今ひとつだけど、活発で明るいその姿は周りを引き込む力があるようです。

「ゆたんぽのとなり」(吉谷やしよ先生)
 天然マイペースお嬢様、ゆたんぽさんは今回もマイペース。
 自分の能力などお構いなしに、ペットショップにいる犬全部を買おうと(飼おうと)するなんて、無謀すぎですwさすが天然お嬢様。
 自分が買ったチョコケーキにオニオンピザ、更には自分の万札まで黙って(貧乏な)
お隣さんが飼う(というか住んでいる)犬に与えるあたり太っ腹でいい所あります。
 天然であるが故の大ボケ振りとお嬢様であるが故の懐の大きさ、それがもたらす温かみがこの作品の良さだと思うのです。

・【隔月連載】「それだけでうれしい」(松田円先生)
 夏の気候がもたらす過酷さが冒頭で語られていますが、
どこか詩的な趣も感じさせます。
 素直になればみんな幸せになれるはずなのに、
意地を張ってしまったり、プライドにこだわってしまうから気持ちが
すれ違ってしまうもどかしさが感じられる回となってます。

「きらきら、てくてく。」(笹野ちはる先生)
 自分を縛り付けたり、不幸に導く要因には、自意識過剰とそれから来る被害妄想もあるのかな、と思ったり。
 自分の殻に閉じこもってばかりいては前に進めないよ、ということかな。
 話は変わりますがルー大柴さんの名言、「恥かけ、汗かけ、涙しろ」にも通じるところがあるかな。
 幸せになるには、恥をかくことも時には必要なのかもしれません。

・「白衣の男子」(岸香里先生)
 この作品を読むと、看護師は患者が伝えられずにいる思いを
きちんと汲み取る力量も必要なのだな、と思います。
 勉強や経験で身に着けたことだけでなく、
その場その場で適切な方法をとらないといけないのですから、
本当に看護師の皆さんは大変ですね……お疲れ様です。

・「24時間サンシャイン!」(吉川景都先生)
 夏は暑い→涼しくなるには?→だったら怪談だ
 という実にストレートな流れに拍手。
 店長の30年物のラジカセが素敵w
 涼しくなる話といってもいろいろありますねえ。
 最後の話のオチが一番涼しくなるのでは(作者さんにとってはw)
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/43-6e4cb9d5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。