スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららキャラット』2011年3月号感想

 2011-02-05
 こちらは前回の感想が昨年の9月号以来です。
 今号の感想はGAのみです。「キルミーベイベー」も「せいなるめぐみ」もどちらも面白かったのですが……。せいなる~は今回は乙女ちゃんが出てないのが少し物足りなかった要因かな。今後の展開を大きく左右しそうな新キャラが登場したので、続きが楽しみではあります。
 ゲスト1回目で色々と話題だった感のある「平成生まれ」(ハトポポコ先生)が再登場ですが、人気あるのですね。過去のゲスト3話、あとコミティア94(昨年11月)で読んだ(見本誌コーナーにあったのをですが)作品から、えげつない系で笑いを取るタイプの作家と見てますので、このまま連載となったらどうしましょうとは思います。ただ作者さん、「まんがライフオリジナル2011年2月号」にゲスト掲載されているので注目株なのかなと。こちらは「平成生まれ」よりは若干毒気はマイルドですけど。
 少し話がそれたのでキャラットに戻して。「ひだまりスケッチ」は、吉野屋先生と宮ちゃんの二人が微エロ度を高めていたと思います。以上。

○「GA 芸術科アートデザインクラス」(きゆづきさとこ先生)

 意外性の多さに驚き、楽しく読めた回です。
 まずは3年生組のぶちさんと1年生組のキョージュの出会いに、そしてキョージュがキョージュと呼ばれるようになったわけ、そしてキョージュが実は暗所恐怖症だったという。
 黒い色が人一倍好きで、大きなダンボールの中に一人で入っていたこともあるのに、暗いところが苦手だったのは意外ですけど、最後にあるように探究心の表れでしょうか。
 あと、キョージュはそう呼ばれる以前は苗字で呼ばれていたそうですが、ナミコさんは「マサ」と呼んでいるわけで、このあたり(キョージュとナミコさんの出会い)も気になるところです。

・1本目
 髪を二つに分けて束ねている(ツインテ?)あーさんが珍しいです(笑)。
・3本目
 美術室の奥部屋に入り込んだら物が崩れ通路がふさがれたぶちさん。暗闇のため尚更身動きが取れないため、大声を出して助けを呼ぼうとしますが思いとどまるのでした。
 確かに恥ずかしいですからね(笑)。
・6本目
 あーさんに助けを頼もうと携帯を使うも出てもらえず、充電も尽きて。
 キョージュは皆が見つけてくれると言うのですが、勘が鋭いだけにあたるかも?
 その自信が「今晩の夕食をかけてもよい」につながるのでしょうか。
 この時のキョージュのデフォルメ気味の表情とうなずくところが、なぜかお気に入りです(笑)。
・8本目
 キョージュがキョージュと呼ばれるわけが語られますが、元はぶちさんがキサラギちゃんとの最初の出会いを訪ねたのがきっかけ。
 キサちゃんとノダちゃんが読めなかった漢字「享受」を正しく「きょうじゅ」と読めたため、トモカネ含め3人に感心されて「キョージュ」と呼ばれるようになったのでした。面白い偶然もあるものです(笑)。
・9本目
 それまでは「大道さん」としか呼ばれなかったと語るキョージュ。でも先に書いたように、ナミコさんは「マサ」と呼んでいるわけで、キョージュとナミコさんの出会いや、そう呼ばれるようになったきっかけも気になります(キョージュの名前は「雅(みやび)」なので、そこから「マサ」と呼ばれるようになったと思いますが)。
・10本目
 キョージュに大人びた印象を持っていたぶちさんも、話すうちにキサラギちゃんと同じ年の子と思うようになったのでした。
 2コマ目での凛とした表情のキョージュにグッと来ますねー。とても綺麗で整っていて。
 なぜか光がさすのですが、友兼たちが助けに来たからでした。ただ、トモカネの力技のせいで更に被害が拡大しそうですが(笑)。
・12本目
 先にキョージュが皆が助けに来ると言ったのは、確信と言うよりは思い出したことがあったから。
 「この高校に来てから 私は一人で下校したことがないんだ」と語るところで映し出されるのは、キサラギちゃん、ノダちゃん、トモカネ、そしてナミコさんと一緒のキョージュ。
 いつも5人と一緒ではないにしても、必ず誰かと一緒というのもうらやましいものです。
・13本目
 そしてぶちさんを待っていたのは、待ちくたびれて眠っていたあーさん。
 電話に出なかったのは絵に熱中していて疲れて眠っていたから……だったのでしょうか。
・14、15本目
 ここで明かされるキョージュの意外な事実。
 キサラギからキョージュが暗所恐怖症、との言葉に動きが止まるナミコさんたち。
 恐怖を感じる理由を考えているうちに、黒が興味の対象になったからだそうですが、そうした探究心を抱くのがキョージュらしいところでしょうか。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/429-088c796e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。