スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

C79(1日目)買ったものから(「おばあちゃんの戦争」:恵女OG:家名さん)

 2010-12-30
 行ってきました、コミックマーケット79。
 寒さ対策を厳重にしていったのですが、雲ひとつ無い青い空にあったかい気温。好天に恵まれたのは良かったのですが、雪国の寒さや雪を思うと素直に喜べないのでした。
 さて、今回もそれほど買っていませんけど、これいいなと思ったものの感想などを簡単に。
 まずは第1弾として「おばあちゃんの戦争」(恵女OG・家名さん)から。

○「おばあちゃんの戦争」(恵女OG・家名さん)

 けいおん!本です(正確には「けいおん!!」本かな)。
 ピクシブにアップされたこの作品のサンプルを読んだ時点で「これは読んだら泣くな……」と思っていました。そして実際に手に入れた本を読んで涙ぐんだのですが。 
 「けいおん!!」第9話に出てきた唯のお隣に住むおばあちゃん・一文字とみさんが女学生だった頃のお話なのですが、太平洋戦争に突入した頃ならではの悲しいお話なのですから……。そして心温まるラストにもしんみりしたのです。(続きは「続きを読む」をクリック)



 唯のお隣のおばあちゃんがメインの作品はこれだけかな? これだけでも独特ですが、反戦思想(これは後ほど触れます)も込められている点でも唯一無二の作品となっています。

 本作独自の設定(おばあちゃんが唯と同じ学校の卒業生、おばあちゃんが在籍していた楽隊のメンバーの見た目は唯たちそっくりで、名前も同じ。ちなみにおばあちゃんは律っちゃんと同じ。おばあちゃんの友人のひとりが学校の設計者であるアメリカ人の娘で、ムギちゃんの祖母など)がなされていますが、私は特に気にすることなく読み進めることができました。
 多分、作者さんが「これは何が何でも描きたい」という強い気持ちがあったからだと思います。

 メインのお話がおばあちゃんの若かりし頃のため、時代設定は第二次世界大戦中。
 そのため、その当時行われていた、戦争にまつわる悲しくやりきれない出来事があらわれ、それが読んでいて涙ぐむ元になっています。そして直接的ではないものの、戦争の愚かさ・ひどさを説く反戦思想的要素もにじみ出ていると感じました。

 おばあちゃんが通う学校の階段の手すりにある「うさぎとかめ」の像が供出(武器の材料として、金属でできたものを国に強制提出させること)、おばあちゃんと同じ楽隊のひとり、ムギちゃんの祖母(前述の通り本作の独自設定。ちなみに他のメンバーも今の唯たちとそっくりで、名前も同じ)がアメリカに強制帰国させられそうになるということ。

 この二つを阻止しようと必死になるおばあちゃんたちと、その中で出てきたおばあちゃんとムギちゃんの祖母との強い友情を確認できる場面。
 結局はお国には抗いきれるはずもなく、本国へ帰ることを決意するムギちゃんの祖母の場面……短いながらも次々現れる山場に心動かされ、涙ぐまずに入られませんでした。
 戦争のために、自分たちが大切にしていたもの(本作では「うさぎとかめの像」)と、国と人種を超えた強い友情が踏みにじられる。そうしたことはこれからもあってはならないのです。

 このあとにも涙ぐむことになるのですが、それは先のとは違う原因での涙。気になる方はご一読を。ホッとする終わりなのでよかった……。


 なお作者の家名(かめい)さんは他にも「けいおん!」を元にした作品を3作発表されています(「うさぎとかめのお話~時を超えたハーモニー~」、「うさぎさんはサイテーです」、「どうしちゃったの? おねえちゃん!」)。
 どの作品も、私は読んでいて(悲しさ、感動で)涙ぐんでしまいましたので、そうした作品が好みの方はこれらの作品も読んでもらえれば、と思います。いずれ感想書きたいなあ。

なお今回感想を書いた作品「おばあちゃんの戦争」のサンプルがpixivにありますので、まずはこちらから試されてはいかがでしょう。

 

関連記事
コメント
早速ありがとうございます。
なんだか急かしてしまったようで申し訳ないです。

ちゃんと分析して書かれているので、あらためて独自設定を並べてみると・・・なんて大胆な決断…こんなコだった?(byムギちゃんイメージソング)状態ですね。
これを書いてしまった要因はさまざまにあるのですが、叫びたいような心の傷が書かせるという面もあると、自分では認識しています。
楽しいものを求めて読む人には申し訳ないと思ったりもします。
前向きに受け止めてくださり、本当にありがたいです。

こんな私ですが、これからもよろしくお願いいたします。
【2010/12/31 01:23】 | 家名 #- | [edit]
家名さん、こんにちは。
二つのブログを行ったり来たりさせてしまいすみません。
こちらが本来マンガの感想メインでしたが、日記メインの向こうの方でも感想を書くことがあったり……でして。

独自設定がこの作品の特徴であり、テーマを表現するには欠かせない要素なので、大丈夫だ、問題ない、です(笑)。

家名さんには何か重い過去があったようですが、それが少しでも癒されますように。

こちらへのコメント、ありがとうございます。
こちらこそこれからもよろしくお願いいたします!
【2010/12/31 06:46】 | らぷとん #- | [edit]
先日、その書籍を買いました。
この話は本当に考えさせられる内容ですよね。太平洋戦争が起きなかったら、こんな悲しい話にならずに他国ともやっていけたのかもしれません。
あたしも出来るだけの範囲で豊郷小旧校舎を見守って行きたいと思います。生まれた県ですから。
http://www.youtube.com/watch?v=tTxevNq0PBc

今年の夏の豊郷の画像集もご覧下さいませ。
【2011/08/28 11:05】 | 豊郷の律 #.IoDzD1M | [edit]
豊郷の律さん、はじめまして。
お返事遅くなりすみません!

本当に戦争は何も生み出しませんよね……。
生むのは悲しい別ればかりでしょうか。

紹介されている動画拝見しました。
昨年の秋にけいおん!オンリーイベントが
旧豊郷小学校にて行われたので、
校舎の外や中が映っているのを見て
懐かしくなりました。まだ1年経っていませんが(笑)。
コメントありがとうございました。
【2011/08/31 18:57】 | らぷとん #- | [edit]
あのームギがアメリカ人じゃなくドイツ人だったら良かったのにね ムギはアーリア人(ドイツ人)みたいだから別に問題は・・
【2014/03/02 11:23】 | LSSАH #- | [edit]
>LSSАHさん

何年も前の記事へのコメントありがとうございます。
ムギちゃん=アーリア人説ははじめて聞きますね。
実際どうなのかは知る由もありませんが……。

確かに第二次大戦時に日本とドイツは
同盟関係を結んでいましたから、
作中のムギちゃんをドイツ人に設定していたら
問題は起きなかった、というのはわかります。

ですがそれですと本作で作者さんが伝えたかったであろう、
戦争の悲劇や愚かさは伝えられなくなるので、
個人的にはムギちゃん=アメリカ人という設定で良いと思っています。
【2014/03/02 12:03】 | らぷとん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/424-af1e00c9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。