スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

LIVE DORATCH EVOLUTION(ライブ・ドラッチ・エヴォリューション)

 2010-05-28
 ライブドラッチエヴォリューション
 これ、一見腕時計に見えますが、普通の腕時計の機能を求めてはいけません。
 なぜなら、知りたい時間を瞬時に確かめることが出来ませんから(笑)。
 これは、腕時計の形をして、一応時計機能のついたドラえもんグッズなのだと私は思うことにしています。

 でもいいのです。
 気が向いたらドラえもんの日常生活を眺めて、のん気そうに暮らすドラえもんに思わず笑みを浮かべる。
 そして1日一回のおみくじを引いたり、同じく1日一回の励ましをもらう。
 それが私のこのグッズの楽しみ方なのです。


まずはドアを開けてみる

 さてこの腕時計、普段は画面には閉じた状態のどこでもドアが見えます。
 このドアを開けることで、ドラえもんとコミュニケーションができるようになります。
 (右下にある「DOCODEMO DOOR」ボタンを押す)

 するとゆっくりドアが開き、時間に応じて何かしているドラえもんを見ることができます。
 ご飯を食べていたり、お散歩していたり、タケコプターで空を飛んだり、ドラ焼きを食べていたり、居眠りしていたり、お風呂に入ったり、眠ったり……(ほかにもあるかも)。

(左・ご飯を食べるドラえもん。右・タケコプターで空を飛ぶドラえもん)
PICT0008.jpgPICT0014.jpg



 私が好きなのは、ドラ焼きを食べているところ。
 本当に嬉しそうに食べているんですよ。それを見ていると、何となく自分も微笑んでいたりします。
 ちょっとした癒しの効果も得られます……たぶん(笑)。

(ドラ焼きを食べるところ。うれしそう)
PICT0015.jpg

 
時間を知りたいときは?

 時間を知りたい場合はどうするか?
 2通りありますが、一般的(?)な方法から。

 まずは、どこでもドアを開けて、ドラえもんが何かしている状態の時に、右上の「REQUEST」ボタンを押します。
 すると、何かしているのを中断して時間を教えてくれます。
 ただし、間髪あけずに連続してボタンを押すと、次第に不機嫌な顔になり、しまいには教えてくれなくなります。
 これが冒頭で書いた「一見腕時計に見えますが、普通の腕時計の機能を求めてはいけません」のことなのです。
 腕時計なのに、2度ボタンを押して、何秒か待たないといけない。大まかな時間を知りたいならこれでも問題ありませんけどね。
 でも、時間を教えてくれなくなるというのは、明らかに腕時計の役目を放棄してます(笑)。

 でも大丈夫。
 時間を知るもう一つの方法でもありますが、左側の真ん中にある「COMMAND」ボタンを押せばいいのです。
 そうすればドラえもんが不機嫌だろうがちゃんと教えてくれます。
 なおその際、ドラえもんにちょっとしたことが起きますが、それを眺めるのも楽しいです。

 ちなみに、どこでもドアボタンを押さなくても、これを押すだけですぐに(それでも若干のタイムラグは生じますが)時間を知ることが出来ます。

おまけの機能
 
 先ほど軽く触れたおみくじ機能について。
 おみくじだけに1日1回だけです。
 どこでもドアが開いた状態で、「PROGRAM」ボタンを3回押すのですが、少しだけタイミングはシビアです。
 凶から大吉まで4種類の結果が出ますよ!

 もし凶を引いてしまったり、何か落ち込むことがあったら。
 そんな時は、ドラえもんに励ましてもらうのです。
 名づけて「どこでも勇気」。
 これはドアが開いているときに「PROGRAM」ボタンを6回押します。
 これまた少しタイミングが難しいですが……。
 うまくいくと、ドラえもんが「FIGHT」と書かれた旗を出して励ましてくれます。
 残念なのは、これも1日1回だけということ。何回でも使えたらもっと良かったのにな。

 お正月やクリスマス、あと自分の誕生日を入力すると、イベント画像を見ることができるとのことです。
 まあ、カレンダーをいじればいつでも見られますが(笑)。
 他にも隠し機能があるそうですが、見つけられるといいのですけど。

初代と2代目

 ちなみにこのライブ・ドラッチ・エヴォリューション、ライブ・ドラッチシリーズの2代目だったりします。
 これは1998年の10月に発売されましたが(ドラッチ公式サイトより)、その3ヶ月前の7月に初代のライブ・ドラッチが発売されていました。
 初代は持っていませんが、公式サイトの画像から察するに、初代と比べてライトがついて、暗いところでも見やすくなったのが改良点でしょうか。
 初代ライブ・ドラッチについて書かれたサイトの説明を見ると、おみくじと「どこでも勇気」は既にあるみたいです。
 (参考)
 LIVE Doratch(ANTIQUE & MODERN WRISTWATCH:管理人・UTさん)
 LIVE DORATCH(なかひろ時計館:管理人・なかひろさん)

 なおこの2代目発売の2ヵ月後には、本数限定の限定モデルも出ています。
 LIVE DORATCH EVOLUTION LIMITED EDITION

さいごに

 ところで私がこの腕時計が気になって仕方なくなったのは、こちらのサイト(motorcyycle cafe' Jay Parker:管理人・T.SHIGETAさん)の記事を見たから。
 「ラナ ライブ・ドラッチ・エヴォリューション」
 ドラえもんのマイペースな日常、何度も時間を尋ねると教えてくれなくなる、おみくじが引けるなど興味を惹かれることのオンパレードに、すっかり魅了されてしまいました。
 時間を教えてくれなくなるのは、魅了されるところではないかもしれませんが(笑)。

 さいわい今でも売っているお店があったので、無事新品を手に入れることができました。
 注文してから届くまでの間が実に待ち遠しく、届いて実際にいじってみての楽しさ、ワクワク感は格別でしたねー。
 「おー! ちゃんと動いてる! でも寝てるけど(笑)」(届いたのが夜だったので)
 「おい! ちゃんと時間を教えろよ! ダメダメダメ諦めたら!」(何度も時間表示しようとしたらドラえもんが怒った。ちょっと修造さん入ってますが気にしない!)

 まだ届いて数日ですが、どこでもドアを開けてはドラえもんを眺めたり、時間を教えてもらうなどしてちょっかい出して(?)います。
 これだけあれこれできると、電池がどれくらいもつのかが気になりますが、特殊な電池ではなさそう(CR2032)なので気にしなくてもいいかなと。

 (参考)
 時計の電池交換/Doratch(akiyose.com 気さくな時計屋さん)

 ……カレンダーをいじって、誕生日イベントとかを見ようかな……(ウズウズ)。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/411-9b5005d1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。