スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

コミティア92で出会った本たち(その1:『ディアン先生の弟子』)

 2010-05-10
 先週の4日(火)に行われたコミティア92(at:東京ビッグサイト東1・2ホール)に行きました。
 あまり買ってないですが、面白かった本の感想を軽く。
 ……のはずが、それなりになってしまったので何回かに分けます。予定。



 まずは『ディアン先生の弟子』(時計の番人:日下さつき先生)から。
 以前『まんがタイムきららMAX』にて連載されていた作品です。
 全体的に大人しい雰囲気の作品なのですが、ほのぼのしていて和めるところが好きでした。いや、今も好きなのですけど。
 正式な終了の告知もないままにフェイドアウトしてしまったのですが、今回未掲載作もプラスされての完全版(?)が出たわけです。
 このお知らせを日下先生のブログで知った時は軽くテンション上がりましたよ! 

 改めて読み返すと……やはりほのぼのしてますね。
 主人公の女の子・キャラが、不器用ながらも一所懸命魔法習得の修行に励むさまが、とても好きなんです。

 そんなキャラを指導するはずの魔法使い・ディアンは、力はあるけれど教えるほうはあまり得意でないらしく、ほとんど放任主義です(笑)。
 基本的にあまり表情を変えず、ぶっきらぼうですが、それだけに時折見せるキャラへの優しさがまた心にしみるのです。ツンデレかというと違いますけど。

 もう一人、見かけはキャラと同じく幼い(?)ながらも実はディアンより年上、というシリルがいい茶目っ気を発揮して、お話を動かしたりにぎやかにしてくれてます。
 実年齢は相当なのにキャラが好きと言うことは……言い逃れのないほどロリコンなわけですが、見た目のせいでそう思われないのはお得なのでしょうか(笑)。

 MAX未掲載となった(らしい)終盤3作品のうち2作では、祈祷師のクロエという新キャラクターが登場します。
 霊能力には乏しいディアン先生の代わりにお払いをするのですが、こちらも教える力は乏しいのでした。
 擬音のみでお払いの方法をキャラに教えるくらいですから。どこのミスター・ジャイアンツでしょうか(笑)。

 巻末の後書きでは、さらにクロエの兄・クロード(やはり祈祷師)も登場したり、ディアン、シリル、クロエのお師匠さんである、シリルの祖父の存在まで語られています。
 ここまで書かれているのに、続きはないのか……と思っていたら!
 最後のページの下に気になる一文が! これを読む限りでは、まだまだ続きを期待して良さそうです。
 何らかの形で、更なる新作が読めればと楽しみにしてます!

 『ディアン先生の弟子』と、希望者に配布されたイラスト色紙。
 色紙は合言葉をいった人がくじ引きでもらうことができました。どんなイラストかは引いてみるまでのお楽しみ。
 自分が当たったのは、作中に出てくる店番の人形・新旧2パターンと、新しいほうを作ったシリルが描かれたもの。
 新バージョンの店番がキャラに似ているのは、作中で語られていますよ(笑)。

 ディアン先生の弟子・色紙

 他にもこの『ディアン先生の弟子』について触れたところがありますのでご紹介。
 http://iwamemo.blog.so-net.ne.jp/2010-05-05(収穫120%:いわめも りらさん)

 こちらの色紙には、キャラ・イン・スイーツなイラストが描かれてますね(笑)。
 下には先に挙げた「気になる一文」の写真もあったりしますよ!
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/402-0332a267
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。