スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

今日読んだもの(3月10日)

 2010-03-10
 突然ですが試しに日記的な感じで、読んだ雑誌や本の感想を軽く書いてゆこうかなと思い立ちました。
 今までのように雑誌単位・単行本単位で感想記事を書くのが難しくなり、そうするうちに書けないまま(書かないままともいう)過ぎてしまう……という事態になっているのを避けたいので。

 本日のお題は「はじめ×くろす」(寺本薫先生:まんがライフWINにて新連載!)と「ただいま勉強中」3巻(辻灯子先生:まんがタイムコミックス・芳文社)です。
○「はじめ×くろす」(寺本薫先生:まんがライフWIN)

 「まんがライフWIN」というサイト(というかコンテンツ?)が、ライブドアの「livedoorデイリー4コマ」というサイトにあります。
 この「まんがライフWIN」にて本日から新連載となったのが、「はじめ×くろす」(寺本薫先生)と言う作品。

 「はじめ×くろす」シリーズ 作品一覧

 上記のサイトからあらすじを引用させていただきますと

あらすじ

執事としての初任務は「女子寮暮らしの娘の護衛を頼む。バレないよう家政婦という事で♪」という親バカ当主様のムチャ振りで…。見た目はメイド、中身は執事なメイド少年、はじめのはじめてご奉仕ライフ!?



 となかなかにコメディ色豊かな設定ですが、「見た目はメイド、中身は執事なメイド少年」の部分にまずは軽く反応しました。
 そして1本目で大きく描かれた、メイド服を着たはじめの姿を見てグッと来てしまいました。
 ここでのはじめは、まだショートカットなのですが、ボーイッシュな女の子と言い張ることも可能だと思います(笑)。この直後からはロングヘアーのカツラをかぶることになりますが、どうみても女の子です。ステキです。

 はじめが仕えることになる女の子・ほのかは今回は2枚の写真のみでの登場ですが、どちらも幼い時のふっくらした姿なのが何とも微妙です。
 そうなった理由は、お菓子やアイスに囲まれた1枚の写真からうかがえそうです。多過ぎです(笑)。
 でもこの作品のイメージイラストと思われるイラストでは、そうした面影は見えないので、ダイエットに励んだのかなと空想してみたりします。どんなダイエットやら。そもそもダイエットしたのかさえ不明ですが。まあ私の勝手な空想・想像ですから。

 寺本先生が「担当さんと『ヒロインに負けない可愛い男の子にしていこう』といってたところです(謎)」と述べられていますので、これからもはじめのグッと来る姿を楽しみにしています。
 もちろんはじめが女装することで起こるであろう、様々なユカイなトラブルも楽しみです。


○「ただいま勉強中」3巻(辻灯子先生:まんがタイムコミックス・芳文社)

 山奥の田舎を舞台に繰り広げられていた、女子高生4人(プラスアルファ)が織り成すにぎやかな日常を描いたこの作品、これが最終巻となってしまいました。
 
 私がこの作品が好きなのは、大人しいけど健気な由良と、彼女の親友でさっぱりして勝ち気な性格の飛鳥のやり取りのバランスの良さです。
 この二人のやり取りは、お互いの良さを引き立て、マイナスになりそうな要素は薄められるため、読んでいて微笑ましいのです。
 たまーにバランスが崩れて、どちらかがわりを食うこともあるのですけど……。大抵は由良ちゃんが損していたかな(笑)。

 由良と飛鳥のクラスメート、葉菜子(元気いっぱいバレーボール部員)と千里(オカルト好きでちょっと一癖ある)も加わってにぎやかさが増してはいるのですが、個人的に気になっていたのは他のキャラクターによるエピソードです。

 それは、やはり由良たちのクラスメートで美術部員の山田初音が抱く恋心。恋心のお相手は、体育教師の真島先生。
 先生の分のお弁当を作ったり、来年の手帳を見てバレンタインデーが日曜日であることに喜ぶ(からかう「外野」となる生徒が減るから)お話が、これまた微笑ましいものです。

 それらも良いですが特に好きなのは、初音さんが真島先生に対して、つんけんした態度を取ってしまうあたり。
 照れ隠しのせいでしょうが、真島先生が初音さんの気持ちに全く気づいてない鈍感さに対する怒りも多少はあるかも……。
 あと初音さんが抱く男らしい口調(ぶっきらぼう?)での真島先生を妄想する場面もとても面白くて、かつどこか愛おしくて大好きです!
 もっとも、すぐにその妄想は脇に追いやられてしまいますが(笑)。

 由良たちの担任・渡来先生は完全に不遇系のコメディ要員ですね。
 年を重ねることを気にしたり、体重を気にしたり、飛鳥たちに手を焼いたり……。
 あれ、幸せな場面が思い出せない。負けるな。これで最終巻ですけど(笑)。

 どこか浮世離れした雰囲気を醸し出す、由良たちが通う学校の理事長の娘・麗(うらら)理事も良い味出してました。
 理事長の娘だけあってどこかセレブな見かけですが、どこかピントがずれていたり……。
 理事室にお菓子を持ち込んだり、冷房の効く美術室に入り浸ったりとやりたい放題です。愉快すぎる。

 巻末のあとがきには、ちょっとした裏事情が語られています。
 詳しいことは実際に読んでもらうとして、掲載誌が何度か移り変わったことと、2誌同時連載の弊害のわりを食った気がしました。
 2巻で見られた作品世界の広がりが3巻ではやや乏しくなった気がしたのは、このあたりにも理由があるのかも……と勘繰ってしまいます。

 2巻では描き下ろしで、由良と飛鳥の馴れ初め出会いが描かれた漫画が収められていました。
 そこでは続きが3巻で描かれる旨が書かれていましたが、残念ながら3巻にはそうした漫画はありません。
 2巻では小学校時代だったので、3巻では中学校時代のことが描かれる予定だったのかも? 読んでみたかったです。

 3巻発売のキャンペーンとして、まんがタイムWEBとまんがタイムWAVEの2サイトにおいて単行本未収録作を読める企画があります。
 どちらのサイトでも2本掲載されていますが、パスワード無しでも読める作品は2サイトとも同じ作品です。
 ちなみに期間限定(webでの公開期間は3/6~5/末日)なのでお早めに。
 
 まんがタイムWAVE(2本掲載。うち1本は3巻帯に記載のパスワードが必要)

 まんがタイムWEB(2本掲載。うち1本は3巻帯に掲載のパスワードが必要)

 こうした形での単行本未収録作の発表、というのもこれから増えてゆくのでしょうか。
 発表されないよりはいいのですけど……。

 閑話休題。
 にぎやかでありながらも、落ち着いた雰囲気も併せ持っていたこの作品。
 それが(少なくとも私からすれば)完結せず終わるのは残念でなりません。
 最終回を読む限りでは「べたーふれんず」、「帝都雪月花」シリーズのような展開(終わったと思わせておいて、新シリーズが始まる)を望んでしまいます。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/399-b546857c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。