スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

marbleインストアライブ&サイン会(at TOWER RECORDS新宿店)行きました

 2010-03-07
 TOWER RECORDS新宿店にて行われた、marbleのインストアライブ&サイン会に行きました。
 現在放送中の「ひだまりスケッチ×☆☆☆」のエンディングテーマである「さくらさくら咲く~あの日君を待つ 空と同じで~」のCD発売に合わせてのキャンペーンとして行われたこのイベント。
 間にトークを挟みつつ全5曲(約30分強)その後サイン会(20分位)と、短いながらも充分楽しいイベントでした。

 会場はタワレコ新宿店7階のスペースの一角で行われましたが、元々こうしたライブイベントができるつくりなのでしょう(店内のイベント案内を見ると、頻繁にインストアライブが行われていますから)。

 一応ステージの奥にはスクリーンがあり、そこでステージの様子も映し出されていましたが、スクリーンはやや低めに設置されていたので後方気味にいた自分には少し見えにくくはありました(ステージは低いので更に見えにくかったです。仕方ないですけど……)。

 それでも音は思った以上にしっかりきれいに聴こえたので、その点に関しては問題無しでした!
 miccoさんのボーカルも菊池さんのギターも、きちんとバランスよく聞こえたので嬉しかったです!

 観客は全部で100人ぐらいだったでしょうか。立ち見状態でイベント開始を待っていました。

 客席から見てステージ右側にはマイクスタンドと小さなテーブルが。テーブルの上には小さな鉄琴らしきものが置かれていました。
 左側は低めに設置されたマイクスタンドが。

 ステージ奥のスクリーンには映像が流れていましたが、marbleの曲のPVでしょうか(詳しくなくてすみません)。
 しばらくするとスクリーンの映像がPVからステージを映したものに切り替わりました。
 いよいよ開始? と思っていたところ、スタート予定時刻の12時を少し回った頃、まずは司会を勤められるランティスのサウンドプロデューサー・じゅんのすけ教授こと佐藤純之介さんが登場。
 ライブ前の諸注意をしていましたが、「じゅん様と呼んでください」には笑いました(笑)。

 そしてmarbleのお二人が登場。余談ですが、ギターの菊池さんが着ていたシャツの柄(白地に青い花が描かれている)がお似合いでいいなと思いました。

 ステージから見て右側にmiccoさん、左側にアコースティックギターを抱えた菊池さんが椅子に腰掛け、ライブ開始。
 始まる前にじゅん様とmarble(主にmiccoさん)の間で、軽くやり取りがあったと思います。
 じゅん様がお二人に「仲良くしてくださいね」と言うと菊池さんが「見た目は仲が悪くても、心ではつながってる(から大丈夫)」と返したり。
 それに対してじゅん様は「そうは見えないんですけど」と言うやり取りが面白かったです(笑)。

 トータルではmiccoさんの伸びのある力強さと繊細さを併せ持ったボーカル、菊池さんの巧みなギター演奏が実に素晴らしかったです。モニター越し(これとても充分に見えませんでしたけど)ではなく、直に見たかったです。
 曲によっては(少なくとも「さくらさくら咲く~」では)、菊池さんは1フレットにカポタストをつけてましたっけ。

 1曲目は「芽生えドライブ」。アニメ「ひだまりスケッチ」のエンディング曲です。
 菊池さんの流麗なギター演奏(アルペジオやコードを押さえつつのフレーズ演奏あり)が見事でした。
 イントロと曲の終わりではmiccoさんがテーブルの上の鉄琴を演奏したのですが、それを聴いてなぜか嬉しくなった自分がいました。
 短いフレーズですけど、印象的なので……。

 2曲目は先ごろ発売された「さくらさくら咲く~」のカップリング曲「ドゥラリ」。
 何かの言葉のmarble的(というかmiccoさん流?)な解釈の言葉だそうです。私には思い浮かばないなあ……。
 
 3曲目は「流星レコード」。
 「芽生えドライブ」のイメージと重なる部分も多い曲だと私は感じますけど、いい曲であることに変わりはなく。
 
 ここでじゅん様が司会となってのトークコーナー。
 何でも放っておくとmiccoさん、延々とおしゃべりしてしまうそうで、しっかりした人が必要との事でじゅん様が司会を勤められたとか何とか述べてましたっけ。
 2時間の予定のライブが3時間になったこともあるそうですけど、本当ですか?(笑)

 内容はこれからのライブ・新譜情報でした(先日ネットで中継が行われた「ひなまーぶる」と、ニコニコ生中継出演時でも告知されていたのがほとんど)。
 覚えているのをざっと挙げると「4月11日に渋谷でライブ」、「5月12日にCD『ひだま~ぶる×☆☆☆』発売」、「PSP用ソフト『マリッジロワイヤル』用エンディングテーマ曲に「ゆらり、ふわり、きみとなら」が使用&CD発売」、「全国ライブハウスツアー開催」。
 ライブハウスツアーの神戸では2部制で、1部がトーク&アコースティックライブ、2部がフルバンドライブとのこと(終了後配布されたライブハウスツアーのチラシより)。ちなみに第1部は、さだまさしさんのライブを目指すそうです(笑。さださんもライブではよくしゃべるそうです)。

 最後に新情報として、3月31日にタワーレコード新宿店限定販売のCDの告知がありました。
 もっとも、その説明をじゅん様がする前にmiccoさんが収録曲を話してしまったのでしたが(笑)。

 タイトルは確か「旋律の行方 サクラユメミヅキ(桜夢見月?)」だったかな?(「旋律の行方」シリーズの2作目との事。たぶんタワーレコードのサイトで情報が出るかと。)
 全6曲入りで、オールアコースティックバージョンだそうです。
 曲目は3曲しか覚えてない上、うろ覚えですが「芽生えドライブ」、「空中迷路」、くるりのカバーで「ワールズ・エンド・スーパーノヴァ」など。
 途中で女性の方も出ての告知でしたが、その女性のお名前は失念。すみません。

 
 曲に戻って4曲目は「初恋limited」。
 菊池さんはコードストローク中心で、ビートのきいた演奏を披露。
 拍手も起こっていい感じに盛り上がりました。

 最後の曲は「さくらさくら咲く~あの日君を待つ 空と同じで~」。
 この曲でも菊池さんのコードストローク中心の力強い演奏に乗せて、のびやかに歌うmiccoさん。 
 ここでも拍手が鳴り響き盛り上がる観客(含む自分)。

 約30分ほどのミニライブが終わり、続いてサイン会。
 CD「さくらさくら咲く~」のジャケットにサインしてもらいましたが、緊張してちゃんと感想を伝えられなかったですね……。時間も本当に短いので、そう話すこともできませんけど。
 ちなみに菊池さん、ギターは右で弾くのですが、サインは左手で書かれていました。すごい。ジミ・ヘンドリックスと逆ですね(ジミはギターを左手で弾き、右手で文字を書いていた)。

 この後marbleのお二人は16時からの秋葉原でのミニライブ&サイン会があったのですが、こちらには私は行かず(チケット取れなかったので)。もし取れてたら行きたかったです。
 短いながらもいいライブだったな~……としみじみしながら帰路に着いたのでした。雨で寒かったですけど、熱く燃えていたので大丈夫でした! 一応!(笑) 
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/398-d89feb8f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。