スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』2010年・3月号感想

 2010-01-29
 ここ最近変化(迷走に見えなくも無いですが)の激しいタイム系ですが、スペシャルも例外ではなく。
 表紙がいつものちるみさんではないですし(単行本が出るから、と言うわけでの表紙起用でもないですし)、「えんれんCafe」は次号で最終回、瞬け!シャイン」と「千秋ツーフェイス」が最終回。
 後者は11年間連載されてきて単行本化の予定も無いみたいで……(少なくとも雑誌にはその旨の告知は無し)。

 「ココロノミカタ」は珍しく前回からの続き、といいますか、別視点の内容となってます。しかしココロさんスタイルいいですね(笑)。

『スーパーメイドちるみさん』(師走冬子先生)

・1本目
 町内マラソン大会に役員として参加するのに、マラソンの練習をしていたちるみさん。
 大樹に割ったカップを見つけられ逃走しますけど、ものすごく足が速いですねw
 ちるみさん、マラソン(長距離)より短距離走向きなのでしょうか(笑)。
・2本目
 いきなり激しい形相で怒鳴るちふゆさん。一体何がw
 大切な詩歌さまがマラソン大会に出たいと言うのですが、人と接するのに慣れてないだけに猛反対するのも分かります。
 そこでちるみさんにも止めるよう頼むちふゆさんですけど、「ガツンと言ってくれ!!」と言った直後に「あんまりキツくは言わないでくれっ!!」とは(笑)。気持ちは分かりますけどw
・3本目
 どうしても走りたいと意思表示する詩歌さま。
 妥協案として、ちふゆさんが伴走することにしたうえであれこれ条件を出しますが、「意気が少しでも切れてもダメ」だと誰もマラソンできませんw
・5本目
 佐々木先生の恋敵も参加すると聞いた漆田さん、先生を励ましますがその恋敵がちふゆさんと知って「あきらめろ」と忠告(笑)。厳しいですねw
・6本目
 どうもちふゆさんが苦手と言うか、嫌っているというか、ライバル視しているっぽい漆田さん。
 というのも、漆田さんは作るのが得意なのに対して、ちふゆさんは修理が得意と微妙にかぶっているからみたいです。
 体系も考慮に入れると、漆田さんのほうが不利かも……w
・9本目
 健と一緒に走ろうとする花梨ちゃん、詩歌さまと健を一緒に走らせまいとにらみつけますが、詩歌さまは意に介さず花梨の手を握るのでした。良かったですね、頼られていて(笑)。
・10本目
 佐々木先生が好きな人を初めて見た漆田さん、ステキな人と褒めたのもつかの間、中学生に間違われてしまい「前言撤回」(笑)。負けるなw
・11本目
 場面は全く変わり、原田家にて大樹とみずだ子さん。
 二人きりが嫌な大樹、外出しますがあまりの風の強さ(と寒さ?)にあっさり帰宅w
 嬉しがり顔を赤くするみずだ子さんに「お前が気になって帰ってきたんじゃないからな」と言う大樹ですが、ツンデレキャラのセリフにしか聞こえません(笑)。

『ふたご最前線』(辻灯子先生)

 今回はばーちゃん(薫さんのお母さん)、散々でした(笑)。
 いきなり孫たちを預かる羽目になったり、孫たちに精神的にも体力的にも疲れさせられたり、とどめに娘に勝手に住所と名前を使われてダイレクトメールを送られたりですから。
 いつもは薫さんとは、やったりやり返したりでバランスが取れてましたが、今回は完敗でしたねw

・1本目
 住宅展示場に行きたいけど、「子供たちの暴走が怖い」から夫婦二人で行くことにした薫さん。
 でも託児所は閉まっていたので、自分のお母さんに預ける定番パターンw
・2本目
 電話もなしに急にやってきたので怒るお母さんですが、薫さんの「電話したら逃げたでしょ?」の言葉に思い当たる節があったみたいです(笑)。
 何食わぬ様子で北斗くんと南帆ちゃんを家の中にご案内w
・3本目
 孫たちが古い靴を履いているのを見たばーちゃん、娘に注意するも節約と返され、自分が新しい靴をかうことにしますが、薫さんの作戦だったのでした。
 パパさんは、わざと古い靴をはかせていたのを知っていたのですがw
・4本目
 新しい靴を買ってもらいご機嫌な双子たち。
 「大事にするね」といった先に大きな水溜りがw
 結局ばーちゃんが、南帆ちゃんを背負って水溜りを歩く羽目に(笑)。
・5本目
 パパたちがどこへ行ったかを尋ねられるも、子どもたちが先走るからと娘に言わないよう頼まれたので、はぐらかすばーちゃん。
 そんなばーちゃんをよそに、プレゼントを買っているかもとか、ごちそうがいいと「先走る」双子たち(笑)。
 ばーちゃん、負けるなw
・6本目
 「本当はサンタいないのかも」と言う北斗くんに「サンタはいるよ…」とつぶやくばーちゃんの胸のうちは、「いてくれと世界中の大人が祈ってるよ」という切実なものw
 南帆ちゃんが欲しがっているのは、12000円もするローラーシュー○ですから(笑)。
・7本目
 マンションより一戸建てがいい理由をあれこれ挙げるパパさん。
 でも薫さんには、高所恐怖症なのがバレていたのでした。
 薫さんのTKO勝ち……でしょうかw
・9本目
 ばーちゃんにお世話になったお礼をしつつ「今後もお世話になるかと…」という薫さん。
 この言葉が、ばーちゃんあてのダイレクトメールが来ることの意味だとは(笑)。
 今後、ばーちゃんの薫さんへのリベンジはあるのでしょうかw

『丸の内!』(藤島じゅん先生)

 前回も掲載されていた作品ですが、素直に面白いです(笑)。

 主人公のOL・丸の内さん、新入りゆえに実力は乏しいけれど、言うことは一人前というギャップが愉快です。
 基本無表情なのもどことなく面白さにプラスになっているような。
 今回はさらに、天然さん先輩OL(とはいえまだ2年目)・春日さんや、彼女に密かに恋する本郷くんのストーカーぶりも笑えましたw

・1本目
 「顔良しスタイル良し愛嬌良し」なOL・春日さんを自分にふさわしいライバルと言い張る丸の内さんですが、顔はまだしもあとの二つが欠けているだけにいい根性です(笑)。
・2、3本目
 春日さんに片思いの本郷くん、彼女に関するデータ収集が完璧なのが恐ろしいです。
 スリーサイズが無いのは配慮したのでしょうかw
 春日さんに、本郷くんと付き合っているのかを尋ねる丸の内さん、直球です(笑)。
 あくまでも「頼りになる先輩」と答える春日さんに「それは違います」と言う丸の内さん。
 その言葉に本郷くんは何を期待したのやらw 
 丸の内さんからストーカー認定されますが、先ほどの出来事からすれば当然かと(笑)。
・5本目
 会社にかかってきた電話を受けた春日さん、うっかり自分の苗字を名乗ってしまいます。
 それを受けた本郷くん、声色を変えて春日さんの父を演じてます(笑)。
 好きな人のミスをフォローするのはいいですが、あとで怒られないのでしょうかw
・6本目
 本郷君の露骨な態度の差がひどいですw
 同じ発注ミスをしたのに、春日さんのは笑顔でフォロー。
 対して青汁一万本を発注ミスした丸の内さんには怒りながら「全部飲めよ」(笑)。
・7、8本目
 ちゃんとしたOLに見える春日さんですが、ここに来て怪しくなりました。
 お年を召して髪が寂しいお得意さんを丁重にもてなすよう言われた春日さん、育毛剤とわかめを出すのはアウトでは(笑)。

 本郷くんの湯のみが空なのに気づいたのはいいですが、中身がミルクティーw
 丸の内さんに春日さんの本性を指摘されかけた本郷くん、聴こえないフリをしますが、現実逃避はいけませんよw
・10本目
 春日さんに彼氏がいるか尋ねる丸の内さん。
 答える前に本郷くんが「いない!!」と言いますが、切羽詰ってますね(笑)。

『えすぴー都見参!』(岬下部せすな先生)

・1本目
 剣道場の道場主をしている都の父。見た目は厳ついですが、教え子たちと一緒におおきなカブトムシを採るあたり子どもっぽいですね(笑)。
・3、4本目
 おしゃれよりも防寒対策を完璧にする雪さん。
 若いけどババシャツに腹まきは欠かせませんかw でも寒さは健康の大敵なので理にかなってます。
 モモヒキも勧めるのは少しやりすぎかもしれませんけどw
・6本目
 腹巻きとかを珍しがられたと洋平に話す雪さん。
 年配者が使うイメージがある、と話す洋平に、若い人向けのデザインがあると言いながら、自分が今着ているレースつきのシャツを見せる雪さん。破壊力あります(笑)。洋平も顔を赤くするはずですw
・7本目
 ババシャツの女性には引く人が多いかも、と言いながら自分は気にしないという洋平。
 そんな彼に、結婚相手のあてがなければ「よー君のお嫁さんにしてもらおっ」と冗談に言う雪さんですが、冗談とはいえこれも破壊力高いです(笑)。

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/391-376e5af1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。