スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきらら』’07・8月号

 2007-07-12
『うぃずりず』(里好先生)
 リズから日本語を教わるイズですが、挨拶より先に古いギャグがスムーズに話せるようにするとは…
 恐るべし、リズっち(笑)。
 金髪に憧れ、自分で染めようとするも、ヘアカラーの説明書が読めずに失敗してしまうイズ。
 結局元に戻せたのですが、リズの優しい言葉が何よりの救いかな。
 
 黒髪のリズもこれはこれでいいかもしれません。
 初め見たときは軽いショックを受けましたから。
 しかし墨で染めますか(笑)。

『ふおんコネクト!』(ざら先生)
 4つ目の3コマ目に出てくるのは『からハニ』の皆さん?

 三日科さん、さりげなくいい人だ。

『棺担ぎのクロ。懐中旅話』(きゆづきさとこ先生)
 「道」は自分で作るもの―
 ということだろうか。
 「もっといい道を歩きたかった」
 そんな思いで心が闇の側へ向かいそうな時も、今まで自分が歩いてきた道、これから歩く道に自信が、希望が持てれば大丈夫なのかもしれない。
 
 1話目のニジュクとサンジュの言葉にハッとさせられた。

『きつねさんに化かされたい!』(桑原ひひひ先生)
 特筆するべき点はないけど、好きだなあ。
 しかしまともなキャラとそうでないキャラのバランスがいい感じ。

『姉妹の方程式』(野々原ちき先生)
 これも安定感がある。
 しかし、ビデオがあれば問題ない気がするが、貧乏だから無理かな。
 ということは最後の話に出てくるネットで見ることも無理ですな。

 オーラスの落ちはお約束だけど、まとめるにはこれが適案か。

『ふーすてっぷ』(岬下部せすな先生)
 扉絵がいい。
 いつか広い世界へ出られる時を待っている、そんな感じがします。
 
 リコーダーで超絶技巧を駆使する風ちゃん、素敵過ぎです。
 でもこのリコーーダーのおかげで、照れ屋で一気に話しかけられない繊細な伝(つたえ)ちゃんと、コミュニケーションが取れるようになったのだから、お見事です。

『あねちっくセンセーション』(吉谷やしよ先生)
 最近急にお気に入りになってきた作品。
 今までスルーしていたのが勿体無い……!
 きちんと起承転結があるし、4コマ目で落ちているし、その点では水準点はクリアしているんですよね…
 と今更気づきました。反省。
 
 粗暴さが目だつさく姉も、真面目な時は真面目です。
 しんみりきました。
 でも最後はギャグなのですな。

『-そら-sora』(白雪しおん先生)
 独自の世界観が「動力源ともなる妖精」の存在により、また少し広がりを見せた感じがします。
 新キャラのイルマさん、白目でクールなところが『スーパーメイドちるみさん』に出てくる「ちゆりさん」を思わせる気がするのは私だけでしょうか。
 最後の話の最後のコマの台詞は一体……
 百合フラグ?

・ドキドキ★ビジュアル リレーエッセイ
 My PrivateD★V.---vol.1

 なにやら新企画のようです。
 「ドキドキのシチュエーション、トキメキの属性を先生方に激白していただく」コーナーとの事。
 1回目はざら先生。
 こうした作者の素顔が垣間見られるという企画は賛成ですね。
 次回は野々原ちき先生。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/39-ce1d6206
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。