スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』2010年・1月号感想

 2009-12-15
 特別企画の「秘密告白スペシャル」における師走先生の内容がすごいです。無茶しやがるぜ……(笑)。

『スーパーメイドちるみさん』(師走冬子先生)

 フリーダム教師・佐々木先生大活躍(笑)。

・1本目
 スーパーでおイモが安かったので、たくさん買ったちるみさん。
 偶然佐々木先生に出会いますが、先生、芋焼酎のビン片手に仲間呼ばわりしないで下さい(笑)。
・2本目
 おとなりのデパートでバーゲンをしているので、ちるみさんに服を買うよう勧める佐々木先生。
 荷物を軽くすると言ってますが、買った焼酎飲むんですかw まさかストレートで?(笑)
・3本目
 佐々木先生、漆田さんのメイド服にお酒をこぼしたのでかっぽう着を貸したのはいいですが(いいのか?w)、外見が小学生みたいだから笑い転げたなんて(笑)。
 かわいかったということですけど、漆田さんも本気で怒るはずですw
・4本目
 デパートに行くことにしたのは、漆田さんのご機嫌を取るためでもあったのでした。
 でも自分の服を買うぐらいなら、ギャンブルに使うと力説する先生がステキすぎる(笑)。目が本気だw
・6本目
 にゃんこる~んぬいぐるみを手に入れたちまき先生と遭遇したふたり。
 ちまき先生を誘うも断られてしまいました。
 でも、にゃんこる~んショーは今日まで、とちるみさんが行ってしまったのが運の尽きw 結局先生たちと一緒にデパートに行くことにw
・7本目
 佐々木先生がちるみさんに選んだ服は、肌の露出多めの派手なデザインw
 「らしくない服でイメチェン」を勧める先生、自分もイメチェン用の服を買うのですが、スーツですかw 先生なのに(笑)。
・10本目
 買ってきた服を、ちるみさんに着てもらうようねだる健。
 誉める健と大樹ですが、いろんな意味で「こりゃまずい」ですね(笑)。
 コートを着せたりマフラー巻いたりしますが、風邪予防のためだけでは無いですよねw
・11本目
 佐々木先生が漆田さんに買った服は、かわいらしいドレス。
 ちゃんと漆田さんに謝っているのもいいですね。
 先生が買ったスーツ、さっそく手を加えたそうですが、背中に「無敗」の刺しゅうですか(笑)。
 先生ならそんな刺しゅうしなくても、麻雀に勝てると思うのですがw

『夏乃ごーいんぐ!』(たかの宗美先生)

・2本目
 やり手営業OLの夏乃さんを相手にすることになった、入社1年ほどの男性社員。
 交渉はやはり上手くいかなかったようですが、妙な快感に目覚めてしまったみたいで(笑)。
 ドMなら夏乃さん相手でも問題なし?w
・7本目
 タイガースファンの担当対策に(?)「トラのマスク」で訪問した夏乃さん。
 確かにトラのマスクですが、本物のトラそっくりでリアルすぎるのに笑いましたw
・10本目
 外回りから帰社した社員に、しょうが湯のサービス。
 同じく外から帰ってきた夏乃さんにも勧めますが、お風呂のしょうが湯と勘違いされてます(笑)。豪快ですねw

『なないろレシピ』(野広実由先生)

 美術教室のグラマラスな朱里先生、菜々先生の料理教室に参加しますが格好がすご過ぎます(笑)。

・2本目
 菜々先生の「みんな大好きおふくろの味といえば?」の問いに、自慢の大きな胸を持ち上げる朱里先生(笑)。
 確かに母乳もそうかもしれませんがw
・4本目
 授業で作るメニューは肉じゃが。
 懐かしさからみんなほっこりした雰囲気の中、ビキニ姿に下だけのエプロンで参加する朱里先生。料理には不向きの格好です(笑)。
・6、7本目
 肉じゃがを作る際に役立つ情報が。
 豚肉を深めのフライパンで炒める菜々先生。他の材料もやはりそのフライパンに入れるのを見て、煮るなべとは別にすると思い、感心する塩谷さん。
 でも菜々先生、そのフライパンに水と調味料を入れたので「手抜き!?」と思うことにw

 フライパンで済ませるのにはちゃんと理由があったのでした。
 ・深めのフライパンで煮るとおいしくなる
 ・鍋の直径が大きいと早く煮詰まるので、時間とガス代を節約できる

 なるほど。
 でも「お手軽」と思われがちなので、プロっぽく見える「雪平なべ」を勧める菜々先生でしたw
・8本目
 お手製の「特製菜々センセ型落としぶた」を使う朱里先生。
 でも目や鼻などから煮汁が出るので、菜々先生には大不評でした(笑)。確かに見た目は良く無いですw

『笑って!外村さん』(水森みなも先生)

 目つきの悪さから、不良と思われている外村さん。
 別に悪い人ではないので、みんなと仲良くしようとするも、怖い笑顔や言葉のせいでことごとく空回り。
 でも、あまり可哀相とか思わせることがないのは、この場合は良いと思います。

 外村さんに笑顔を教えたりする春野さんの存在をきっかけに、更にかかわりを広げられたら良いと思うのでした。
 ……あ、次号予告によると、次号から連載開始との事。おめでとうございます~!
 そうなると、よりお話を広げられるキャラクターの登場も必要かもしれませんね。

・1本目
 「昨日はさすがにやりすぎたな」などの物騒な言葉をつぶやく外村さんに怯えるクラスメイトたち。
 でも外村さん、徹夜するほど裁縫に熱中していたのですかw
 かわいらしいシューズバッグですしw
・2本目
 シュシュを見せ合う女子たち。
 外村さんにもどちらをつけるか尋ねますが、怖い表情で「恥ずかしくてつけられるか」と言われては……w
 自分には似合わないと思うから、そう言ってしまった外村さんなのでした。
・5本目
 せきをする女子を気遣い、笑顔で話しかけようとする外村さん。
 でも何か企んでそうな笑顔で「表出ようや」と言われたら、女子も逃げ出すはずです(笑)。
・6本目
 これは外村さんの気持ちも分りますw
 うさぎの顔の形のパンを半分に割る男子に、「よく食えるな」と言う外村さんですが、何となくかわいそうだと思いますよね。
 そうなると、最近出たくまさんの顔の形の肉まんもダメかな?w
・7本目
 外出先でクラスメイトの佐藤さんに出会った外村さん。
 おしゃべりしようと思い、お茶に誘おうとかけた言葉が「しばかないか?」とは(笑)。
 一人残された外村さんの姿が寂しい(笑)。
・9本目
 春野さんのために、外村さんが「気合を入れて」作ったくまさんのマスコットですが、リアルな熊ですか(笑)。気合入りすぎw

『えすぴー都見参!』(岬下部せすな先生)

・2本目
 大蔵家のメイドさん・三剣さんの悩みは、小説家としてのペンネーム選び。
 本名を勧める直人ですが、本名が「三剣きらり」とアニメキャラみたいなので断られるのでしたw 
 ある意味ペンネームらしくていいと思うのですけどw
・3本目
 直人の母の知り合いの占師さんに決めてもらうことにしたら、「カトリーヌよう子」という、70年代シャンソン歌手みたいな名前になってしまったのでしたw
 字画の良さを取るかどうか更に悩む事にw
・4本目
 見事雑誌に掲載されたのですが、カトリーヌよう子にしたのですねw
・6~8本目
 大学の前期試験の順位が張り出された掲示板に、直人の友人・巣鴨の名前がトップに。
 信じられない都ですが「何と意外な!!」とはストレートなw
 
 成績が良いだけに大企業を狙うよう言われるも、責任が面倒とかだそうで。
 都の呆けたような表情が愉快ですw

・秘密告白スペシャル

 全部で6名の作家さんが登場してますが、やはり師走先生のエピソードが一番面白かったです。
 まあ本当は先生が怪我をされた話なので「面白い」は不謹慎ですが、高校時代に手をクロスして自転車をこぐ実験をしたら、右手首骨折ですから(笑)。
 やってみたくなる気持ちは分かりますが、危険すぎるw

『ふたご最前線』(辻灯子先生)

 クラスメイトからクリスマスパーティーにお呼ばれされた南帆ちゃん(北斗くんもついてきますがw)。

・2本目
 招待状を渡されるときいて、ドレスを着て行くものと思う南帆ちゃん。
 普段の服でいいと言う友達に「普段のドレス?」とあくまでもドレスを強調w
 友達にはすっかりドレスを着たがっていることがまるわかりなのでした。女の子らしいですw
・3本目
 ドレスはママに却下されてしまいましたw
 代わりにサンタ服を提案しますが、買う余裕はないからか作ること。
 でも作るのはおばあちゃん(ママのお母さん)と人任せ(笑)。
 ママを見つめる南帆ちゃんの目が愉快ですw
・5本目
 昔の自分の写真をたくさん持ち出したばーちゃん。
 でもじーちゃん(旦那さんですね)の写真が一枚も無いって(笑)。
 旦那さんも大事にして下さいw
・6本目
 なぜかツリーに願い事を書いた短冊が。
 二人が欲しい物が分かるからそのままだそうでw
 北斗くんはゲームソフトで、南帆ちゃんは……「ドレイほしい」?(笑)
 「ドレス」だそうですが、短冊を見たパパも涙ぐまないでw
・8本目
 似たもの親子?w
 友達の家にやって来たふたりですが、北斗くんとその友達は、ケーキやツリーの大きさに大はしゃぎ。
 恥ずかしいからとたしなめる南帆ちゃんですが、ふたりを送ったママはママで、友達の家の大きさに「でかい一戸建て―っっ」と感嘆していたのでした(笑)。
・9本目
 プレゼント交換で、ドレスを手に入れた南帆ちゃん。
 でも人形用のドレスでした。惜しいw

『ほのかしっかりしなさい!』(テンヤ先生)

 残業で幼稚園に一人きりのほのか先生。怖いのが大の苦手でしたが、途中から園長先生とコッコさんもやって来て一安心……。
 のはずが、激しい雷雨や空腹に見舞われたり。
 でも家のカギを忘れて取りに来た橙子先生がくれた差し入れのおかげで一安心。ほのぼのですねw

・3本目
 園児たちが描いた絵に名札をつけるほのか先生。
 でもどちらが上下か分からない絵に焦るのでした。
 子どもの描く絵は、たまに抽象画みたいなのもありますよね(笑)。
・6本目
 園長先生の前ではおとなしいけど、それ以外は乱暴なニワトリのコッコさん。
 乱暴な時の目つきは凶悪なのに、園長先生が見ているときはつぶらな瞳なのが笑えます(笑)。
・9本目
 お腹がすいた園長先生、豪雨なので外にも出られず。
 思わず目を向けた先がコッコさんだったなんて(笑)。
 コッコさんも涙ぐんで逃げるはずですw

『ゆたんぽのとなり』(吉谷やしよ先生)

 今回で最終回の「ゆたんぽのとなり」。
 実家が超資産家ゆえに、そう思わせる行動も多々あれど、嫌味を感じさせないゆたんぽさんが良かったです。マイペースというか天然といいますか(笑)。
 お隣の渡辺兄妹の貧乏っぷりが、たまに切ない時もありましたがw
 ゆたんぽさんをライバル視していたものの、全く相手にならなかった真知様の空回りっぷりも愉快でしたw

 最終回は、心温まるお話。
 最近買い物癖が付いたというゆたんぽさんを調べてみたら、引っ越して2周年を記念して、祐二たちにあげるためのプレゼントを買っていたのでした。
 実家はお金持ちでもそのお金は一切使わず、自分で働いて手に入れたお金でプレゼントしたゆたんぽさん、そんな彼女を優しく受け入れて付き合う祐二たちのあたたかさがいい余韻を残す終わり方でした。お疲れ様でした!

・2本目
 ラッピング用品を買うゆたんぽさん。
 誰かにプレゼントするみたいですが、祐二兄妹と祐二の友人・敬介には心当たりなし。
 そこへ現れた自称ゆたんぽさんのライバル・真知様が、明日が自分の誕生日と高らかに宣言するも、あっさりみんなにスルーされるのでした(笑)。
 タイトルの「ライバル以下友達未満」もよく読むとひどい(笑)。
・3本目
 ゆたんぽさんに男ができたのでは、という敬介に「お兄ちゃんというものがありながら!?」と詰め寄る祐二の妹・和実。
 でもふたりが付き合っていたかと聞かれて「そんなの私が認めない!!!」とパニックに(笑)。
 敬介の「兄貴をどうしたいの!?」は私もそう思いますw
・6本目
 ゆたんぽさんが買っていたのは、引越し2年目記念日のプレゼント。
 真知様が手にする本(「友達100人できるハズ」)と敬介が手にするTシャツ(「モテモテ!」のプリント入りw)が、まさに二人にプレゼントされる品物だったなんてw
 ゆたんぽさん、さり気なくひどいかもw
・7、8本目
 去年は特に何もしなかったのに、今年プレゼントをしたのは、アルバイトに時間がかかったから、とゆたんぽさん。
 祐二たちと出会って、お金の大切さを知ったというゆたんぽさんが「自分自身の力で贈らなきゃ」と思ったというのがいいですね。
・10、11本目
 お返しをしようとする敬介たちに戸惑うゆたんぽさん。
 でも自然とみんながそうしてくれることを、心から喜んでもいるみたいです。本当にいいところに越してきましたね。

『ココロノミカタ』(乙佳佐 明先生)

 時代も場所も自在に行き来する、旅の花屋のココロさんと、相棒(?)のミカタさん。
 ココロさんが、迷いや問題を抱えた人の背中をそっと押してあげるお話という印象がある本作。
 多くの時代設定は昔(戦前~戦後ほどない頃)でしたが、今回はかなり現代に近いみたいです。その点が珍しいかなと。

 何か面白いことを求めて、すっかり自堕落な一人暮らしの生活を送る大学生の鈴本小依。
 雨降る夜に突然落ちてきたココロさんたちと一緒に外出するうちに、他人と一緒に行動したり感じる事で、「世の中って 私の知らない面白い事でいっぱいの様な気がしてきた」と思えるまでになったのでした。

 いつもは黒いワンピース姿のココロさんですが、今回は小依の服を借りていることもあり、パンキッシュな服装で新鮮でした(笑)。それにしてもふたりとも足長いですねw

 小依のココロにハリが戻ったので、一旦おいとましたと思わせて、傘を忘れたためにびしょ濡れで戻ってきた演出が好きです。
 お別れをすることもなしに去ってしまった寂しさを感じさせながら、再び戻ってきたのですから。今度はちゃんとお別れの言葉を交わせたのでしょうか。

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/388-c460e94e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。