スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『毛玉日和』1巻感想(櫻 太助:著・4コマKINGSぱれっとCOMICS・一迅社:刊)

 2009-11-21
 連載開始時から好きだった「毛玉日和」がこのたび単行本化され、ファンとして嬉しゅうございます。
 
 人型のペットとその飼い主が繰り広げる、にぎやかで愉快で、時折しんみりさせる場面もありの世界が魅力のこの作品。
 この1巻では3組のペットと飼い主が登場しますが、表面的には全く異なるタイプながらも、根底にはペットと飼い主の間にお互いを大切に思う気持ちがある点で共通しています。

 基本的にはコメディなので、気軽に気楽に読めますけど、時折しんみりする場面も出てくるので深いですよ。

○3組の異なるタイプのペットと飼い主の愉快なやり取り

 まず最初に登場するのは、人型猫の小豆と、小豆を溺愛してやまない小笹井もなか組。

 もなかは猫を飼いたくてたまらなかったのですが、ちょうど良く(?)彼女の家の庭に倒れていたのが小豆。
 もなかに看病された小豆、一応「野良としてのキョージがあるのよ!」と言って去ろうとするものの、もなかになでられる自分を想像したことや、もなかが看病してくれた事を思い出し、思いとどまるのでした。
 分りやすくもあり、義理堅くもあり、ですね。

 ところで単行本を読み返してみて意外だったのは、あまり小豆のツンデレな場面が出てこなかったところです。
 最初の方でこそ、もなかからもらったリボンを「仕方ないから着けておいてあげるわよ」と照れながら言う場面はありますが、それ以降はツンデレな場面は影を潜めます。
 
 どうやら、小豆は自分をかまいすぎるもなかに対して少しうざったく思うから、不機嫌な態度が出てしまうのだと思います。
 それをツンデレだと私が勘違いしていたみたいで。

 お次は、人型犬のコロンと斉藤雪のコンビ。 

 こちらは、どこかおバカさんな感じのコロンに呆れながらも、適度な距離で接している感のある斉藤くんという感じでしょうか。
 むしろコロンが、斉藤くんに対して積極的かつ無邪気に接していて、それを斉藤くんが少しうっとうしく感じているように思います。
 でも斉藤くんがコロンを大切に思っているのは、きちんと世話をしている場面から感じる事はできますけど。
 コロンのパワフルな無邪気さがとても愉快ですね。斉藤くんも振り回されて大変そう(笑)。

 ちなみに斉藤くん、もなかの事が密かに気になっているみたいですけど、こちらの進展も気になります。
 もなかは全く気付いてないみたいですけど、頑張れ(笑)。

 最後は、人型リスのリス子と堤 啓之丞先生コンビ。

 こちらは先の二組とは全く異なる雰囲気です。
 というのも、リス子は自分を啓之丞の妻と思っていて、実際かいがいしく家事をこなしたり、素直に大好きな気持ちを口にしていますし、啓之丞は多少は戸惑いながらも、それを受け入れていますから。

 個人的には、リス子の健気さがかわいらしくて大好きです。
 朝、啓之丞を起こしてお見送りしたり、教え子のもなかに会ったことをにおいで察知して「うわきですね!!」と泣き叫んだり、啓之丞のために(短いですが、本来不要の)お風呂に入ったり……。

 でも一番リス子の健気さを感じたのは、単行本終盤、リス子が本当は話さないほうが良い「人型の成り方」を啓之丞に話す場面です。

○リス子の健気さにしんみり

 「一生に一人にしか言えない」うえ、話を聞いた人間が他の誰かに話すと動物に戻ってしまうという「人型の成り方」を啓之丞に話したのは、リス子が啓之丞を愛していて、信頼しきっているからでしょう。

 「もしリス子がリスに戻っても 啓之丞さんが決めたことならいいかな」とリス子が啓之丞に話す場面が、個人的にはこの巻で一番の名場面だと思います。

○描き下ろし部分に関して

 巻頭のカラー描き下ろしマンガですが、小豆がおいしそうに物を食べている時の鳴き声に関するお話がツボでした。
 普段はツンツンしている小豆だけに、その様子をもなかに見られて顔を赤くして恥ずかしがるのが、とてもかわいらしくて(笑)。

 カバー下のマンガもいいですね。「逆毛玉。 略してぎゃくたま」ですが、単行本向けらしい番外編だと思いました(詳細は実際にご覧になって下さいませ。笑)。

○最後に

 現在も「4コマKINGSまんがぱれっと」にて連載中の「毛玉日和」、最近新たに人型フクロウ(ミミズク)の福とトレーナーの星野さんコンビも登場し、更にお話の幅が広がっています。

 まだこの二組と小豆たちが出会う場面は描かれていませんが、いずれ何らかの形で描かれるのでしょう。
 ただ、福は基本的に動物園にいるので、どう出会うのだろうとは思いますけど、それはそれで。

 人型ペットと人間の愉快なやり取りが、根底にはお互いを大切に思う気持ちを持ちながら、それぞれのコンビ毎に異なる形で描かれるこの作品、これからも長く楽しみたいと思うのでした。

○関連情報


・現在(12月31日まで)、櫻先生のサイトにて、「毛玉日和」1巻発売記念のバナーキャンペーン開催中です(画面上の大きな横長バナーをクリックした先に詳細あり)。
 桜餅オンライン

・K-BOOKSとまんが王八王子店、まんが王倶楽部通販にて、特典としてメッセージペーパーが、WonderGOOでは描き下ろしオリジナルポストカードついてくるそうです(情報はぱれっと12月号、1月号より。WonderGOOの特典情報は1月号にあり)。

 ・「毛玉日和」1巻紹介ページ(MANGAOH CLUB)
  http://www.mangaoh.co.jp/catalog/206456/

 ・「毛玉日和」1巻紹介ページ(WonderGOO。1巻カバーイラストと同じ画像が載っています)
 http://e.wonder.co.jp/MxMDetail4/1/0/1/9784758080644/00000112/
 (K-BOOKSとWonderGOOのサイトには現時点では情報無し。
  ただし、K-BOOKS秋葉原店で買ったらA4サイズのペーパーをもらいました。)
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/381-8dad65ba
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。