スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららフォワード』2009年12月号感想

 2009-11-14
 先ごろ(11日)に単行本2巻も発売され、今月の26日にはドラマCDもリリース予定の『トランジスタティーセット~電気街路図~』。
 今号の作品は2巻にも収録されてました。なんて早業。
『S線上のテナ』(岬下部せすな先生)

 幽閉されているオスティナートを連れ出したデュオン。そして二人を保護しようと懸命に探し、追いかけるテナたち。

 そうした場面も緊迫感ある演出ですが、今回一番印象に残ったのは終盤、デュオンがオスティナートを自分の親友だと明かす場面でした。
 ただ、現時点ではそうなった詳細は不明ですけど、それは次回明かされるかと。
 
 デュオンが今の格好(ショートカットでボーイッシュな服装)である理由も語られますが、できればこれもページ数を割いてじっくり展開してもらいたかったです。
 オスティナートとの出会いに至るまでの一過程っぽいので、あまりページを使えなかったのかもしれませんけど……。

『トランジスタティーセット~電気街路図~』(里好先生)

 今回は、勘違いが生んだ悲劇(もしくは喜劇)とでも申しましょうか。
 事の発端は、さいりがすずとエミ太が一緒に歩いているのを見たからですが、ボーイッシュなエミ太を彼氏と勘違いしたのが何とも……(笑)。
 まあ確かにそう見えますよねw

 はじめはいつものように強気で勝ち気なさいりでしたが、(みどりのお店の制服に着替えるため)上半身裸のエミ太に抱きつかれたり、逃げ出そうとしたはずみで倒れこんでしまい、すっかり怯えてしまうのでした。
 これまで見たことのないさいりの様子に、すっかりドキドキしてしまいました(Sですいませんw)。

 その後すずがやって来るもまったく気にする様子もなく、続いてやって来たキリコもお店の制服に着替えるため服を脱ぎ出すので、さいりもこれから大人の世界が始まってしまうと思い込んで気を失ってしまいます。
 勘違いとはいえ、ちょっと可哀相ではありますね……。

 もっともその後は事情を説明され、みどりが悪いということにして彼女にコブラツイストをかけるまでに復活しますけど(笑)。

 でも一番可哀相なのは、上半身裸だったのに男と思われていたエミ太なのですけど(笑)。生きろw

『執事少女とお嬢様』(真田一輝先生)

 前号、沙綺への不満がつのりつつある中、ちょっとした事故でお酒を浴びてしまったひなた。
 お酒をかいだだけでもよってしまう体質だけに、酔っぱらいモード全開となり沙綺に向かって不満もドSモードも全開になってしまうのでした(笑)。
 
 酔っているとはいえ、主人である沙綺に不満をぶつけたり、沙綺が姉を盗撮している事などを明かそうと脅したりと言いたい放題のひなたですが、それでも沙綺が大好きだと言って抱きしめるあたり、いい場面だと思いました。少しですけどw
 意外と沙綺は打たれ弱いのでしょうか?

 ただ、沙綺がひなたに対して冷たい態度をとりがちだった理由も、序盤でさり気なく、終盤ではっきり明かされていて、一概に沙綺も悪い人ではないことが語られているのにはほっとしました。
 急に自分に執事がつくと言われても、戸惑ってしまうでしょうから……。

 本筋とは離れますけど、沙綺の姉・沙織と彼女に仕える陽菜のやり取りから、しっかりしているように見える沙織も実はそうでも無いのが明らかにされてしまいます(笑)。
 二人ともいいコンビ……いや、カップルだと思いますw
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/376-8f0f45c7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。