スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムラブリー』’07・7月号感想

 2007-06-22
mtl20070613.jpg
・『うさぎのーと』(師走冬子先生)
 扉のうさぎ先生、やけに格好いいんですけど。
 気分は木枯し紋次郎(古くてすいません)
 フットワークは軽いのに、「メチャクチャ運痴」とは。

・(新連載)『どこ行く?』(鳴海柚来先生)
 今までも掲載されていたけれど、今回から新連載ですか。
 一人暮らししていると、散らかし気味にはなりますね~。
 片づけ中のまんが読み、知られたくないものの発掘という定番(?)ネタを交えつつ、謎のアイテムなどのネタも加え、「そう来たか!」と思ったりしました。

・『レモネード』(しおやてるこ先生)
 これまでの険悪な雰囲気から急転直下。
 一気に問題解決…のように見えますが…
 もう一波乱起きそうな感じです。
 最後のコマの台詞から、百合方面を連想しないでもないですが、実際はどうなるのでしょうね…?

・(新連載)『ミニっき えにっき』(ナントカ先生)
 どこかで見たことあるキャラだなあ、と思っていたら、どうやら
 以前(多分「ラブリー」で)ゲスト掲載された『新釈ファンタジー絵巻』関連の作品らしいです。
 他愛ないといえば他愛ないお話ですが、「夢」が感じられる温かみある作品だと思います。

・『夜明けのダンディー』(しまこ美季先生)
 相変わらずテンションの高さとゆるさが同居する作品です。
 今回特に面白いと思ったのは、安藤君の災難話。
 「裸ネクタイ」に「OLスーツ」で外出とは…w
 最初と最後で正反対の主張をする女子二人も笑えます。

・『わいるど・わんだふる』(笹野ちはる先生)
 いくら元野生児とはいえ、3階の窓から入るとはw
 しかも猫より記憶力が乏しいとはw
 でもあれは私もメモなしで記憶するのは無理です(涙)。
 (80円切手10枚とハガキ20枚と収入印紙が~)
 世間ズレしていない主人公と、世渡り上手の先輩(三葉さん)の対比、という構図もこれからのお話に関わるのかな?
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/36-12d473e7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。