スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

4コマ夏幾つ?(2009年度編)

 2009-09-03
 昨年、すいーとポテトさんが企画された【「これ好き」を】4コマ漫画ナツ100【さらけ出せ】が面白そうという事で参加しまして、とっ散らかった記事を書いてから早いもので1年近く経ちます。
 今年もすいーとポテトさんは企画を立てている(4コマ漫画ナツ10 ~マイナーとかこまけぇことはいいんだよ!!~)のですが、自分にはハードルが高いな、ということで今回は見送りました。

 でも何か書きたいので、昨年の企画をアレンジしてみました。
 ルールは簡単で、昨年記事を書いて以降から、この記事を書いているまでに、新たに私が好きになった作品(単行本化されている、いないに関わらず)を挙げてゆきます。
 ですから、古めの作品(単行本)でも平気で挙がっているかもしれません。
 ちなみに昨年の記事で挙げてない作品に限ります。そのために昨年よりはだいぶ少ないです。

 (作者名50音順での紹介です)
『未確認で進行形』(荒井チェリー先生・『4コマKINGまんがぱれっと』連載中)
 主人公・小紅が16歳の誕生日に、突然許婚と姑がやって来てさあ大変、なコメディ作品。
 最初は姑を自認する見た目幼女・真白の性格のキツさが気になっていましたが、次第にかわいらしさが出るようになってからは好きになってしまいました。
 実は小紅と同学年(実年齢は不明ですが)という、驚愕の事実が発覚しますが(笑)。

『せいなるめぐみ』(荒井チェリー先生・『まんがタイムきららキャラット』連載中)
 これも好きなので、何が何でも書きます。
 お嬢様な家の出なのに、そうかんじさせない聖ちゃんが面白すぎて(笑)。
 さらっとオヤジな下ネタ気味な発言をしたり、聖の面倒を見ている大好きな恵(男性です)限定でドMになろうとハァハァしたり跳ばす所が大好きです!
 最近登場した、聖をライバル視するお嬢様・乙女ちゃんが見せるギャップ(表向きは穏やか、内心は腹黒い)も面白くて面白くて。

『おとぼけ課長』(植田まさし先生・『まんがタイム』連載中・単行本多数)
 何を今更、な定番作品ですが実は最近まで読んでなかったり。
 余談ですがkoabeさんとともに略称を「OK」として、それを普及させようと目論んでいたりいなかったりします(笑)。

『Toらいん・あんぐる』(神崎りゅう子先生・『4コマKINGまんがぱれっと』連載中・単行本1巻・以下続刊) 
 単行本の冒頭では割とシリアスですが、それ以降はコメディとなってます。
 漢に憧れる凛々しい少女・夕雅が見せる、少し世間知らずゆえのボケが笑えます。
 夕雅のクラスメートたち(沙智、杏慈恵、あんずなど)も愉快だったり。
 最近では夕雅に近づく謎の少女(見た目美少年ですが)礼音も登場して、少しミステリアスに。

「うちは寿!」(小池恵子先生・『まんがくらぶ』連載中?・単行本1巻以下続刊)
 掲載誌は買っていないので現在も連載中か分かりませんが……。
 竹を割ったようにさっぱりした万理さんの豪快さも好きですが、地味ながらも場を引き締める存在感の美鶴さんも密かに好きだったり。
 ちなみに万理さんが、同じ作者の「Spring!!」(まんがタイムコミックスで1巻出てます)に出てくる、しっかり者の出来るキャリアウーマンと同じと知って軽く驚いたものです。
 ここでの万理さんは家事がまるでダメでズボラな女性ですから……(笑)。

『よせ☆あげ』(笹野ちはる先生・『まんがタウン』連載中)
 下着デザイナーの卵、ほのかさんよりも周りの人たちが愉快な作品。仕事はできるけどガサツな楓さん(巨乳ですw)もいいですが、普段はおっとり気味ながらもたまに怖さを見せる京子さんが好きです(笑)。途中から登場した、自称ほのかのライバル・瑠璃華様もいいボケかましてます(笑)。

『warning!』(寺本薫先生・『4コマKINGまんがぱれっと』連載中)
 現時点では集中連載という事ですが……。
 憧れのおもちゃメーカーに入社したナオさんが、ひと癖ありそうな先輩たちと、ナオに一目ぼれした藤井さんとともに繰り広げるコメディ。
 奔放な性格のトオルさん(巨乳w)、物静かにしてちょっと怖いシノさん(百合な人?w)が面白くて好きです(笑)。
 なお10月号にて、藤井さんについて驚愕の事実が判明するのでした。そう来るとは……!

『氷室の天地 Fate/school life』(漫画:磨伸映一郎先生/原作・監修:TYPE-MOON・『4コマKINGまんがぱれっと』連載中・単行本1・2巻・以下続刊)
 元となっている「Fate」については知らないのですけど、それを抜きにしても笑えます。
 冷静ながらも可笑しみを生み出す氷室さんを中心に、みんな自分勝手なことを言ったりしたりしてますから(笑)。

『にゃんことカイザー』(珠月まや先生・『4コマKINGまんがぱれっと』連載中・単行本1巻、2巻・以下続刊)
・人の言葉を話せる犬・カイザーの下ネタ炸裂が面白過ぎです。カイザーと一緒の3人の幼女もこれまた愉快。にゃんこちゃんの純粋さと天然にSなところ、りんごちゃんがにゃんこちゃんに密かに惚れているところ、からすさんの高みの見物的な余裕と落ち着きが上手くかみ合ったりローテーションを組んで登場したり。

『ふたりぽっぽ』(山口舞子先生・『まんがタイム』連載中)
 連載が開始されたばかりの作品。芳文社では初掲載?
 幼なじみというよりは腐れ縁な女子高生・こばととくるり。性格も運動神経も正反対な二人ですが、マイペースすぎるくるりに文句を言いながらも面倒見のいいこばとのやり取りが面白いです。
 ただ、くるりが少し自分勝手で腹黒く見えなくも無いので、そこが気になりますが……。そのあたりを上手くコントロールすれば、より楽しい作品になると期待してます。

【まとめ】
 
 メジャーどころが多いですね。本当なら将来性を重視したラインナップにできればよかったのですけど、残念ながら今の自分にはそうした見抜ける力も無く……。
 あといわゆる萌え系が殆どなのも、今の自分の好みを如実に反映してますね。
 来年の今頃も、またこうした記事を書きたいものです。どんな作品が挙がっているか、自分も楽しみです。
関連記事
コメント
ok! (^^;
しかし、いくつものok類似作品があったり、同じ時代を作り上げた作品があったりする中で、いまだに表紙&巻頭を飾っているというのはすごいですよね。
あと、新人賞のコメントが温かいのも人柄を感じます。
【2009/09/03 23:09】 | koabe #V4rYaZBU | [edit]
koabeさん、どーもです。

やはり「OK」こそ芳文社の真の大黒柱ですから(多分)。

>新人賞のコメントが温かいのも人柄を感じます。

ですね。良いところを伸ばそうとする温かさが漂いますね。
4コマ界を大事にしたい、という思いもあるからでしょうか。
【2009/09/03 23:35】 | らぷとん #dt4JMNiE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/351-dcf89196
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。