スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』09・5月号感想

 2009-03-31
 裏表紙(映画「ドラゴンボール エボリューション」関連グッズプレゼント)の広告がどこか胡散臭気です(笑)。
 本誌とは何の関係も無いですが。

『スーパーメイドちるみさん』(師走冬子先生)

 ちるみさんは、お花見の場所取りの下見から気合を入れる人です(笑)。
 さり気なく多くのキャラが登場していて、にぎやかな回だったりもします。

・1本目
 ちるみさん、場所取りの下見をするくらいなら、もう場所取りをした方がいいのでは(笑)。
・2本目
 怪力の持ち主・ちるみさん。
 桜の樹を倒さないようにするために、通りがかりの人に自分の手を縛ってもらおうとするなんて(笑)。
・3本目
 いつも公園で遊ぶちまき先生だけに、自分が遊ぶ遊具が取られないか気になるみたいです。
 思わず本音が出た後で、ムキになって子どもの心配をしなくてもw
・5本目
 昼間からビールを飲みたがる佐々木先生を、漆田さんナイスセーブ(?)。
 さすがのお酒好きの佐々木先生も、オレンジジュースの缶に移されたビールでは美味しく味わえないのでした。
 結構雰囲気を重視するタイプ?
・6本目
 綺麗な桜を見て、生徒たちと見たがる佐々木先生。
 本音は一人一本持ってこさせようとしてるのですが。お酒を(笑)。
・8本目
 今度は詩歌とちふゆさんが、散歩がてらのお花見。
 詩歌さまラブのちふゆさんにとっては、詩歌が髪飾りに見立てた桜の花よりも、詩歌さまのほうが可愛いのはわかりますけど、素直に微笑ましいと思えないのが……(笑)。
・9、10本目
 お互いの頭についた花びらを取りあいっこ……と思えば、ちふゆさんの頭についていたのは毛虫でした(笑)。
 素手でつかまえる詩歌もなかなかですね。幸い無事でしたが。
 やさしく毛虫を逃がすちふゆさんですが、毛虫が大嫌いでしたかw
 それだけに、ドスのきいた心の叫びがとても怖いです(笑)。
・11本目
 偶然出会ったちるみさんに駆け寄って、転んでしまった詩歌さま。
 ちふゆさん、ちるみさんを激しくにらみつけなくても(笑)。
 ちるみさんも災難ですw
・12本目
 これまた幸いに怪我は無く。
 靴が壊れたので、抱っこしようとするちふゆさん、「仕方ないので」と言いながら、ハートマークを漂わせているのはなぜ?(笑)。
 でもちふゆさんは修理が得意だけに、ちるみさんにそれを指摘されて直すハメに。
 今度はちるみさんが悪いかもしれませんw
・14本目
 お花見には興味無しの麗子さんですが、大樹たちがお花見するとなれば話は別でした(笑)。
 ちゆりさんをダシに仕方無しに参加する口調ですから。
 本当に面倒な人ですw
・15本目
 がんばってちゆりとふたりで場所取りしようとするちるみさん、5日も前から準備ですかw 
 中身の詰まった大きなリュックを用意しなくてもw

『はっぴぃママレード。』(北条晶先生)

 体力測定で大騒ぎ・大笑いの巻(謎)。

・1本目
 さなえさん、無事進級して2年生になりました。年齢も一つ増えてますが(笑)。
 気持ちは若い子にも負けていませんが、早起きに自信があると言うのは……w
 大崎さんに年(を取っているから)と思われているのが悲しいと言いますかw
・2本目
 さなえさんの握力の強さの秘訣は、特売品争奪戦で鍛えられたのでした。
 若いときは病弱だったというのが信じられません(笑)。
・4本目
 幅跳びにて。
 大崎さんは跳ぶときにおへそが見えて、男子ドキドキ。
 さなえさんはぜい肉が見えて、男子涙(笑)。
・7本目
 身体能力の秘密を探ろうとする吉村先生に、無理矢理くつ下を脱がされる早苗さんの姿がどこかアブナイですw
・10、11本目
 特売セールの嵐の中のさなえさんと吉村先生。
 人並みにもまれた先生ですが、特売品でないからとつかんでもらえずw
 でも98円の値札が付いた途端に軽々と助けられました。そんな(笑)。

『4コマの星』(藤島じゅん先生)

 以前『まんがタイムきららMAX』にて「きらきらきら」というタイトルで連載されていた作品が、最近『まんがタイムオリジナル』でタイトルを変えて復活、このスペシャルにお引越しとなりました。
 主人公のからす丸のどうしようもないだらしなさは、この作品でも変わっていませんでした(笑)。

・3本目
 売れっ子漫画家の雪うさぎ先生、食べ切れない読者からの差し入れを、からす丸たちにあげないでくださいw
 しかも「賞味期限」でなく、「消費期限」の切れたお菓子を(笑)。
・6本目
 怒りまくる元同級生の編集者・ぎがの神経を更に逆なでする、からす丸の言葉。
 この二人のやり取りも変わっていませんね(笑)。
・7本目
 苦労しまくりのぎがに、からす丸も感謝していますが方向に問題が。
 下ネタはぎがが考えた事にしてると言われたら、ぎがも泣くはずです(笑)。
・9本目
 怒られまくりのからす丸を助けようと、アシスタントのあいしーちゃん、短冊に願い事を書いて七夕の日にお願い……ずいぶん気が長いですw
 アシスタントですから直接的に助けてあげてください(笑)。

『幼稚園ぼうえい組』(テンヤ先生)

 相変わらず何でも食べ物に結びつける桃ちゃんが愉快です(笑)。

・9本目
 3コマ目の口いっぱいに食べ物を入れて食べる桃ちゃんの顔が笑えます。
 本当に幸せそう(笑)。

『えすぴー都見参!』(岬下部せすな先生)

・1本目
 具体的な名詞が出なくても分かり合える都と直人。本当に仲いいですね。
 特に都の幸せそうな表情が素敵です(笑)。
・2、3本目
 都も直人も並木も一人っ子ゆえに兄妹をうらやましがる中、そんな彼らを冷めた目で見る巣鴨w
 上に3人の姉がいるとのことですが、パシリ状態だからでした。
 姉と弟の関係だと、姉の方が立場強いらしいですね。実際。
 3人もいるとなると、本当に可哀相ですw
 何だか昔、萩岩睦美先生の作品で3、4人の姉にパシられる少年が出るお話があったような……(脱線)。
・4本目
 姉たちに使われる反動で、「スレてないピュアな子」を求める巣鴨でした。
 そんな人はまあいないと思いますが……w
・5本目
 二次元にそういう子を求めた事もあったそうですが、現実に戻った時の反動の大きさに気づいてから、やはり3Dを求めてやまないのでした。
 直人も思わず涙しながら励ましてますが、そんな人は(ry
・7~9本目
 一家揃って質素と言うか倹約家な直人の家族。
 直人の母は社長婦人なのに、チラシの裏をメモ用紙にしていますし。
 このまま質素でいてほしいですw

『ゆたんぽのとなり』(吉谷やしよ先生)
 
 バイトを始めようと思い立ったゆたんぽさん。オチに思わず椅子からずり落ちそうになる脱力感を感じました(笑)。

・2本目
 アルバイトの始め方が分からなかったというゆたんぽさん、旅行で宇宙に言った事は履歴でも経歴でもないと思いますw
・6本目
 ゆたんぽさん、魚屋さんでアルバイト。
 次々飛び交う注文の中、「キス下さい」と頼むお客さんのおでこにキスしたのでした。
 ゆたんぽさんにしてもらうならいいじゃないですか(笑)。
・7、8本目
 料亭からの聞きかじりとはいえ、魚介の知識はあるゆたんぽさんを見て、結婚したいと冗談を言う魚屋のご主人に怒ったのか、奥さんがゆたんぽさんに結婚しないかともちかけてますw
 そしてゆたんぽさん、奥さんからの伝言を伝え間違えて、ご主人驚愕。
 「一服しよう」を「一服もります」と伝え間違うのもどうかと思いますが(笑)。 にこやかに語尾にハートマークつけているのが……w
・11本目
 バイトが終わり、一緒に帰る祐二たちが見た新発売の化粧品のCMに出ているのは、どこかで見た人。
 それを見たゆたんぽさんからは、そのCMの商品が。
 ゆたんぽさん、モデルをしていたのなら、別にアルバイトする必要なかったのでは(笑)。

『ふたご最前線』(辻灯子先生)

 小学1年生になった北斗と南帆ですが、クラスは別々でした。
 今まで一緒だったがゆえの弊害も出ていますが、それは薫さんにも言えるのでした。
 頑張って下さい(笑)。

・1本目
 環境が変わったことでいろいろ憂うつな南帆ちゃん、その原因のひとつに北斗くんが自分の体育着をたたんでくれないからというのは……(笑)。
 北斗くんがそうしていたのは、先生に気づかっていたからですか。先生も北斗くんも大変でしたね。
 南帆ちゃんは、早く自分の事は自分でできるようにしましょうw
・2本目
 ふたりの連絡帳を見た薫さん、クラスが別々なので手間も倍になってしまいました。
 だからといって抗議に行かないで下さい(笑)。
・3本目
 忘れ物のチェックも大事です。
 ふたりは大丈夫でも、薫さんは裁縫が苦手なのか道具袋をまだ作れていないのでした。頑張って下さいw
・5本目
 同じ幼稚園からの子が多いというのは、安心できる反面、新しく一緒になった子には知られたくないことを言いふらされる危険もはらんでいます。
 ブランコから落ちて、鼻血を出した事を言われてしまう北斗くんでした(笑)。
・6本目
 隣のクラス(2組)の南帆ちゃん、北斗くんがいなくても服をたたんでくれる男子がいたのですが、なぜか遠慮してます。
 雑にたたまれるからでしたかw
・7本目
 南帆ちゃんと同じクラスの女の子・弓削晶ちゃんと仲良くなれてよかったですね……とはちょっと素直にいえなかったり。
 南帆ちゃんの服をたたもうとする男の子・桂介くんと付き合っていると思われた南帆ちゃん、話題をそらすために、桂介くんに弓削ちゃんの服をたたませるのでした。
 南帆ちゃん流の、親密度の高さを示す行動なのでしょうか。
 だとしても弓削ちゃんには迷惑な話ですが(笑)。
・8本目
 弓削ちゃんとは、帰り道が途中で別れ別れになるので寂しくなる南帆ちゃん。
 大声で別れの言葉を言って寂しさを紛らわしたり、友達の声が聞こえるところでしゃがみこんだりするのがいじらしいといいますか、かわいいといいますか。
 北斗くんは冷静な突込みを入れてますがw
・9本目
 子どもたちの宿題を手伝うのが夢だったパパさん、ママさんの手伝いする羽目になるとは思わなかったでしょうね。
 子どもたちの道具袋(?)、一応子どもつながりではありますが(笑)。

『なでしこ3on3』(秋吉由美子先生)

 短大時代のバスケ部の同窓会に出た玉緒さんメインのお話。
 すっぴんに普段着で出てきた自分と、きれいに身支度しているかつての仲間たちの違い以上に、自分以外はバスケがらみの事をしている立場の違いを大きく感じる事態に出くわしてしまいます。
 それが玉緒さんを少し落ち込ませたりもしますが、自分で決めた事を後悔していないのが救いでしょうか。
 
 監督も姿を見せる新入生歓迎会に参加した玉緒さん、同窓会での反省を生かしたのはいいですが、気合入りすぎのメイクと和服姿に、新入生に「どこかの姐さん」と思われてしまったのでした。
 両極端ですね(笑)。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/308-0a29b81c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。