スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきらら』09・3月号感想

 2009-02-20
『あっちこっち』(異識先生)
 時代は今、クマさん(たぶん)。ほら、『あさぎちゃんクライシス!』(弓長九天先生)にもラブリーなクマさんが出てきますから。
 クマの着ぐるみを着た真宵、大活躍。榊は大惨事。
 その後担任の先生も被害に遭ってますがw

・1本目
 雪が積もった朝、そりを引く二足歩行のクマがいたらシュールです。
 その正体はくまの着ぐるみを着た真宵でしたが。
・3本目
 つみきが考えていることを想像する真宵ですが、「早く伊御――の アタマをマルカジリ」は無いです(笑)。バイオレンス。
・4本目
 つみきを驚かそうと勢いよく飛び出した真宵、完敗。
 冷めた目で見られるし、いろいろパフォーマンスしても無反応ですし。
 これはもう相手が悪かったとしか(笑)。
・9、10本目
 榊を驚かすため、つみきの案が採用されたのですがこれまたシュールで怖いです。 つみきに思い切り蹴られた真宵が乗ったそりが石にぶつかり、真宵が榊を直撃してます(笑)。榊は血を吐いてますしw
・11本目
 とっさの出来事でも割と冷静に事故の状況を話す榊。
 それだけ冷静なら、頭は大丈夫だと思います(笑)。

『かなめも』(石見翔子先生)

 ごっこ遊びに興ずるかな&みかと、ひなたたち。平和ですね(笑)。

・1本目
 うちにはコタツが無いのですけど、「コタツの魔力」はすごいらしいですね。
 心地よい温かさに、ミイラ取りがミイラになったユメなのでした(笑)。
・2本目
 コタツに取り込まれた(笑)ユメを助けようとするユーキたちですが、ひなたとはるかさんは自分たちもコタツに入る準備万端でしたw
 ひとりユメを助けようと必死なユーキさんは大丈夫でしょうかw
・3、4本目
 ユーキさんはユメの気持ち良さそうな寝顔に魅入られてピンチw
 ひなたとはるかは元から助ける気も無いので、ジ・エンド。
 何て頼りないパーティー(笑)。
・5~7本目
 場面は変わり、おつかいのかなちゃん。
 公園で見かけたみかちゃんは遊具に乗ってノリノリです(笑)。
 かなちゃんの何か言いたそうな笑みがまた笑えますw
 見られたくないところを見られて焦るみかちゃんですが、もうアウトです。
 かなちゃんの優しくも生暖かい言葉と笑みが愉快です(笑)。
・10本目
 なぜかエア自転車対決をする二人。
 遊具に乗るのもどうかと思いますが、エア自転車もどうかと……(笑)。
 そして再び生暖かいかなちゃんの笑みw
・12本目
 かなちゃん、まだ免許持ってないのに道路交通法に詳しいです。
 交差点で一時不停止のみかちゃんに減点1ですからw
・13本目
 興が乗ってきた二人ですが、なぜかかなちゃん車に引かれた演技を(笑)。
 そんなことをする必要があるのでしょうかw
・14本目
 薄れ行く意識の中(もちろん演技です)、みかちゃんに最後の願いを託すかなちゃん。
 明日のゴミだしを頼むスケールの小ささが笑えます(笑)。
 (タイトルは)どこのジーパン刑事ですかw
・15本目
 再びコタツパラダイスへw
 目覚めた姫こと代理が、ごっこ遊び継続中のひなたに容赦ないツッコミ(笑)。
 さすが代理、いつも冷静です。

『ふおんコネクト!』(ざら先生)

 バレンタインデー悲喜こもごも物語。
 告白されたやわらの変貌振りが今回のMVPです。惚れました(笑)。

・1、2本目
 いろんな悪い方向の連鎖で、教室のエアコンマックスとなりチョコがとけてしまったのでした。半分は遅刻で急いでいた夕先生が悪いのですがw
 犯行を隠すため、クラスの誰かのせいにしようとするあたり姑息ですが、しっかりばれました。
 教壇の後ろにとけたチョコ入り紙袋があるわ、そばにバケツ&ぞうきんがあって、ツメが甘かったですね(笑)。
・3本目
 女子が意中の人のために用意していたチョコも台無しになったのですが、超高級チョコばかりだったようで。
 お返しの事を考えれば、男子が夕先生のした事を称えるのはわかる気がします。
 「9個入り8200円のチョコ」のお返しって……(苦笑)。
・4本目
 女子の事を考えた夕先生、職権乱用的な力技で解決。
 校内放送を使って男子を呼び出し、女子に告白させるのですから(笑)。
・5本目
 もてる男はつらいよ(いろんな意味で)。
 チョコをもらうだけもらって、「一番カワイイ子」を選ぼうとしていた男子ですが、しっかりと予防策がとられていたのでしたから。
 某理事(交流ですよね)から2万円のチョコが用意されたとか、6万円の品が一つだけ支給されるとアナウンスされますし。
 告知するふおんも、ちゃんと相手をわかって忠告していたり。
 乙女の真剣さを軽く見る男子には、これくらいのことは当然かと。
・6本目
 バレンタインイベントとは「蚊帳の外」な交流たち。
 元巻さんは「男の子に幻想無いので」とはいうものの「現実の」という言葉がつきますよねw
 有名ライトノベルの美少年キャラクターには、幻想を持っていたことがバラされてしまったのでした。可哀相w
・7本目
 秘密をバラされて軽く壊れてしまった元巻さん。負けるなw
 場面は変わり、「猫をはいでくる」と告白待ちの列に並ぶふおん。
 のんきにチョコを食べるあたりが何ともw
 列に並ぶ女子たちの本音トークをわざわざ男子に伝えるためでしたが、いいのかそうでも無いのか微妙です(笑)。
 4番の女の子はいい子ですね。
・8本目
 入学時に交流にお世話になった1年生の女の子(名前失念)、交流に告白するも無残な結果に終りました。
 交流も相手が怖がるほど容赦なく攻めなくても……(笑)。
・9本目
 交流へ「逆チョコ」する男子ですが、ただの変態さんでした。
 (溶かした)手作りチョコをたらしてくださいって(笑)。
 想像図で交流が持っているお鍋に「U-1000」とあるのですが、湯せんのことでしょうかw
・10本目
 わんぱくっ子のやわらにも告白が。
 慣れないことにうろたえる様子がかわいらしいですが、銀紙を相手の口にねじ込んで電流を流そうとするのは止めましょう(笑)。
・11本目
 本当にやってしまったのでした(笑)。
・12、13本目
 相手の気持ちを受け入れるかどうか悩むやわら、外見も言葉遣いもいつもと変わりすぎです(笑。いや、笑う所ではないか)。
 無造作気味の髪もつややかサラサラに、言葉遣いもおしとやかですし。
 相手はいつものやわらが好きだったみたいで、結局なかった事になったのですけど、変わってゆくことをいとわないやわらの思い切りのよさは、ある意味彼女らしいのかな、とも思ったのでした。
・14本目
 イベントが終わり、いろいろあった(主に敗者)人たち。
 7本目でふおんに本性を知られてしまった6番の子も……w
 8本目でこころに傷を負った(笑)1年生の女の子は主任先生に慰められたり。
 あぶれ者どうしをくっつけようと生き生きしている舞先生は、夕先生に「やり手ババア」呼ばわりされてます(笑)。
 そして懲りないもてまくり男子。やわらの鉄拳制裁に気をつけてください(笑)。

『うぃずりず』(里好先生)

 いろんな意味で存在感はあるほうだと思っていたリズの担任・榊原先生ですが、いなくても気付かれなかったのでした。哀れ。

・1本目
 一日中いなかったのにいないと気付かれなかった榊原先生。
 すいません、私も気付きませんでした(笑)。
・2本目
 ひのきは朝、先生を見たのですが、場所は保健室。
 貧血で保健室に行ったとなれば、クラスメートでなくてもざわめくでしょう。
 いつも元気有り余ってますからw
・3本目
 話を良く聞けば貧血ではなくて消化不良だと思うのですが(笑)。
 朝ごはん5杯も食べて、猛ダッシュだったなら……w
・6本目
 先生が保健室にいる原因でもめる人たちを見事におさめた委員長。
 そしてヘコむ桜先生(笑)。
・7本目
 委員長の提案で、先生に寄せ書きを。
 でも「元気でね」とか「今までありがとう」って別れの言葉(笑)。
・9本目
 昨日もいなかったのに、それすら気付かれない榊原先生。
 桜先生も泣くはずです(笑)。
 タイトル(ステルス先生)も秀逸ですw
・11本目
 保健室で保健の先生から話を聞いたリズたちですが、先生が泣いた原因が明らかに。
 保健の先生がなじったからでしたが、「いい表情してたね…」って(笑)。
 Sな人ですねw
・13本目
 桜先生ひとりにはまかせられないから、と病み上がりをおして出てきた榊原先生ですが、桜先生だけでも問題なかったことは知られてはいけませんよね(笑)。
・14、15本目
 無事完治した榊原先生、いい笑顔ですw
 でもいない間に起こっていたことは知られてはいけません。
 生徒たちからの寄せ書きに感激していますが、真相は知られてはいけません(笑)。
 しかし寄せ書きの中に「ファミコンのカセットかえして下さい」とあるのが気になります。今でもファミコン……?w

『PONG PONG PONG!』(リサリサ先生)

 生徒会の高坂先輩(女子)の、リコへの偏愛ぶりが笑えます。若干変態よりですがw

・12本目
 リコを泣かせた裕太をうらやましがる様子がヤバイです(笑)。
・14本目
 リコのためにクリヨーカンまるごと一本与える高坂先輩。
 太っ腹ですが、食べさせ方もどうかと思います。
 真由に「この人犯罪者寄りだ…」と思われてますから(笑)。
・15本目
 和気あいあいの女子たち、ひとりのびる裕太。思い切りハブられてますね。
 強く生きてくださいw

『三者三葉』(荒井チェリー先生)

 薗部さんの企みで着々と進められる、葉子さまと辻(妹)ちゃん(そしてその仲間たち)の交流パーティー計画。
 しかし根本的なところでつまづく薗部さんでした。意外に詰めが甘い?

・1本目
 辻兄妹と遊ぶことを葉子さまに提案する薗部さん、単に自分が楽しみたいだけでした。
 本当に楽しそうです(笑)。
・3本目
 一応高圧的だと自覚している葉子さまを、薗部さんフォローになってないフォロー。
 その言葉に「いい顔で」同意する山路。
 普段仲悪いのに、この時だけはいいコンビネーションです(笑)。
・5本目
 葉山さん、辻(兄)の想いを受け止める気は全く無いなんて。
 「場外ホームラン打つわ!」って(笑)。しかもいい笑顔でw
・8、9本目
 廊下でバッタリ葉子さまに出会ってうろたえる小芽が可愛いですw
 それを見て、日頃の自らを省みる葉子さま。成長しましたね。
 そんな葉子さまに血圧急上昇で倒れる小芽ですが、これまた可愛らしいです。
・11本目
 万全に見えた薗部さんの計画も、自分はお店に出る必要があるために自分では見届けられないという罠。根本的なところを考えていなかったなんて……(笑)。

『さくらりちぇっと』(月見里中先生)

 さくらにプレゼントしたいものがあるからと、ウエイトレスのバイトをすることにしたいちじくさん。
 その練習をさくらの家でするのですが、注文時に品名を歌わなくてはいけなかったりとお客さん本位と真逆の方向性なのが困ります(笑)。

・1本目
 未成年のわんちゃんにタバコを吸うかどうかを尋ねるのもどうかと思いますが、つっこみをやめるかと尋ねるのも愚問だと思います(笑)。
・4本目
 接客の練習ではなくて、コントの練習をするというのも間違ってます(笑)。
 ツッコミ役として頼られるわんちゃんでした。
・5~7本目
 注文するのに料理名を歌わないといけないのも困ります。
 律儀に歌うわんちゃんも人がいいですね(笑)。
 大きな声でとか言われたり、大声で歌えば「店内大騒ぎです」と言われたりと散々ですw
・10本目
 ウェイトレスなのに一緒に食事してます(笑)。
・12本目
 いちじくさんがわんちゃんに渡した謎のスクラッチカード。
 削って出てきたのは「思いきってBまで」。
 さくら用のだそうですが、何でしょうね、これ(笑)。
・13本目
 気を取り直して削ったら5000円当たり。
 使えるのは次回からといっても、もう一回練習するつもりでしょうか。
 こんな疲れるファミレスの練習につき合わされるのは勘弁してくださいw

『二丁目路地裏探偵奇譚』(コバヤシテツヤ先生)

 神父の投げた屋根からの雪に埋もれて服がぬれてしまったショコラ。
 アリスに好き放題に着せ替えられたり、髪形をいじられたりしてますが、それがきっかけで女の子らしさを見せるところがいいですねー。
 そして責任を取ってショコラの替えの服(下着込み)を取りに行った神父の運命や如何に(笑)。

・4本目
 ショコラの着替えを取りに行くことになった神父でした。大丈夫でしょうか。
 ショコラも心配してますw
・7本目
 ショコラの住む家兼探偵事務所に辿り着いた神父ですが、ようやく自分がすることに気付いたようで。
 寒風吹き付ける中固まってますが「下着…」とつぶやくのは危ないです(笑)。
・10本目
 アリスの服を着るショコラ、「胸部のフザけたスキマ」が気になってます(笑)。
 落ち込んでも仕方ないですけど……。
・11本目
 そしてショコラの服を着るアリス。胸の部分が伸びるからと脱がしにかかるさまが悲しくもあり、可笑しくもあり。諦めましょうw

『-そら-』(白雪しおん先生)

 夜の配達のお仕事。
 すっかりコメディ要員と化したイルマさんが不憫でもあり愉快でもあり。
 小さい方のマーシュも頑張ってます。眠ったりもしてますが(笑)。

・2本目
 以前ちらっと登場した夜間配達のポスターが、再び登場するとは(笑)。
 夜間だけに「ヤカン」の絵が描かれているやつですw
・5本目
 ぐっすり眠る小さい方のマーシュが可愛いです。
 眠る時間なのに夜間配達の仕事をするのは、真面目なのかそうでないのかw
・6本目
 夜・暗い中の仕事だけに、明かりは必須。
 ソラとエルデはランプですが、どうしてイルマさんはろうそくを……。
 しかもどう見ても丑の刻参りのスタイルです。髪の毛が口元にかかっていたりしますし(笑)。
・9本目
 ひとり夜の空気を味わうイルマさん。
 格好良く決まってると思えば、水面に放り出されていたのでした。
 ろうそくも消えてますw
・10~12本目
 ソラの驚きから始まった恐怖伝説w
 驚いたソラが落とした荷物がエルデにぶつかり、慌てる所に謎の声が。
 その正体は水につかったままのイルマさんの声でしたがw

『メロ3!』(野々原ちき先生)

 スズメのお嬢様威力炸裂の回。
 お金でトラブルを解決しようとしたり、メイドさんにお茶を振る舞ってもらったり(学校の中なのにw)、ポン太に好きだと言われたと思って(実際は勘違いですが)勝ち誇った高笑いを披露したりと愉快です。一歩リード……できたのでしょうか(笑)。

 その一方で、自分がしていることが正しいのかどうかわからず困るスズメに、やりたいようにやればいいとアドバイスするポン太も、自分の言葉から自らを省みたりと変化を予感させる場面も。何がベストな生き方なのかはなかなか分からないものです。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/291-843a11a0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。