スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムジャンボ』09・2月号感想

 2009-01-12
 『江戸川スイートエージェンシー』(弓長九天先生)が4コマで新連載です。
 ある意味パンツマンガです(違)。
『ひまじん』(重野なおき先生)

・3本目
 合コンの引き立て役に誘われた倉田さんの圧倒的勝利に泣く理沙ちゃん。
 気が利いて、料理もできて趣味も合ったら、男性も気に入るはずです。
 理沙ちゃんも泣く暇があれば頑張ってください(笑)。
・5本目
 拾ったおわんを理沙ちゃんに使わせるつぐみがひどいです。
 知らぬが何とか、ですね。
・6本目
 4コマ目の理沙ちゃんの表情が好きです。焦ってますが。
 ストリートビューは、今のところ都市部しか対応してないんですよねー。

『天使な小悪魔』(芳原のぞみ先生)
 バレンタインデーに向けて必死なマリリン。

・1本目
 「バレンタインデー攻略法」特集の雑誌に付せんつけまくりのマリリン、気合い入り過ぎです(笑)。
・3本目
 相手がモテまくりのホスト・幹ですから、プレゼント選びも難しいです。
 目を付けたものは大抵送られてますし。しかも高価なブランド物ばかり。
・5本目
 ホストへのプレゼントを相談された蝶子さん、みるみるうちに怖くなってます。何があったのやら。
・6本目
 蝶子さんから語られる言葉はやけに凄みがあるのですが(汗)。
 しかし娘さんにあっさりはたかれてます(笑)。
・7本目
 「懐かしい黒いものが流れ込んできて」って何でしょうね。
 あまりの言われようにマリリンも泣くはずです。
・8~10本目
 何をあげるか悩んでいる所に、当の幹がご来店。
 悪気がないとはいえ、チョコを食べたくないというのを聞けば、マリリンも切れるはずです(笑)。
 まるちゃんからも、もらえるはずのチョコを食べられてしまったのでした。
 タイミングが悪かったです。

『ダブルパティシエール!』(野広実由先生)

・2本目
 手馴れた手つきで簡単そうに行われるのを見ると、自分もできると思うものです。
 でもまだ新米のかほちゃんには無理でしょうね(笑)。
・4本目
 チョコのアジには厳しいはずのマスターも、娘が作るチョコが世界一ですか(笑)。
・5本目
 先輩の堂本くんも失礼なことを言いまくりです。
 せっかくかほちゃんがチョコをあげようかと言うのに、おっぱいチョコや本物にコーティングしてあるのがいいとかって(笑)。
 かほちゃんのは却下と言われれば、殴られても仕方ないですw
・6本目
 手作りのチョコは、単に溶かしたものを型に入れて固めるだけでは無いのですね。
 そのままだと物すごく硬くなるみたいです。
 厚さ5センチもあれば、アゴも砕けるはずです(笑)。

『Boy's たいむ』(藤凪かおる先生)
 大雪でひと騒動のまき。雪国以外ではまず無いかもしれませんが、気をつけましょう。

・4本目
 ひろむを迎えに寮を出た龍太郎と置島ですが、トイレにいるのは……寮長?
・5本目
 合流できた喜びもつかの間、電車が大雪で全部運休(笑)。
・6本目
 考えることは皆同じ、喫茶店もカラオケも満員。空いていたのがホテルはホテルでも……(笑)。
・8本目
 背に腹は変えられず、買ってきたトイレットペーパーで暖を取る3人でした(笑)。
・9本目
 ヒッチハイクもままならず。
 ひろむのお色気で止める作戦でしたが、タクシーなら無意味(笑)。
・10本目
 乗ってから30秒で着くなんて……。
・11本目
 一番の被害者は寮長でした。早く見つけてください(笑)。

『ただいま勉強中』(辻灯子先生)
 美術部員の山田さんが、たくさんお弁当を持ってくる理由は?
 純粋に自分が食べるためでもあるみたいですけど、やっぱり好きな先生に渡すためみたいでした。青春ですねぇ。

・1、2本目
 お弁当が2つあるのが見られた山田さん、もっともらしい事を言いますが、飛鳥ちゃんには通じず? 3つ目も発見されました(笑)。
・3本目
 さらには友人から購買のパンも買ってきてもらったのでした。食べすぎ?
・4本目
 体を動かさなくても、頭を使えばお腹が空くものですけど、2食分食べてしまうのでは……(笑)。
・5本目
 外で絵を描いていたら、真島先生から誉められた山田さん。
 でも途中で相手が変わり、誉めてもいなかったのでした。
 外で何か食べていて怒られたのは……渡来先生?
・7本目
 山田さんが、冬の光線の移り変わりの早さを嘆いたり、上手く絵が進まないあたりには、しみじみとする情感があります。
 強風に絵を飛ばされてしまって、コメディになってしまいましたが(笑)。
・9本目
 山田さんが用意していたお弁当は、真島先生のためのものでした。
 先生が食べ損ねることがあるのも調査済み。
 そのあたりは気付いてもらえないのに、蹴った小石が先生に当たるのは気付かれるのでした。負けるな。
・11本目
 寒くて強い風が吹きすさぶ中、絵を描いても上手く行かずに落ち込む山田さん。
 でも絵が好きだから続けられるのでした。あとお弁当作りも。
 ちょっといい感じの余韻が残るお話でした。

『ちょー!えど幕末伝』(みずなともみ先生)

 自由すぎる上さまと局長・近藤さんが愉快です。

・1本目
 スリはスリでもぱちんこ相手には使わないと思います(笑)。
 局長がこんなので大丈夫でしょうか。
・2、3本目
 土方が新選組に入ったいきさつが。
 強盗が入ったところ、駆けつけたのが局長だったのですが、既に土方が捕まえていたのでした(笑)。
・8、9本目
 子ども時代の上さま、既に奔放です。
 局長とも既にこのときに出会うのですが、お互いに名前も知らないままでしたから、局長も上さまを美化(?)しています。想像図にはひげが生えてますが(笑)。
 その想像図に、ぱちんこが当たるよう祈る局長もどうかと思います(笑)。
・11本目
 DSっぽいもので遊ぶ上さま、自由ですね(笑)。
 新選組と名付けたのは上さまでしたが、食べていたお菓子の名前から名付けたなんて。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/280-42cf8fc4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。