スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららMAX』09・2月号感想

 2008-12-21
 『レンタルきゅーと』(白雪しおん先生)が連載化なのが嬉しいですねー。
 
 気のせいか、カオスな方向に向かっている気がしないでもない、今月のMAXです。
 新連載の『つばき絶対数値』(かぐらゆうき先生)は百合に目覚めたっぽい主人公が出ますし、
 『PHz』(藤島製1号先生)とか『R18!』(ぷらぱ先生)はマニアックというか、濃いと思いますし。
 バラエティに富んでいるのはいいのですけどね。
 カオス上等な自分としては、これでいいのかもしれませんが(いいのか)。
『イチロー!』(未影先生)
 茜のテンションの高さが見ていて楽しいです。いつも高いですが(笑)。

・1本目
 巻頭カラーだからか、ここぞとばかりに目立ちまくる杏子さんと詩乃ちゃん。
 浮かれすぎですが、本当に楽しそうです(笑)。
・2本目
 詩乃が選んだ、少し大胆なデザインの水着を着るななこですけど、
 詩乃の企みにはまらないよう気をつけてほしいですw
・3本目
 梢ちゃんが着ている水着はママのおさがりですかw
 かわいいと言う茜と、否定する梢の謎のバトル勃発。照れ隠しw
 梢ちゃんを見つめる詩乃の表情が笑えます。何か企んでいそうで(笑)。
・4本目
 ななこに誉めてもらえず少しご機嫌斜めな茜に、ブラジル水着を勧める詩乃(笑)。
 茜も着ようか着まいか悩まないでw
 3コマ目で茜に何か言いたそうな梢ですけど、茜の水着を誉めたいのでしょうか。
・5本目
 オタなかなめさん、恐るべし。
 まいちゃんの水着をスク水に取り替えておくとは(笑)。
・6、7本目
 泳げるからと張り切りすぎな茜、溺れてます(笑)。
 準備運動をして改めて海に入っても、やはり溺れてますw
・9本目
 詩乃の提案で、梢が泳げない茜のコーチ役をすることになりましたが、
 その提案にまいちゃん喜んでます。何を狙っているのやら(笑)。
・10本目
 はじめは反対していた茜も、詩乃の説得であっさり乗り気に(笑)。
 戸惑っていた梢も、茜ががっかりする様子を見て引き受けることに。
 「ちょんぼり…」という擬音(?)がいい感じですw
・13本目
 泳げるようになった茜に抱きつかれて、顔が真っ赤になって、髪の毛大爆発の梢(笑)。
 茜を意識していただけに、予想以上の出来事にパニックになったみたいですw
・14本目
 思惑通り茜と梢が親密になったと思ったからか、達成感でいっぱいの
 詩乃とまいちゃん、この二人も違う方向で仲が良いです(笑)。
・15本目
 梢もみんなと仲良くなって良かったのですけど、杏子さん以外は邪な考えです(笑)。
 詩乃はライバルを減らすのに成功したと思っていますし、まいちゃんは茜と梢の進展に期待しているみたいですし。
 茜も梢も気をつけてくださいw

『落花流水』(真田一輝先生)

・2、3本目
 本当は滑れるのに、水夏先輩にぴったりくっつく秋穂を春河がからかったら、
 倒れたのは水夏先輩でした。滑れなかったのですねw

 いつもと違って、秋穂がリードする姿に納得いかない春河も、
 興奮のあまり鼻血を流す秋穂に安心するとはw
 秋穂の鼻血の量が心配ですが(笑)。
・4本目
 今の若い人も、ローラースケートを履いていたアイドルグループを知ってますかね?
 真冬先生がアイドルの名前をぼかしているのは、ジェネレーションギャップだけでなく、
 大人の事情で慎重になっているからかもしれません(笑)。
・7本目
 フィギュアスケートの靴にスクリュー……(笑)。
 納得する夕さんが可愛らしいですw 納得してはいけませんがw
・9本目
 春河も暁も、赤点を取る事に慣れないで下さい(笑)。
・10本目
 転んだ拍子に服がぬれた秋穂ですが、売店には水着しかないなんて(笑)。
 暁も無責任な事を言わないでw
・11本目
 ようやく滑れるようになった水夏に対して、勝負を挑む秋穂もひどい気がしますが、
 自分にデメリットの無い賭けを持ちかけるのは……(笑)。
 一体何をしようというのでしょうw
・12本目
 暁と春河の対決ですが、温度差がありすぎです。
 熱い暁と対照的に、春河は某ゲームの名台詞(?)を言ってますし(笑)。
 暁も激しく怒るはずですw
・13本目
 暁の勝利と思われた勝負は、春河の奇跡的な逆転勝ち。
 驚異的な加速の理由は、スライダーを使ったからですか(笑)。
 係員たちも怒って押し寄せるはずですw
・15本目
 春河と真冬先生の漫才は見事に滑るも、息が合っているだけに良しとしましょうか(笑)。

『かなめも』(石見翔子先生)
 年始の初仕事風景いろいろ。

・1本目
 年始になると、殆どの人は帰省してしまいます。
 残るのは代理と、天涯孤独の身となったかなちゃんのみ。
 それを聞いて大喜びで残りたがるはるかさんですが、あっさり代理に拒否されてます(笑)。
 ユーキさんとユメは一緒に帰るのですねw
・2本目
 正月の新聞にはたくさんチラシが入ってますが、ひなたさん、言ってはいけない事を(笑)。
 代理に思い切りはたかれてますしw
・3本目
 たくさんチラシが入る良さを語る代理ですが、建前だけでなく本音も混じるのがらしいです。
 世の中金なのですねw
・5本目
 ひなたさんが、また言ってはいけない事を言ってます(笑)。
 代理の突っ込みも先程よりパワーアップ。握りこぶしですか(笑)。
・7本目
 代理とひなたさん、まさか他店の新聞を隠したりしませんよね?(笑)
 ものすごく怪しい表情なのですがw
 タイトルは85年版鬼太郎に出てきたキャラでしたか。懐かしい。
・8本目
 年も明けて初仕事。
 かなちゃんをじっと見る代理ですけど、どんな変化を期待していたのでしょうね?
 うーん、分からない。
・9本目
 はるかさん、年明けも飛ばしてます(笑)。
 かなちゃんと代理に後ろから抱き着いてますし。その後何をしようとしたのですか(笑)。
 そのせいで代理の容赦ない足蹴りを喰らう事にw
・12本目
 子ども連れの家族の楽しそうな会話に、かなちゃん、ふと寂しくなったのでしょうか。
 楽しくも優しい仲間たちがいても、やはり家族がいない寂しさを拭い去れないのかもしれません。
・13~16本目
 なぜかかなちゃんの配る新聞の束の前で佇むみかちゃん。
 かなちゃんに問い詰められて、何か言いたそうですけど出てきた言葉は「あほんだらー!!!」ですかw
 本当は新年の挨拶をしたかっただけでしたけど、照れ屋さんですね(笑)。
・17本目
 お雑煮に入れるお餅を丸にしたかなちゃん。
 「家庭円満」の願いを込めたからですが、配達中の事を思い出したからでしょうか。
 はるかさんの妄想もなかなかのものですけど。
 かなちゃんが養子縁組を希望しているとは思えませんし(笑)。
 その考えに対するひなたさんの突っ込みも笑えます。「誤電波受信すな」って(笑)。
・18本目
 お餅を焼くかなちゃんに、何か違う事を頼むはるかさん。
 もちはもちでも、食べられないもちですから(笑)。
・19本目
 でもちゃんと気が効くはるかさん。
 みんなと一緒に初詣をしようと、かなちゃんも誘ってますから。
 みんな幸せでありますように。

『兄妹はじめました!』(愁☆一樹先生)
 部活動にて交錯する想い。

・2本目
 茜が大好きな萌葱ちゃん、彼に食べさせられるだけの腕はあるのでしょうかw
・3本目
 萌葱と緑葉の兄妹コンビでは、まともな料理ができそうにないみたいです。
 たまらず手伝う真紅さんですが、甲斐甲斐しいですねーw
・4、5本目
 手際よく調理する真紅さん、不意に緑葉に近寄られ、誉められて動揺してます。
 もっとも緑葉は、自分が真紅さんに好かれているとは思っていないのですが……。
 それだけに、真紅さんが動揺する事を素で言ってしまう緑葉も罪な人です(笑)。
・7本目
 手に熱湯がはねた真白の手を取った茜は、彼女に逃げられてます。チカン呼ばわりまでされてます(笑)。
 思わぬ出来事に、真白の手も凄く熱くなってますが、気になる人に手を握られたら仕方ないですねw
・8本目
 茜に変わってスムーズに進める葵に、誘いの言葉をかける真白ですが、
 それを喜んで受け入れようとする葵もどうかと思いますw
 確かに真白の家はお金持ちですけどw
・10本目
 葵に告白しようとする緑葉を止める茜が必死過ぎます(笑)。
・12本目
 後になって分かる悲しい現実。
 葵の母が美味しい料理を食べさせたかった相手は、葵ではなかったのですから。
 葵も寂しい思いをするはずです。
・13本目
 好きな人のために頑張れば、料理も上手になるかもと言われて動揺する真白ですが
 誰の事を思っているのでしょうね?w
 (真白の)「お父さんとか」と言われて、取り繕うように納得しているのが怪しいですw
・15本目
 葵の言葉に、思うところあってか頬を染める真白が可愛いです。
 そしてズレた方向で同意する茜と萌葱でした(笑)。
 失敗した料理は、愛があっても食べられないと思いますw

『○本の住人』(kashmir先生)

・1本目
 食材の値上げに困るのりこと、フィギュアの原材料費の値上げに不安な兄。
 気持ちは分かりますが、フィギュアを箱買いしなくてもw
・2本目
 暖房費節約のために窓に張ったプチプチを、黙々とつぶすのりこと兄(笑)。
 のりこは気付いただけましですが、兄は楽しそうにつぶしてますw
・5本目
 占いの結果の中に「録画…ナイターでずれる」って(笑)。
 お参りの作法をのりこに説明する兄ですが、どうして巫女さんを倒そうとするのでしょうw
 しかも怪しげなグラフィックが追加されるとは(笑)。
・6本目
 ちーちゃんのお参りの仕方の奔放さが愉快です。
 お賽銭を叩きつけるように投げてはいけませんw
 「これで肉でも食え!!」ってw
 拍手も勢い余って、のりこの顔を叩いてますし(笑)。
・8、9本目
 はぐれて寂しがるのりこの元に、さっそうとやって来たちーちゃん。
 格好いいですが、人の頭を踏むのはいけませんw
 しかも着地点は、のりこの顔の上ですし(笑)。
 居場所が分かったのは、においがするからって(笑)。
・11本目
 眠ってしまったのりこを背負って帰る兄。
 心配や迷惑をかけているけど、妹思いですねー。
 そんな兄が好きなひさちゃんも、居眠りの真似。残念ながら背負ってもらえませんでしたけど(笑)。

『レンタルきゅーと』(白雪しおん先生)
 これまで不定期掲載だったこの作品が連載化。
 以前に掲載されたものの殆どは未読だけに、単行本化が待たれます(気が早いですが)。

・1本目
 紺ちゃん、やけに大きくないですか?(笑)
 ちまちゃんの疲れのせいではないと思いますw
・3本目
 紺ちゃんの父から送られた、たくさんのアルバムを無言で返そうとする紺ちゃんがカワイイですw
・5本目
 狐は変化できるだけに、望みの姿になることも思いのまま。
 ですけど男子が女性の姿になるのはどうかと思いますw
 そして老年になっても若々しい姿(笑)。会話の内容はいかにもお年を召した方のものですけど(笑)。
・6本目
 ポチくんに変身した紺ちゃん、どうして女性化のアレンジを加えますかw
・7本目
 みんなのリクエストに応えまくっていたら、元の大きさを忘れた紺ちゃん。
 適当に生きているからなのかは不明ですけどw
・8本目
 店長に見つかれば大変な事に。
 遠近法でどうにかなるわけも無いのですが(笑)。
・9本目
 みんなが着ぐるみを着ることで問題解決……ですか(笑)。
 気のせいかちまちゃん、怒っているようなw
・10本目
 一応ピンチを脱したと思ったら、お昼ご飯なので脱ぐ事に。
 でも脱がないらびと紺ちゃん。シュール(笑)。
・11、12本目
 結局ばれてしまいました(笑)。
 誉められて(?)ちょっと天狗な紺ちゃんがカワイイw
・13、14本目
 紺ちゃん無事に戻れましたが、店長に鼻水が思い切りかかってますw
 風邪をひいていたから元に戻れなかったのですが、紺ちゃんなりのポリシーがあったから
 言い出せなかったのでした。
 その健気さに、らび思わず涙(笑)。

『ワンダフルデイズ』(荒井チェリー先生)
 柱のコメントの「イメージにイースト菌投入中!!?」って(笑)。名文句です。

・1本目
 恋をすると、良い部分しか見えなくなるからでしょうか。
 蒼太をベタ誉めの父親違いの妹さんと、それに共感しまくりのしおりさん。
 微笑ましいですw
・2本目
 実は親切な蒼太ですが、対象が小さい生き物限定ですかw
 それに気付くたきびも冷静ですw
・3本目
 タイミングの悪い人、大家さん。そこがオイシイのですが。
 怖い話が苦手なのに、そうした話が始まった所にやってくるとは(笑)。
・5本目
 座敷童子仲間でも不仲の壱と零。
 壱も零の事を好き放題ののしってます。自分もあまり人の事を言えないのに(笑)。
・6本目
 壱のことも噂になったら?。
 いい方向に考える壱と、散々なことを考えるさっちゃん、見事な対比です(笑)。
・7、8本目
 かつて沼があり、イタズラ好きな水の妖精(?)が出るという場所で
 怪しげな足音がすれば、誰だって怖いです。
 蒼太の妹さんも紛らわしいですw
 彼女が言う変質者も嫌ですが。黒ビキニにニーソックスはいてる中年の変質者って(笑)。
・11本目
 兄に会いたいけれど、恥ずかしくて会えない様子がかわいいですが、しおりさんと同じというのも……w
・13本目
 妹さんのために、イメージを壊さないよう気を遣うさっちゃん。
 さすがに病人を軽トラの荷台に乗せたとはいえませんから(笑)。
・14本目
 道の真ん中になぜか水草が。
 それをゴミ箱に捨てた妹さんと、水草が気になって仕方ないさっちゃん。
 妹さんに悪いことが無ければよいのですけど。
・15本目
 黒ビキニにニーソックスの変質者の話をするさっちゃんと壱に、
 爽やかな笑顔で「出ませんから大丈夫です」と言ううみさんが怖いです。
 何をしたのかとても気になります(笑)。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/266-b22daede
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。