スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがライフオリジナル』’07・5月号

 2007-04-17
 簡潔に感想を。
・「ちびとぼく」(最終回)(私屋カヲル先生)
 扉のマンガのオチのコマを見て、「うらやましいなあ」と思ったり思わなかったり。
 「好き」が行動の原動力になるんだよね。

・「カギっこ」Lock.3 (山口舞子先生)
 『まんがライフMOMO』にも連載中ですが、こちらでも連載されていたとは。今回は2色カラー。

 何というか、まったりとして(この作品のキャッチフレーズとして「カギっこまったりライフ」とありますけど)ゆるやかな雰囲気とノリが私は大好きなのです。

 いい意味でマイペースな作品。この雰囲気は中々得がたいものがあり、貴重ですね。

 山口先生が『花とゆめ』で連載されている「もうすこしがんばりましょう」(4コマではないですが)も同様に好きです。

 前置きが長くなりました。感想を。
 1つ目・「マジ泣き!!!」に笑う。
 3つ目・実さん、冗談きついです。
 5つ目・想像しておいてショックを受けるお母ちゃんがいいです。
 8つ目・内心不満ながらも、お母ちゃん思いですね。みっちゃん。
 柱の言葉より・みっちゃんは13才でしたか。しっかりものです。

・「ファイト!息切れOL」(吉田美紀子先生)
 どうやらこの主人公(陸ちゃん)、虚弱体質という設定らしいですね。
 でも笑いに満ちているので結果オーライ、かな。
 派手さはないけど、落ち着いて楽しめる作品。
 こうした安定どころも必要ですね。

 9つ目・静かにして強烈なオチ。じわりと効きます。

(SPゲスト)・「ファミリーコント」(吉川景都先生) 
 他社ですが、『まんがタイムスペシャル』で連載されている「24時間サンシャイン!」が好きなもので、期待して読みましたが、楽しめました。
 「24時間~」に比べるとテンションは抑えられてますが、ファミリーものだけあって、しんみりくるものがありますね。
 3つ目と4つ目が笑いのハイライト、最後の2話でしっとりと締め。続きが読みたいです。

(新連載)・「あくまCalling」(秋吉由美子先生)
 派手さはないけど4コマの型を守っているだけあって、安心して楽しめます。
 悪魔なのに、ちっとも怖さを感じさせない主人公もいいのでしょうね。
 突っ込み役のニワトリがいい味出してます。
 でもたまにはボケますw

 この雑誌を読んだのは初めてですが、ターゲットを絞ってはいないようですね。全方位対応ですか。
 萌え系あり、オヤジ系あり、OL向けあり、主婦向けありですから。
 掲載されている広告からするとやはり大人向けということになるのでしょうか。別に年齢制限はないですが。
 まあ「カギっこ」があるうちは買うことになると思います。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/26-487c1b32
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。