スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

師走冬子先生サイン会 (とらのあな秋葉原本店にて)

 2008-10-26
 「花やか梅ちゃん」3巻の発売を記念して(秋葉原エンタまつりのイベントの一環も兼ねて)、
コミックとらのあな秋葉原本店・6階にて行われた、師走冬子先生のサイン会に行きました。
会場内の様子
 会場内は、左右の壁に「花やか梅ちゃん」と「あいたま」の単行本カバーイラストを大きくしたポスターが貼られていました。
 参加者側から見て左手の壁には、桜ママ、キリヤマン、桃ちゃんがそれぞれ描かれたカラー色紙が3枚が飾られていました。
 それぞれのキャラらしいメッセージ付きで。
 肝心の梅ちゃんが描かれた色紙はどこだろう、と思っていたら、正面のテーブルの上にありました。
 主人公なのにすぐに見つけられずに御免なさい……。

 ちなみにテーブルの上には、「花やか梅ちゃん」の単行本3冊と「あいたま」の2冊、芳文社と竹書房からのお花が左右に。
先生の知人(ファン?)からと思われるメッセージカード付きの小さなかご(ハロウィンで使われるかぼちゃなどのオブジェ入り)が置かれていました。
 他には「師走冬子先生」と書かれたプレートも。
 なお双葉社からのお花は、(参加者側から見て)テーブルの右側に一際大きな存在感を示していました。
 今回は(去年に引き続きですから「も」となりますか)双葉社からの単行本刊行記念ですからね。

注意事項とか 
 開始前にサイン会に関する注意事項の説明が行われました。整理券に書かれている注意事項は、
結構数が多いように思いました。やはりこの手のイベントを多く開催しているだけに、
あれこれトラブルを経験した上での事なのでしょうか。

 それ以外に、今回はサインとイラストと共に書いてもらえる宛名は名字か名前のみ、
キャラクターはあらかじめ決められたキャラからのみ選べる、
細かいリクエスト(例えば普段メガネをかけているキャラのメガネなしバージョンなど)は不可という説明もありました。
 先生の負担を少しでも減らそうとするためなのでしょう。

師走先生登場!
 14時を少し回った頃、師走先生が上の階から登場されました。
 先生がサインされる場所の後ろに階段があるのですが、そこからの登場となるとは。
 先生の骨折はまだ完治していないはずなので、大丈夫かなと心配でしたが、特に問題は無いように見えました。
 実際にはまだ痛むとの事でしたけど……(いただいたペーパーより)。
 参加者やスタッフからの拍手の中、席に着かれる師走先生は穏やかな笑顔だったのが印象的でした。
 痛み止めの処置をされていたからかも知れませんが……。

出来の良いフィギュア
 サイン会は滞りなく進み。
 私の前に参加されていた砂漠ヒロさんが、自作の(正確には改造の)桜ママフィギュアをプレゼントされた時、
先生や両隣にいた男性たち(担当編集さんと編集長?)が驚いたり喜んだりしていました。
 それを見た私は「やるなー!」と少し悔しがったり(笑)。
 
 その次の方、mirvさん(後程ヒロさんと共にお話しする機会がありましたが)は、これまた自作の(正確には改造の)電子妖精ちるみさんフィギュアをプレゼントされていて、内心「負けた(笑)」と思ったのはここだけの話しです。
 もちろん先生方に受けていました。連続で自作フィギュアのプレゼントですからねー。
 ちなみにこれら2体のフィギュアは、仲良く並んでテーブルの上に飾られていました。よく出来てましたよ。

近づく自分の番、高まる緊張(笑)
 サイン会開始からしばらく経って自分の番が近づいてきましたが、例によって緊張しっぱなしでした。
 サイン会には何度か参加していますが、毎回あがってしまいます。上がり症だから仕方ないのかな……。

 自分の番になる直前(二人ほど前)で、受付(?)の女性に整理券を渡し、
宛名と描いてもらいたいキャラクターを告げるのですが、迷いに迷ったあげく桜ママを描いてもらうことにしました。
 梅ちゃん、ごめんなさい!

師走先生お気に入りCD……だと……!
 待っている少しの間、受付のテーブルの上にCDが置かれているのを見つけました。
 全部で8枚ほどありましたが、師走先生がお仕事中に良く聴かれるCDだそうです。
 テーブルのすぐ側の床には小さなラジカセがあり、そのCDからの曲が流れていたのですけど、
あいにく私にはどの曲も聴いたことがなかったのでした。
 私が分かった限りでは、ゲームのサントラが半分くらいあったと思います。
 (うろ覚えですがこれらのCDがあったような)

自分の番がキター!
 私の少し前の参加者が色々と先生に話していて、先生もそれにこたえながらサラサラとイラストを描き上げているのを見た私は、
「よし、今回は遠慮せずに思い切り話しかけるぞ!」と決めたのでした。去年は最初のあいさつとお礼以外殆ど話せませんでしたからね……。

 そしてやって来た自分の番。何時だったのかもはや覚えていません。時計を見ることすら忘れていましたから。
 ちなみにテーブルの前にはイスが二つ置かれていて、サインの間「先生と同じ目線で」(スタッフの説明より)
お話しすることが出来るのが嬉しかったです。もうひとつのイスには、荷物を置くことができてこうした気配りも嬉しかったです。

 「よろしくお願いします」と告げたあと、差し入れを渡したのですが、その中身(スペランカーのソフトビニール人形・アイレムバージョンw)と、先のCDと絡めた話題から入ることにしました。
 以下、かなり曖昧な先生とのやり取り。

私:ブログを拝見していて、先生はかなりコアなゲーマーだと思いました(笑)。
先生:普通だと思いますよ(笑)。
私:あそこにファミコンのCDもありますが、やはり『スペランカー』を聴かれるのでしょうか?
先生:何でも聴きますよ。ギャルゲーの曲も聴きますし。

 この他にも、桜ママの過去についてのお話も読みたかったとか、
「花梅」は先生の作品にしては珍しく陰りや切なさがあると思ったとか、
四郎が梅ちゃんに告白するのを思いとどまる場面を見て、「四郎は男だなと思いました」と話しましたっけ。
 自分が話すのに夢中で、先生が何と言われたのか殆ど覚えていませんでしたが……。
 歳は取りたくないですね。人間の記憶装置も新しく出来ないでしょうか(無理)。

サイン終了~!
 丁重にお礼を述べて、出口(兼入り口)の側でスタッフの方からペーパーを受け取りました。
 二つ折りされたものと、折られていないものの2種類を選べましたが、私が選んだのは二つ折りのほう。内容は同じです。

 この後、ヒロさんともう御一方とでのアフターイベントがありましたが、それは後程。
 こちらも負けず劣らず楽しませていただきました!

 今回は会場の雰囲気や主催者側の手馴れた感じのためか、前回よりは大人しめに感じました。
 ですけどやはり他の先生方のサイン会よりは、だいぶ熱気や気合いが漂っていたように感じましたけど。
 さすが師走先生。なぜにファンをここまで熱くさせるのか。

 去年のサイン会の後「もうしばらく師走先生のサイン会は無いだろうな……」としみじみと寂しく思っていただけに嬉しさもひとしおでした。
 師走先生やスタッフ・関係者の方々にはこの場を借りて厚くお礼申し上げます! ありがとうございました! 
桜ママ
関連記事
コメント
お疲れ様です。
スペランカーですか(笑)そりゃ面白いものを。
ギャルゲーの音楽なんて尚更わかりません。

確かに熱気感じましたね。静かな熱さ?何とも言い難いですが。
アフターイベント楽しかったですね。これを機にフィギュアの世界に足を踏み入れてみては(ぇ
【2008/10/26 01:50】 | 砂漠ヒロ #CWysznR2 | [edit]
さっそくのコメントありがとうございますw

実は私はスペランカーをあまり遊んだことが無かったり(ぉ
遊んだのは遠い昔のことです。
私もギャルゲーはまるでと言っていいほど遊ばないので、
どんなゲームだったのかなーと今更ながら思ったり。

作品の内容と会場内の雰囲気は、ある程度(かそれ以上に)比例するのでしょうか。
師走先生の作品は大体テンションが高いですし。

アフターイベントではいろいろとありがとうございました。
続きはウェブで! ってこれもウェブですが!(お約束)
フィギュアの世界の深遠さを少しだけ垣間見ることができた気がしました(笑)。
【2008/10/26 02:05】 | らぷとん #dt4JMNiE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/244-4a3db2e7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。