スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきらら』08・11月号感想

 2008-10-16
 『まんがタイムきららキャラット』で連載中の「キルミーベイベー」(カヅホ先生)がゲスト掲載。
 やすなのオバカぶりは変わりませんが、ソーニャも若干オバカ化しているような気がしましたw

 そして『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』(きゆづきさとこ先生)の更なる重く、終わりを思わせる展開がとても気になった号でした。
『ふおんコネクト!』(ざら先生)
 屋上でビーチバレーないつもの面々。
 ふおん&夕先生の悪だくみも巧妙化しているような気がします(笑)。

・3本目
 夕先生、学生時代にも警察のお世話になっていたとは……
 そして先生になってもまたw
・4本目
 どことなくエロい元巻さん。自覚が無いだけに尚更w
・5本目
 先生の水着のデザインは囚人服にしか見えません。ご丁寧に足に鉄球をつけてますしw
・7本目
 2コマ目のふおんの頭部に笑うw ヅラですかw
 交流なら確かに持てる力(権力・財力)で、邪魔する人を「社会的に必殺」できそうですw
 それを聞いてのやわらの表情が個人的にはツボです(ひどい?w)。
・10、11本目
 ふおんも悪だくみとなると用意周到ですね。
 やわらの馬鹿力を利用して、相手にボールを破壊させてますし。
 そしてペアを組む夕先生の懐が大ピンチ(笑)。
・12本目
 ひとつ20キログラムの重りを両手両足に3個ずつ付けられてしまったやわら(笑)。
 タイトル(「合計で280」)からすると、やわらの体重は40キロ……軽いですね~。
 でも重りのせいで、自ら作った砂山に上っても即沈んでますが(笑)。
・14、15本目
 ふおんがおとなしい時は怪しいですよね。さすが交流さんw
 ふおんだけでなく夕先生までも悪事に加担w
 砂に含まれたみんなの汗をもとに、「美少女の塩」を作って売ろうだなんて(笑)。
 しかも(一応目線入りですが)写真も添えるとはw
 もちろんばれて未遂に終わるわけですが。

『三者三葉』(荒井チェリー先生)

・1本目
 葉山さん、怖いですw
 鬼のような性格と自覚しているのでしょうか(笑)。
 葉山ににじり寄る時の表情が見たいですw
・4本目
 自信たっぷりのはずのテストの結果を、急に不安に思う西山さんが可哀相ですw
・7、8本目
 小さい頃の葉子のお医者さんごっこも怖いです。
 痛がっている山路に「気のせいです」とか心霊治療って(笑)。
 お薬は栄養ドリンクのミックス……良くなるものも悪くなりますw
・9本目
 警察ごっこって、どんなのだったのでしょうw
・11本目
 山路に「昆虫系」扱いされる薗部さんですが、あながち間違っていないかもw
・14本目
 そしてさらに不安になる西山さんw
 小雨が土砂降りになるほどのショックなのでしょうね(笑)。
・15本目
 そして追試を受ける事になったのでしたw

『あっちこっち』(異識先生)

 かなりバイオレンスでハードなバレーボールです(笑)。

・4本目
 伊御のまぎらわしい言葉で姫鼻血。つみきも余波を受けて鼻血w
・5本目
 本当は伊御と組みたいつみきですが、恥ずかしくて言い出せないうちに真宵に取られてしまいましたw
 悔しくて真宵に叫ぶのも分かりますw
・7本目
 弱肉強食ならぬ弱肉殲滅……確かに嫌な世界ですw
・9本目
 バレーがいつの間にかサッカーにw
・10本目
 榊も散々な目にあってます。
 飛んできたボールが顔を直撃で吐血w 倒れた所にアタックのボールがぶつかってますし(笑)。
・11、12本目
 真宵も同じく大変な目に。
 放り投げられて、バックドロップかけられてますw
 でも伊御にさすってもらって幸せだったり。鼻血がw
・13本目
 ボールに込めた自分の想いを伊御に受け止めてもらう事は叶わず、のつみき。
 試合としてはいいのですけど、複雑な気持ちでしょうw

『うぃずりず』(里好先生)
 台風なのに、リズの家にやって来るひのきたちがすごいですw

・1本目
 防空壕のある家……大丈夫なのかそうでないのかw
・2本目
 実はそれ以前に作られていたという穴。謎が深まりますw
・4本目
 嵐の中やって来たひのき。ずぶ濡れでも大喜び。元気すぎですw
・5本目
 防空壕の穴に入って、リズを驚かせようとするおじいちゃん。
 ちょっとした茶目っ気ですむはずもありませんw
・6本目
 ひのき以上にハイテンションな黒杉さん……「何かにとりつかれたかのように笑ってる」って怖いですw
・8本目
 出ようにも、ひのきたちが着替えだしたので出られないおじいちゃん。
 悪い事は重なりますw
・10本目
 前回出た猫(本当は違いますがw)とリズが心配で、イズっちもやって来ました。
 リズが心配なのは、家がつぶれそうだからですか(笑)。
・11本目
 黒杉さんが話す怖い話。古井戸が出てきますが、おじいちゃんの背後にも古井戸がw
・12、13本目
 だれもいなくなったら、今しか出るチャンスが無いでしょうw
 でもそこへやって来たひのき。タイミングが悪かったです(笑)。
 用を済ませたあとで良かったですねw

『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』(きゆづきさとこ先生)

 前回の続き。
 ニジュクとサンジュが耳を痛がったり、違和感を覚える理由は明らかにされていませんが、
 二人の言葉(「ずしんとかどしんっておとがする」)からすると、
 前号の最後の場面(クロと出会った男が、爆風に巻き込まれた所)と
 関連があるのでしょうか。ふたりの鋭い聴覚が、あの爆破音をとらえたのか。

 あの場面で一緒に亡くなったと思われた母子は無事で、
 彼女の言葉を聞いたクロが我を忘れて駆け出しますが、
 その言葉がクロとクロの母の名前だというのも……。
 クロでなくても、亡くなった男が何者なのか謎です。
 つながりそうでつながらない、明らかになりそうでそうならない謎が増えていますけど、
 物語が終わりに向かっているようにも感じられました。

 それとは別に、今回要所で見られた場面(クロが、お話をせがむニジュクとサンジュに応える)は、
 最後の場面を印象付けるために出ていたことに感心するのでした。

 「発作」が起きて苦しむクロは、二人が近づくのを拒みますが、
 二人がいつもクロにかける言葉(「おはなしまってるから」)に応えて
 二人を抱きしめたのはなぜだったのかと考えてしまいます。

 いつもしていたから反射的にそうしたのか。
 二人に今の自分の姿を見られたくないから一度は拒んだものの、本当は辛かったからなのか。
 クロが小さく「さむい」と言った、というあたりからすると、後者の可能性が高いですが……。 

 ニジュクとサンジュは、発作を起こして苦しむクロを心配していますが、
 その姿を見たときの表情も印象に残りました。
 心の底から驚いた……だけではすまないような表情ですから。

【ゲスト】『キルミーベイベー』(カヅホ先生)

・1本目
 ハリセンでなら叩かれても痛くないと思っても、拳で殴られるなんて(笑)。
・2本目
 ソーニャは犬が苦手でも、鳴きまね程度では無理でしょう。
 そして再び拳で殴られるやすなw
・3本目
 さすが殺し屋ソーニャ。しゃっくりを止めるどころか息の根を止めるとはw
・5本目
 やすなの真似はしたくないでしょうねw
・7本目
 ソーニャも骨折した腕で叩かなくてもw 意外とオマヌケさん?w
・7本目
 忍者のあざりさん、コップの中の蜂を消すのはいいですが、やすなの服の中に入れなくてもw
・8、9本目 
 誰でも読める文字を書くなら、五色米でなくてもよいようなw
 ただの割引券も秘伝の忍具にするなんてw
・10本目
 飛んできたボールに何本もナイフを投げても、勢いはとまらずソーニャの顔面を直撃w
 それを見て、大きなことを言うやすなにはサッカーボールが(笑)。

『こどもすまいる!』(娘太丸先生)

 ハロウィンです。みんな楽しすぎですw

・1本目
 ハロウィンのお化けといえばかぼちゃですけど、スイカやジャガイモとはw
 そして描かれたのは著作権的にアウト気味な、どこかで見たキャラですが(笑)。
・2本目
 何でも知っているように見えるアキラ先生も、ハロウィンの由来までは詳しくなかったのでしたw
・3本目
 お菓子がもらえると知りテンション上がるみくる先生。子どもですかw
・6本目
 ともちゃんは妖怪博士だったのですか。次々出てくる妖怪の名前w
・7本目
 アブナイ衣装を着させようとする緑川さん、笑顔で登場。彼女もある意味アブナイ人ですw
・9本目
 みくる先生には「包帯だけのミイラ女」をさせようとは、やはりアブナイ人ですw 鼻血が出てますし(笑)。
・12本目
 ともちゃんはフランケン、ケイちゃんはドラキュラの格好。
 そしてやえちゃんは……ぬりかべw 期待を裏切りませんw
・13本目
 ヒデもひどい人です。お菓子に麦チョコ一粒なんて……(笑)。
 みんなから怨まれるはずですw
・14本目
 お年寄りからもらったお菓子は、みんなには渋すぎたかも。
 一口モナカはまだしも、ザラメせんべいやポンカン飴は……。
 でもらくがんを美味しくいただくやえちゃんでしたw

『メロ3!』(野々原ちき先生)

・4本目
 澄んだ目で輝きまくるころなに笑いましたw
 まぶしすぎますw
・6本目
 コロナの飼い犬・コロスケの疲れた表情にときめくころなの姿にも笑いましたw
 「カーン」って(笑)。
・9本目
 当のポン太も、誰かの代わりに好きになって萌えているのでした(笑)。
・10本目
 思われているとはつゆ知らず、ころなに厳しく注意するポン太くん。
 やる時はやりますね。
・11本目
 でも不良たちには追いかけられるのでしたw

『きつねさんに化かされたい!』(桑原ひひひ先生)

 ここしばらく続いていた、あんずと凪君の冬の時代(?)もようやく終わりを告げました。
 ふたりともお互いを必要としている事が分かっただけに、めでたしめでたしということで。
 でもあんずはあまり変わっていないような……w

・1本目
 彼女の買い物=メガネの図式が刷り込まれた凪君。もうあんずなしではやっていけないのではw
・2、3本目
 あんずのメガネに対するテンションの高さを思い出して、「楽しかったな…」と涙ぐむようでは、
 やはり新しい彼女と付き合うのは無理かとw
・7本目
 あんずとの真面目なようでそうならない会話を楽しむ凪君。もう迷う事はないのでは。
・8本目
 あんずも当たり前のことを大声で叫ばないで下さいw
・10本目
 あんずにとっては、メガネもひとりの人間なのですねw
・11~13本目
 あんずのまっすぐで正直な気持ちが、凪君の心に響いたのでしょうか。
 凪君は既にあんずなしでは上手く行かないと分かっていたようですけどw
・15本目
 田中先生もさらっとひどいことを言っているような。
 あんず=「野獣化した獣」だなんて(笑)。
 そして良く分かっていないこくりさんw

『-そら-』(白雪しおん先生)

 上手にパンを焼けたソラが、みんなにおすそ分けするお話。
 ドジっ子なソラだけに、パンを焼くのが上手なのは意外でした。と言うのは失礼ですね。
 でもちゃんと彼女らしく締めてくれますけど(笑)。

・2本目
 コテツの部屋でなぜか勝手に食べているコテツの友人w
・3本目
 彼に預けたら、コテツに渡る前に食べつくされるのは目に見えてますねw
・6本目
 空組のみんなに好評なソラお手製のパン。小さいほうのマーシュがねだる様子が可愛らしいです。
 お年を召した方のマーシュさんは、ね(笑)。
・8本目
 イルマさん、また海で事故ったのですねw
 せっかくの加糖パンもほんのり塩味(笑)。
・13本目
 ようやくコテツにパンを渡せました。
 お礼に大事なものをあげようとするコテツですが、猫じゃらしはさすがにどうかと思います(笑)。
・15本目
 自分の分もちゃんと残していたソラ。今までとは違うと思っていたら、
 オーブンの中だったので、余熱で焦げていたとは(笑)。
関連記事
コメント
三者三葉のマークシートネタ、笑うより先に懐かしい気分になりました。
試験後はまさに西山さんと同じ心理状態……(笑

クロは急展開でしたけど、3巻でまとめるには急すぎる気がします。
終盤にかけての山場、的な扱いなんでしょうか。
【2008/10/19 05:47】 | 冬狐 #5ff2KGOs | [edit]
冬狐さん、こんばんは。
マークシートは特に念入りなチェックが求められますね(笑)。
私も西山さんと同じく、後でかなり不安になったものでしたw

クロはここ最近のお話が急展開しているだけに
(更に言えばクロの謎に関する内容に触れているだけに)
まとめに入っているのかな、と思ってしまいました。
これからどうなるのかは、まるで予想がつきませんね……。
【2008/10/19 21:02】 | らぷとん #dt4JMNiE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/242-b60ec0f7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。