スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららフォワード』08・11月号感想

 2008-10-12
『トランジスタティーセット』(里好先生)

 連載2回目。さいりの友人(?)として新たに大代かがみが登場。
 血気盛んなさいりとは対照的にのんびりしています。そのせいか、
 さいりのペースに巻き込まれてしまってます。少しかわいそうですw

 さいりが新たにできたメイド喫茶に反対する理由をかがみに語っていますけど、
 どう聞いてもみどりにすずを取られた嫉妬にしか思えません(笑)。
 しかしみどりも、久々にすずに会えたからか朝起こしに来たり、ご飯を作ったりとサービス満点です。
 むしろ過剰かもw
 でもご飯を作るはずが爆破させてますが(笑)。

 かがみにズバリ嫉妬とか、すずが好きだからと言われて焦ったからか、
 かがみにプロレス技をかけるなんてw

 みどりのメイド喫茶を立ち退かせ、みどりを追い出そうとするさいりですが、
 この場面でかがみの「元パパ」なる人物がさり気なく話題に出ていたり。
 (商店街がオタク一色に染まると)路頭に迷う、とさいりが言っているあたりからすると、
 すずのように電気・電子部品を扱っているお店の関係者なのでしょうか。
 「元パパ」というのも、かがみの重い過去を垣間見せているような。

 そしてさいりが取った抗議方法は、バリケードを築いてメッセージカードを掲げ、
 ヘルメットをかぶって拡声器でメッセージを叫ぶものでした。
 昔の学生紛争とか空港建設反対派の人たちのようですw
 「最終的にメイド喫茶が鉄球クレーンで打ち壊される」って浅間山山荘事件ですかw
 
 しかしさいりの抗議行動も、商店街のおじいさんたちには全く相手にされずw
 和まれてます(笑)。
 看板をよく読むと関係ないことも書かれていますw

 そこへやって来た当の本人とすず。取り壊そうとするすずに間近で拡声器を使うさいり(笑)。
 おびえるみどりに、悪の枢軸と呼ぶさいりの形相が怖いですw

 すずが二人がのぼるバリケードを崩そうとしたところ、バランスをくずした二人が落下、店内に机などが散乱してしまいます。
 あれほどメイド喫茶に反対していたのに、その光景を見てとまどうみどりの表情が印象的です。
 ここまで大事になると思っていなかったから、申し訳ないことをしたと思っていたのかも。
 でもすずには(当然ですが)叱られてしまい、腕を痛めた自分よりもお店の心配をするすずに腹を立てて駆け出してしまいます。
 本当は悪いと思っていただろうし、怪我の心配をしてもらいたかったはずなのに
 厳しく注意されたのだからくやしくなったり、悲しくなったのもわかる気がします。

 事情を聞いてやって来たすずから、みどりのことを聞かされてまずは誤解が解けたようでなによりです。
 おいてけぼりにされたことを謝ってもらい、自分の事を大切だといってもらえて良かったではないですか。
 そして今度はさいりがみどりに謝る番。照れくさいからか、すずを蹴るあたり素直じゃないですねw
 そしてさいりが立て替えたらしいラーメン代もしっかり請求してますw

 ひとまずは無事に仲良くなれた……わけでもないみたいです。
 相変わらず、すずにべったりなみどりに苛立つさいりなのでした(笑)。

 早くも表面的にはさいりのわだかまりも無くなりましたけど、このままでは終わらないでしょうねw

『Recht~レヒト~』(寺本薫先生)

カイがアリスの元を去ってしまい、悲しみにくれるアリスが見ていて痛々しかったです。
アリスが手にしているのは、カイの服でしょうか。大切な人を失った(死んだわけではないですけど)
心の空白を埋めようとするその様子もまた切ないです。

お互いに信頼される関係になった、とアリスも思っていたかもしれないだけに、
アリスの落ち込みも相当なものかもしれません。
裏切られたとまでは思っていないにしても、それに近い感情は抱いているかも……と考えてもしまいます。

せめてもの救いは、アリスに協力してくれる人たちがいることでしょうか。
シオンもルルーも、そしてカイと仲が悪い涼香も……。
涼香は自分の手柄となるものをアリスに渡していますから。
でも素直で無いのが彼女らしい所でしょうか(笑)。

もしかしたらアリスの言うとおり、カイには何か考えがあって敢えてアリスにも何も言わずに去り、
連絡もしていないのかも、と思ってしまいます。
敵を欺くにはまずは味方から、ということで。
ただ、リオからレヒトの手口を教えられた事から、レヒトに失望したカイが、
リオたちに協力した可能性も捨てられませんが、そうではないと思いたいです。

シオンたちがアリスをつけていたけど、バレてしまうところではちょっと笑ってしまいました。
せっかくシオンが顔を隠しても、ルルーは顔を出していますから(笑)。

カイを探すために用意された写真は、もう少しいい表情のは用意できなかったのか疑問です(笑)。
もしかしたら、シオンがわざと用意したのかもと思ったりしましたけどw

物語終盤、アリスが見つけたカイのそばには、もしかしたらリオもいるのでしょうか。

最後のページでのアリスの独白は単なる疑問ではなく、希望と自分を責める気持ちも混じり合ったものだと思いましたが、どうでしょう。
今回も重い展開ですが、来るべきカイとアリスの再会(やそれに伴う二人の絆の強さの再確認など)の感動を描くためには欠かせないものだと感じています。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/240-870af69e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。