スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』08・11月号感想

 2008-10-07
 発売からだいぶ経ってしまいましたが……。

 話は変わりますが、本日『オールカラー版スーパーメイドちるみさん01』を買いました。
 単にカラーだったものを再録するのではなく、「オールカラー」を名乗るだけあるものとなってます。
 キャラ別にまとめられているのも、密かにしっかりとした編集内容だと思います。
 付属の小冊子のショートストーリー(ちるみさんたちがメイド学校時代のもの)は、にぎやかさだけでないあたりが印象的。
 (カバー下の「今日子と醤油外伝」は、いつもと違う雰囲気でこちらも印象に残ります)
 メイド服取り替えっこ企画は、やはりあのメイドさんの服に笑いました。結構似合ってますが(笑)。
『先生はお兄ちゃん。』(テンヤ先生)

 普通に連載と思っていたらゲストなんですよね(謎)。
 私がこの作品を読み始めた頃は、キツめの妹(まゆ)の性格と、
 そこから生まれるお話が苦手でした。
 今回はあまりそうしたキツさは感じられないのでしたけど、
 単に私がこの作品に慣れただけでしょうか(笑)。
 ちなみにカワイイ人はメガネをかけていようがいまいが、
 カワイイと思います。身もふたもないですが。

・1本目
 人間、どこかの感覚が鈍ると他の感覚が鋭くなるといいますから(違う)。
・2本目
 シスコンの兄・眞一にとっては、どんな外見だろうが性格だろうが妹がカワイイのですね(笑)。
・5本目
 コンタクトに絵を描いたら、まともに物が見えないと思いますw
・6本目
 保健室の先生・月子先生と眞一の、恋愛フラグもどきなお話が好きです。
 今までのところはズレまくってますけどw
・8本目
 ですからカワイイものは、メガネをかけようがかけまいがカワイイのですw
・10本目
 兄を毛嫌いしているまゆが、メガネケースをプレゼントするわけがないのですがw
・11本目
 まゆが兄をスルーするのは、素なのか意図的なのか判断が分かれます(笑)。
 兄は泣いてもいいですよw

『たまのこしかけ』(荻野眞弓先生)

 たまこさんが福引で当てた賞品は「カップルで行く」温泉旅行ですが、
 これは厳しいです。たまこさん独身ですからw
 女装美人係長の美貴さんと行くことになるのですが、違和感があるようなないような……(笑)。

・扉絵
 たまこさんの姿は反則です(笑)。
・3本目
 本当は男性の係長なのに、男装が恥ずかしいなんて……w
・4本目
 鉄道が趣味のたまこさんには、旅行先の名物よりも列車の枕木の音が魅力的なのですねw
・5、6本目
 カップルが泊まるとなれば、布団は一組しかないでしょうね(笑)。
 係長に上か下か選ぶよう言われてパニくってますが、さすがに一緒に寝るわけは無いかとw
 でも何もかけずに寝ると風邪をひきますよ?
・8本目
 女装美人の係長は、男湯でも女湯でも問題があるような気がします。
・9本目
 都会の喧騒とサラウンドの虫の音。どちらが好みかは人によるかも。
・11本目
 たまこさんが密かに想う相手の十条さんと一緒に旅行に行けるのはいつの日か……。
 クジなんて当てにならないものより、自分(主にお金)の力で何とかしましょう。
 あと勇気も(笑)。

『ふたご最前線』(辻灯子先生)

・1、2本目
 双子の赤ちゃん時代は、髪形も同じなので見分けがつかないですね。
 なのに「面倒だから男女兼用」の服を着せるとは(笑)。
・3本目
 服を着ているときはどちらがどちらか分からないでしょうw
 写真に何度も名前を書いた挙句、「?」がついていますし(笑)。
 落ち込むママをよそに、鼻歌を歌って(?)通り過ぎる北斗くんは何を意味するのでしょうね。
・4本目
 髪を切った聖美ちゃん。子どもでも、ほめ言葉には敏感なのですねw
・6本目
 滝山先生が好きな南帆ちゃんですけど、やめたほうがいいのではw
 乙女心が分かっていないみたいですし(笑)。
・9本目
 ママが、髪を切りたがる南帆ちゃんをとめる理由が、見分けがつかなくなるからですか(笑)。
 もうすぐ見分けが付くようになるのでしょうけど、
 成長した二人を見たいような見たくないような……(悩むなよ)。

『えすぴー都見参!』(岬下部せすな先生)

・1本目
 こちらはメイドさんが当てたペア温泉旅行券をもらった都ちゃん。
 直人と一緒に行くよう勧めるメイドさんたちも意地が悪いです(笑)。
・2本目
 結局母上と行くことにしたのですけど、まだ35歳とはお若いです。
 でも娘からは、健康の心配をされて落ち込むのでしたw
・3~5本目
 実は昔は負け続けだった都の父上。目立つほどのコブができるとはw
 練習に一所懸命な所と、「ヘコんでイジけてる姿」に惚れたのですね。
 懐が大きいのか、Sなところがあるのか(笑)。
・7本目
 父上と一緒になることで剣の道を捨てた母上ですけど、
 娘には両立できる人の出会いを望んでいるのでした。
 剣術を捨てた事を後悔してはいないのでしょうが、
 娘には自分よりも幸せになってほしいという親心でしょうか。
・9本目
 父上が強くなったのは、才能よりも好きな人のおかげだったみたいです。
 魂の力が一番の強さの元なのでしょうか。

『ゆたんぽのとなり』(吉谷やしよ先生)

・2本目
 大抵の事では揺らがないゆたんぽさんも、
 自分の顔をかたどった花時計には恥ずかしいようです(笑)。
・3本目
 心の満足を取るか、お腹の満足を取るか。
 貧乏な渡辺兄妹には当然後者となるのですが。負けるなw
・4本目
 世界三大珍味に「匹敵」する味ではなくて、実際に入れているとはw 
 しかも金箔まぶしたお弁当ですか(笑)。
・6本目
 入園者の安全対策として存在するロボットのクマですが、
 リアルなのは外見だけで充分です。
 畑荒らしまで再現しなくても(笑)。
・8本目
 密かに採れたての牛乳を殺菌する和実の後ろ姿が怖いですw

『はっぴぃママレード。』(北条晶先生)

 さなえさん、車の免許を持っていたのですね……w

・2本目
 ゴールド免許でいるには、無運転以外に無いと思いますw
・4本目
 車を取りに行くのに「いざという時のため」とは。
 運転していないからでしょうね(笑)。
・5本目
 無運転ゴールド免許ならではのお約束、アクセルの位置が分からないこと。
 更新は大丈夫でしょうかw
・8本目
 ダメージ受けまくりの車ですが、これでは押しても進まないと思います(笑)。
・11本目
 重要でも聞かれてはまずい事は小声で。
 夫にばれないように、豪華な料理で誤魔化そうとしても無駄だと思います(笑)。

『スーパーメイドちるみさん』(師走冬子先生)

 脱・子どもっぽさを目指すちまき先生ですが、道のりは厳しそうです(笑)。

・1本目
 「不本意な子供イメージ」だそうですが、
 自ら作り上げている事に気づいていないのでしょうか(笑)。
 子供イメージ払拭を決意した直後に
 「にゃんこるんクッキー」の誘いにあっさり応じていますしw
・2本目
 倉田先生もさらっと言ってはいけない事をw
 たとえ健からもらった服がお下がりだとしてもw
 ちまき先生に頭を叩かれるはずです。
・3本目
 この場合はタイミングが悪いと言いますかw
 いくらちまき先生がにゃんこる~んのファンとは言え、
 子供っぽさ全開の服をプレゼントするなんてw
 今度は頬も叩かれてます(笑)。
・5本目
 ちるみさんのところへ、の書き置きに「私を捨てて~」とショックを受けるちまき先生。
 まるで付き合っているかのようにも聞こえますw
 倉田先生を困らせるはずが、自分が困る羽目になったのですから
 ショックも受けるはずです(笑)。
・6本目
 ギャンブル好きな先生・佐々木先生には、
 倉田先生の実家の事は絶対にバレてはいけないでしょう。
 かわいそうな倉田先生w
・8本目
 ちまき先生、にゃんこる~んがプリント(?)された服を着てまで、
 自分の方が良いとアピールですが、必死すぎです。

 ちるみさんが着るよりも、自分の方が似合う事を分からせるために、
 ちるみさんにも着せていますけど、けしからんことになってます(笑)。
 ヘソ出しですしボディラインが強調されていますし。
 にゃんこる~んは横に伸びて大変な事になっていますけど(笑)。
・10本目
 外では恥ずかしいから着なくても、家の中では着るのでした。
 メイド服で外を歩くより恥ずかしいのですねw
・11本目
 結局にゃんこるん服が似合っていると健とちるみさんに想われてしまったのですから、
 脱・子どもイメージは失敗だったのでしたw
 
『なないろレシピ』(野広実由先生)

 いつもはクールな、菜々先生の補佐役(?)蔵間先生ですけど、
 今回はいい感じに壊れまくっています(笑)。

・2本目
 蔵間先生はピーマンが苦手のようです。明らかに目線が怪しいですw
・3本目
 ピーマンをピータンと聞き間違えるのはまだしも、ブータンとは間違えませんからw
・4本目
 幼い頃を思い出して、幼児退行してしまった蔵間先生w
 泣いてダダをこねるあたりに笑ってしまいました(笑)。
・5、6本目
 何が何でもピーマンを食べまいと理論武装。
 でもピーマンに毒が含まれているなんて初めて聞きました。
 この後でその説も無効になりますがw
・7本目
 「ピーマンの毒は人間の肝臓だと分解」できるとのことです。
 蔵間先生、破れる(笑)。
・8~10本目
 ピーマンの苦味を抑える方法が幾つか紹介されています。メモメモ。
 9本目は関係ないですけどw
・11本目
 やっとピーマンを食べられるようになった人に、
 「苦味がダイレクトに」くるらしいピーマンの素揚げは厳しすぎます(笑)。

『きらきら、てくてく。』(笹野ちはる先生)

 バイト先が定休日で休日の忍さんと店長。
 せっかく偶然出会ったのに、二人の思惑がすれ違いまくっているのが、
 愉快でもあり愉快でもあり(え?)。
 せっかくのチャンスを生かせない忍さんに、大いに問題がありそうです(笑)。

・2本目
 休日でも早寝早起きな忍さん、健康的です。
 落ち込んでも詐欺にあった前歴に比べれば大した事はないですw
・4本目
 店長もさり気なさ過ぎですが、忍さんは鈍すぎです(笑)。
・6本目
 5本目で夢かどうかを確かめるために、
 自らを叩きまくったから忍さんの頭にはたくさんのコブが(笑)。
 店長の必死のプロポーズ(もどき)も、
 忍さんが朝食抜きで出てきたせいで台無しなのが何ともw
・7本目
 お腹が鳴るのを聞かれまいと、今度は犬の花ちゃんをダシに必死で逃亡するなんてw
 店長と忍さんの距離はなかなか縮まりません(笑)。
・9本目
 美味しい食べ物に、自然に溢れる忍さんの笑顔。
 自分と会ったときにその笑顔が出るようにと、
 密かに頑張る店長が微笑ましくもあり、初々しいです。
・11本目
 忍さんにとってこの日の楽しみは、犬の花ちゃんの散歩ですか?(笑)
 遠くからやってきた店長もお疲れ様でしたw
 疲れた花ちゃんを背負って歩く羽目になってますしw
 忍さんは、店長の気持ちに早く気づいてあげてくださいw

『なでしこ3on3』(秋吉由美子先生)

 哲兄が秘めていた高いバスケの実力に、彼をメインにしようとする鞠子ですけど、
 そうなると自分が控えになってしまうのですが(笑)。
 格好いいプレイをする哲兄に惚れているみたいですが、
 ちゃんとオチを付ける彼に戸惑うあたりに、コメディを感じたりします。

・1本目
 自画自賛の哲兄ですが、突っ込まれたのは違うポイントでしたw
・2本目
 ボケの応酬も、肝心な所でスルーされる哲兄w これはさびしいですね(笑)。
・4本目
 今までは年頃の女性が対象でしたが、熟女も範囲に入った哲兄。大丈夫でしょうかw
・5本目
 鞠子が悩む事は、玉緒には伝わらず。時折鞠子の口から漏れる言葉は、
 彼女の悩みとは違う意味で取られてしまうのでした。これもまたコメディ。
・7~9本目
 ひとりで練習する鞠子にコーチする哲兄、なかなかに格好いいです。
 鞠子はますます彼に惚れた?
・10本目
 でも体力の無さが現れた哲兄に戸惑うのでした(笑)。
・11本目
 哲兄のトレーニングメニューを考えた鞠子ですが、
 そうなると自分の出番がなくなるわけです(笑)。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/238-0f44ef03
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。