スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『ふるーつメイド』ACT 47感想

 2008-09-11
(「ケータイまんがタウンレッド 第22号」にて配信中)

漫画のネタ出しのため、メイドさんたちと交代でデートする事になった一成。
最後のお相手は苺ちゃんですが、期待を裏切らない愉快なお話でした。
愉快なだけではなく、じっくりしっとり読ませるところもあって、バランスが取れてます。

蜜柑編や林檎編と比べて、サービスシーンが多いです。
それもこれも夏だからでしょうか。
蜜柑さんの時も、林檎さんの時も夏だったというのは受け付けません(笑)。
扉絵(に相当する部分?)では苺ちゃんの水着姿です。しかもスク水。マニアックです。

リボンをつけてセーラー服姿の苺ちゃん、新鮮ですね。
基本的に、メイド服しか着られない決まりのせいでもありますが。
一成でなくても、意外なまでの胸の大きさに驚きました。
苺ちゃんには失礼ですけど。
一成のフォローが裏目に出るあたりもお約束ですね。頑張れ。

苺ちゃんのスク水姿が再び登場。
周囲の目を全く気にしない苺ちゃんも大物だと思いました。

苺ちゃん、自慢の潜水を披露していますが、200メートルも潜水する必要があるのか疑問です。
メイドさん必須要素のひとつなのでしょうか。
蜜柑さんや林檎さんは、さらに長い距離を潜水できるのかどうかも気になります。
3人とも本当に普通のメイドなのかも、今更ながら気になります。

冷たいものを買いに行き、戻ってくる途中で転んでしまった苺ちゃんですが、
何を手に持っていたのでしょう。
体中に何かがかかってしまって大変な事になってますが、
一成の言葉に笑いました。「エロゲーみたいな転び方」って(笑)。

このあたりについてあれこれ書くと、私の品格が疑われますので、
これ以上は語りません。語りませんよ。今は語りますまい。

今回も綾姉さんとやっさんが見えます。この二人(?)もデートスポットを回っているのでしょうね。

近所のスーパーではなく、デパートで買い物を目論む苺ちゃん。
大きなデパートは品揃えが豊富ですから、地味にテンションが上がるのでしょうか。
調味料や香辛料の小瓶にワクワクしたり?

二人が立ち寄った先は、コスメとかアクセサリーを売るお店でしょうか。
ポップな色のメイド服を着ている時点で、既におしゃれではあるのですけど
それ以外のアクセサリーも身につけたいでしょうね。
苺ちゃんが手にしたものは、髪飾り……かな?

苺ちゃんに声をかけてきたのは、学校時代の先輩のようですが、いかがでしょう。
苺ちゃんの言葉使いも丁寧ですし。
昔から変わらないというのは、ある意味いいことだと思いますけどね。
スク水は着ていましたけど(笑)。

好きな人から「充分魅力的だから」と言われたら、
苺ちゃんも激しく動揺するはずです。
一成は特に深い意味無しに、素直な気持ちを伝えただけでしょうけど、
苺ちゃんにとってはどれほどの重みを持つ言葉なのか
分かっていたのかが気になります。分かってないだろうなあ……。

ご機嫌な苺ちゃんの様子を見た蜜柑さん、
林檎さんを焦らせる事をいうあたりが、少し意地悪です。少しだけですけど。
思い切り否定しても、それが逆効果な林檎さんも愉快です。

あれだけ素晴らしい体験をして、思い出も作ったのに
結局一成が思い浮かぶのは煩悩一直線ですけど、そういうものでしょう。
男ですから。漫画家への道は遠そうです。

今回はメイドさんたちとのデート編の最後だけあってか、
随所で出てきたサービスシーンも印象的でした。
そして、プールにいるときのにぎやかな雰囲気と、
それ以降の、気持ちを丁寧に描く落ち着いた雰囲気が上手く溶け合っていたお話だと思いました。
一連のデート編が、今後にどのように関わるのかが楽しみです。
こうしたにぎやかであたたかいお話が、ずっと続いてほしいものですが……。

しかし携帯電話で漫画を読むというのは、不便さも感じます。
紙媒体で読めれば……と思うのはぜいたくでしょうか。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/231-78787247
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。