スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがライフMOMO』08・10月増刊号

 2008-09-07
 「チカちゃんは知りたがる」が隔月連載開始となったので、これから更に楽しみです。
『奥さまはアイドル』(師走冬子先生)

・1、2本目
 ひろりんの母はまゆりんの大ファンなのですか。
 まゆりんの特大ポスターとその周囲を飾る花々を見れば、
 まゆりん&ひろりんもあっけにとられるはずですw
 「まゆりんの大ファン」と2回言うのは大事な事だからでしょうかw
・4~6本目
 ひろりんの父(博成)と二人きりになってしまったまゆりん、本当に気まずそうですw
 まゆりんの気遣いがことごとく空回り(笑)。
・8本目
 まゆりんとひろりんの歳の差も結構ありますが、ひろりんの両親も歳の差夫婦だったとはw
・10本目
 書道家の作品は、その道の人でないと分かりにくいかもしれません。
 年齢に関係なく。正直に涙ながらに話すまゆりんが可愛いですw
・12、13本目
 まゆりたちが帰る時。
 まゆりに対して素っ気無い態度の博嗣の父ですけど、単に照れ臭いからでしょうねw
 次に会う時はもっとスムーズに会話ができるといいのですが。

『森田さんは無口』(佐野妙先生)

・1本目
 無口な森田さんの優しさと、秋の叙情が上手くミックスしたお話ですね。私は好きですw
・2本目
 夏から秋への変わり目を知る目安は人それぞれ?
 森田さんにとっては、両親のいちゃいちゃぶりがそのバロメーターでしたか(笑)。
・3本目
 お腹は口ほどにものを言う?(笑) 森田さんには恥ずかしい事でしたけどw
・5本目
 森田さん惜しいですw 炭酸飲料でうがいしたのが良くなかったかと。
 歯についた青のりを取るためとはいえw
・6~9本目
 昼休みの図書館で偶然見かけた告白イベント。
 人のことでも森田さんは一所懸命です。告白した子が振られたから泣いてますしw
 告白された相手は、クラスメートの山本さん……女性にもてるとはw
 鼻水を止めるためとはいえ、ティッシュを鼻輪にする森田さんもどうかと思います(笑)。
・11本目
 森田さんと山本さんの無言のやり取り。
 それを見れば、森田さんとお話したがった女子(名前失念w)が悔しがるはずですw

『ちとせげっちゅ!!』(真島悦也先生)
 嵐が来るとワクワクする人、しない人それぞれですw

・3本目
 傘で空を飛びたがるちとせちゃん、自分の傘でやりましょうw
 傘を使われたみさきちゃんも黒くなるはずです(笑)。
・4本目
 藤先生、ちとせを止めるためとはいえ、スカートで暴風雨の中外に出るのは危険です。
 下着が丸見えなのを見られてますしw
・5本目
 飛んできた瓦を、拳で砕く藤先生の強さは只者ではないです(笑)。
・9本目
 傘をさせばスカートがめくれ、スカートを抑えれば傘が飛びそうに。
 みさきちゃんピンチですw
・10本目
 大荒れの天気以上にハイテンションなちとせのママ。
 濡れ透け状態を嫌がっているようですが、むしろ歓迎しているとしか思えません(笑)。
 ちとせちゃんもなす術がありませんw
・11本目
 嵐は去っても、別の嵐が?
 シルエットのみですけど、女の子でしょうね。なにをしでかすのでしょう。

『チカちゃんは知りたがる』(竹内元紀先生)
 隔月連載スタート(床のコメントより)とのことです。
 ボケまくりでツッコミ不在にもなったり、言いたい放題とフリーダムなキャラたちが
 繰り広げるギャグが何だか好きです(笑)。
 今回はタキオ君のパパも登場してますが、期待を裏切らない
 訳のわからなさを発揮していて読むほうは途方にくれそうですw

・1本目
 タキオ君、泣いてもいいですよw
 皆して好き勝手言ってます。タキオの快適な家目的で彼を誘ったり、
 ひとつもとりえが無いなんて(笑)。 
・2本目
 自由研究はやるかやらないかを悩むとは(笑)。
 ミズホちゃんも共感しないでw
・3、4本目
 ミズホちゃんも余計な知識を知ってますねw 
 ナナミちゃんもセクハラまがいの質問をされて大変ですw
・6本目
 ここからタキオの父のフリーダムタイムが始まります(笑)。
 この話についてはコメントしたくないですw
・7本目
 タキオの父の言う事のしょうもなさに、チカちゃんもミズホちゃんも冷たくスルーしてますw
 「世迷言かな?」って(笑)。
・8本目
 同じことを言ったりしたりしても、学者ならまだ立派には見えますが、
 タキオの父が言っても説得力ゼロですから(笑)。
・9本目
 更には失礼な事をいうタキオの父w
 タキオの反論もまた……w
 ダメだ、この親子(笑)。
・10本目
 チカちゃんはっきり言ってますが、そう言いたくなるのもわかりますw
 そして最後までボケまくるタキオと、唯一まともなナナミちゃん。
 頑張れナナミちゃんw

『カギっこ』(山口舞子先生)

・2本目
 桂先生ノリノリですw
 カバンを放り出してまで、ホウキを手に決めポーズを披露してますから(笑)。
・3本目
 下手に抵抗するよりは、確かに逃げた方がいいわけで。
 おかあちゃんもたまにはいいこと言いますw
・5本目
 元気なお母ちゃんに対して、あっさりギブアップのみつw
 お花畑が見えるほど危険な状態とはw
・7、8本目
 切れた鍵をつける紐の代わりに丈夫なものを……
 さすがに鎖はどうかと思います。どこのヘヴィメタラーだか(笑)。
 かんぴょうをひもと勘違いするおかあちゃんですが、しっかりしてくださいw
・9本目
 お母ちゃんが24時間体勢でみつのボディガードをするなら。
 お母ちゃんは制服を着て、生徒に成りすまそうとしますが、かなり無理がありますw

『わびれもの』(小坂俊史先生)
 今回は「鉄子の旅」でおなじみ横見浩彦氏との共演する小坂先生。
 あいにく私は横見氏のことは存じませんでしたが……。
 ここからは少し厳しい感想になります。

 私が「わびれもの」を好きな理由として、わびしくてさびれたところが紹介されるというのが
 もちろんあるのですが、この作品全体のたたずまいも好きだからです。
 そのたたずまいとは、決して押し付けがましいものではなく、好きという気持ちをにじませつつも、
 控えめに紹介されているところです。
 
 ですが今回は横見氏の色が濃く出ていて、それが私には悪い方向に働いていると感じたのです。
 実際の横見氏は存じませんし、漫画的な演出もあるのでしょうが、今回を読む限りでは
 横見氏の押し付けがましさなどが気になってしまい、素直に楽しめませんでした。 
 なにやら後編もあるとのことなので、次回もこうした感じなのでしょうが……。
 ちょっと残念な回ではありました。

『うちの姉様(あねさま)』(野広実由先生)
 『月刊まんがくらぶオリジナル』で連載中というこの作品ですが、はじめて読みました。
 こちらでの連載をお願いしたいです(笑)。

・1本目
 小2の倫くんに小1のるるちゃん、そして涼音おねえちゃん……だいぶ歳の離れた兄妹ですが
 お姉さん、裸足でどこかのおっさんを追いかけてますよw
・3本目
 お花みたいなるるちゃんのスカートの後ろをたくし上げて、お花にみせる涼音さんw
 何やってるんですかw
・4本目
 コアラとトラの絵もカバのような顔で全てが台無しにw
 涼音さんも容赦ないですw
・6本目
 東大主席の涼音さん、粘菌の絵を描いてどうするつもりでしょうw
・8本目
 涼音さんも倫くんも本来の目的を忘れてますw コアラの気持ちになるよりも絵を描きましょうw
・9本目
 どこかシュールですw
 どうしてもカバの顔を描いてしまう倫くんに、粘菌の絵を勧める涼音さんに笑いました。
・10本目
 粘菌の絵を持ってきてしまった倫くん。途方に暮れるはずですw
・11本目
 先生から聞かされた涼音さんの武勇伝に、さらに途方に暮れる倫くんでした(笑)。
  
『裸眼でGO!』(吉田美紀子先生)

・1本目
 鏡を足で持ってアイメイクとはw 置くタイプの鏡を使えばいいのにw
・4本目
 めがねの持ち主を、めがねだけで特定できるとはすごい能力ですw
・6本目 
 辻本さんが目を大きく見開くと見えすぎるそうですけど、
 ビジュアル的にもいつもの半開き状態のほうがいいですw
・7本目
 遠くの駅までぶらっと旅に出て、密かに自分探しをしても、
 並外れた視力の辻本さんには見つかってました。ありえませんがマンガですからw


『こはるび保育園』(藤凪かおる先生)
 モンタ先生の社長と娘さん(あかねちゃん)が初登場。
 まだまだ小さな娘さんという所を見ると、社長もまだまだ若いのでしょうかね?
 しかし親子でたいぶ性格が違うみたいですけどw

・2本目
 強気そうな社長に対して、引っ込み思案な感じの娘のあかねちゃん。
 社長の用件を聞いてモンタ先生が大声を出すと、
 怖がって社長のスカートにしがみついているのが見逃せません。目立ちませんが。
・3本目
 モンタ先生もチャンスをつかむのが下手ですw
 時給600円スタートから2000円にまで上がったのに、
 500円に下がった所で慌てて引き受けるなんてw
・5本目
 社長がちゃっかりしているのか、モンタ先生が人が良いのかw
 あかねちゃんの世話とコピー取るのとか、コーヒーを入れるのは関係ないはずですがw
・6本目
 ミルクを出されても、どこか落ち着かない様子のあかねちゃん。
 ミルクではなくてコーヒーだったからですか。律儀に飲んでしまったみたいですw
・7本目
 あかねちゃんが気を使うのは、忙しそうな母に迷惑をかけたくないからと思っているからでしょうか。
 確かに大人になると嫌なものも嫌と言えなくなりますから。モンタ先生がいい例ですw
・8、9本目
 あかねちゃんから、社長が「大きくてきれいな保育園に」入れると聞かされたモンタ先生、
 社長の考えをいぶかしがりますが、今自分に課せられた本来の仕事(保育園の地上げ)と関係あるのでしょうね。
 
 せっかくのバイト代も、置き忘れた買い物を買いなおすことで無くなったみたいです。頑張れw

『あぼばクリニック』(藤島じゅん先生)

・2本目
 さちこちゃんのお父さんは……たびたび悪さしにでてきた人でしたかw
・3本目
 小林先生、ついさっきまで普通だったのに大怪我状態w
・3、4本目
 さちこちゃんの本当の病状を告知するはずが、大神先生の関係ない豆知識で台無しにw
 告知内容より豆知識のほうにショックを受ける父もどうかしてますw
・6本目
 さちこちゃんの父と一緒にいる舎弟(?)、気を使っているつもりでしょうが
 全然気遣ってませんからw
・8本目
 住職の世話にはなりたくないですw
・9本目
 大神先生、手術無しの治療法を思いついたのかと思えば、自分が目立とうとしていただけでしたw
 最上階から放り出されてますが、大丈夫でしょうかw
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/229-3b551a24
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。