スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『-そら-』第1巻(白雪しおん:著 芳文社:刊)感想

 2008-08-04
不思議な町「シーププルーフ」を舞台に繰り広げられる、ほうきで空を飛べる少女・ソラと愉快な仲間たちの物語。
 ソラは憧れていた郵便配達の仕事を、ぎこちないながらもこなしてゆくわけですが、仕事を通しての成長物語というよりは、ソラを中心に先輩、友人など愉快でにぎやかな人たち(人ではないキャラもいますが)との交流を中心に描いた作品になっています。少なくとも1巻を読む限りでは。
○程よい笑いと共に魅力の、温かく穏やかな雰囲気は健在
 
 いきなりややネガティブな内容から始まりますが、ご容赦ください。
 正直な所、連載開始から数回の間は、白雪先生の他の作品(「ROM-レス。」や「にこプリトランス」)と比べると、若干の物足りなさを感じていました。
 ほうきで空を飛べる主人公、動物も人間と同じように生活する街、空を飛ぶ魚、シーププルーフで重要な役割を担う“妖精”など、異世界情緒へ読者を誘う要素が見られるにもかかわらず。
 ですがそれでも、自分がやはり白雪先生の作品が好きなのだな、という思いはありました。
 そう思わせるのは、可愛らしさ漂う絵柄とか、ほのぼのとした笑いのためです。

 こうした魅力と共に私を魅了するのは、作品全体に漂う温かさや穏やかな雰囲気だと思うのです。
 それらの雰囲気を出しているのは、絵柄のおかげもあるのですけど、登場人物の性格の根底には優しさがあるからでしょう。
 仕事に厳しい人や少しいたずら好きな双子とかもいますけど、決して悪人として描かれているわけでは無いですから。
 奔放に行動するミズノ課長はどうなのか、というと難しいですけど、やはり悪い人であるはずもないですね。

 私がこの作品の連載当初に感じていた事は、次第に登場人物も増えてにぎやかさが増してくるにつれ、あまり感じなくなっていました。
 
○多くのキャラクターたちによる、愉快でにぎやかな日常

 どこか無鉄砲な所のあるソラが最初に出会ったのは、彼女の直属の上司となる、公安局郵便課・空組のシエル課長。
 シエル課長は、住むところに困るソラのために力になったり(たまたま寮の部屋が空いたという偶然もありますが)、配達地域をソラに覚えさせやすくするために、目印となる景色のきれいなところや食べ物屋さんを織り交ぜたりするなど、気の効いた優しさがあります。
 ヤギのシューさんが彼氏であるところなど、とらえどころの無い所もありますが(笑)。
 
 ソラの友人には同じく郵便課ですが陸組のエルデ、これまた郵便課ですが海組のイルマがいるのですが、この二人は色々と対照的。
 エルデは体育会系の勢いと思い切りのよさが自慢で、イルマは体力はさっぱりで(少し動いただけで激しく疲れるほどですw)、人付き合いもあまり良いほうではないようです。でもソラとエルデとは普通に接しているのですが。
 更に言えばイルマさん、ソラのことが好きみたいです。ソラの役に立とうとして、一着しかない冬の制服を貸しては風邪を引きかけたり、試験に落ちたら住む所がなくなるソラに、自分の家に来るよう勧めたり、さりげなく好意をアプローチしているのが、いじらしいのか笑えるのか(笑)。

 他にも仕事には厳しいけど面倒見の良い陸組・アース課長、性別不明にして好き放題に振る舞う海組・ミズノ課長、ネコ耳&シッポで人懐っこいコテツ(陸組)、中性的な魅力を良くも悪くも活用する双子・クラウン=タイムとリューズ=タイム兄弟(陸組課長補佐)、奔放なミズノ課長に振り回されながらも好意を抱く肖(海組課長補佐)など、多くのキャラが出てきては楽しませてくれます。
 これほど多くても描き分けがしっかりしているので、誰が誰だか分からなくなることもありません。タイム兄弟は双子だけに分かりにくいですけどね(笑)。

○作品解説や描き下ろしでも楽しむ

 基本的にはどの作家さんも、単行本では何かしらの描き下ろし要素を加えて、雑誌で既に読んでいる人にもアピールするようにしているみたいです。
 白雪先生の場合は、カバー下の詳細な解説でおなじみですが、この単行本でもそれを楽しめます。ただ、多作品の単行本のと比べると、若干文章量は少なめですけど、他の作家さんよりは圧倒的に多いです。
 巻頭のカラー描き下ろしは、ソラが幼い時に出会った、迷子になった自分を助けてくれた郵便課・空組の女性との心温まるお話。顔が隠れている事が多く、名前も出ないので具体的には誰かは不明ですが、将来的に本編に出る事を期待したいです。
 本編の合間には、作品の世界観を理解しやすくするためのイラストと解説文があるのも嬉しいところです。
 巻末ではキャラクター解説がされていますが、なぜかみんな上半身裸(のように見えます)です(笑)。キャラクターの名前の由来も載っています。

 ソラの今後の成長ぶりや、ミズノ課長の性別は明かされるのかとか、エルデ(アース課長に向けて)やイルマ(ソラに向けてw)の恋は叶うのかとか(ソラは、空組課長補佐のルーベルに好意を抱いている描写もありますが)、いろいろ気になる要素もあるのですが、そうした部分以上に、白雪先生が描く作品そのものに魅了されているうちは、私はこの作品を読み続けるのでしょう。

 以下のページにて試し読みができます。
まんがタイムきらら-作品紹介ページ-まんがタイムきららWeb(『-そら-』第1巻紹介ページ)
関連記事
コメント
>登場人物の性格の根底には優しさがある
そうですね。そして、それが読む側に癒しを与えてくれる要素なのではないかと思います。
安心感、と言うか……読んでてほっとする感じと言えばいいんでしょうか。

あと、カバー裏の解説、と言うか裏話はもう毎回の楽しみになりつつあります(笑
やっぱり描いている側からしても、作品一話一話に対して思い入れがある、ということが
読んでて伝わってきますからね。
【2008/08/06 16:22】 | 冬狐 #5ff2KGOs | [edit]
冬狐さん、こんばんは。
同じものに触れても、感じ方・とらえ方は人それぞれでしょうけど、
私にはこの作品の登場人物は、基本的に優しさを持っていると思うのです。
にこプリなどにも言えるかもしれませんが。
冬狐さんのように、「読んでいてほっとする感じ」もありますし。

単行本ではお馴染みの解説は私も楽しみです(笑)。
作品を生み出す側としては、いろいろな思いが込められているでしょうから。
それを読む側が感じたり、気づいたりできればいいのですが、全てに気づけるわけでもないですから。
そうした点では、作者による解説は嬉しいですし、ありがたいですね。
【2008/08/06 21:19】 | らぷとん #187kVEMI | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/215-faca1674
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。