スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららMAX』08・9月号感想

 2008-07-22
 2号分の休載を経ての『兄妹はじめました!』掲載が嬉しいです。
 萌葱の奔放さが存分に楽しめますから(笑)。
『イチロー!』(未影先生)
・扉絵
 お買い物後の二人?
 茜は欲しい物を買えたのか笑顔で(髪長いですね)。
 ななこはお財布の中身を気にしてか、渋い表情ですけどw

・1本目
 杏子さん、沖縄に行くのが楽しみなのは分かりますけど、
 ハワイやメキシコな格好がミックスしてますねw 口ひげ付けなくてもw
・2本目
 腐女子なまいちゃん、ななこにスク水を勧めないで下さいw
・3本目
 茜ももう少しななこを気遣ってあげてw
 梢に旅行する事を知られないよう誤魔化すためとはいえ、
 ななこがおねしょしたことにするなんて(笑)。
・4本目
 梢、ななこに逆恨みw
 重要問題を聞き逃したのは自分のせいでしょうw
・5、6本目
 ななこの水着選びに、詩乃がやって来ないはずもなくw
 でも予備校の教室の扉を壊して入ってこなくても(笑)。
 いつの間にどうやってななこの体型を調べたのでしょうw
・7本目
 まいちゃん、想像から妄想に移行してますよ(笑)。
 「ななこさん総受けでたいへんなことに…」って、
 鼻血出しているまいちゃんの方がたいへんなことになってますがw
・8本目
 しのがななこのために選んだ水着は、意外にも大人しめ。
 でも「二人きり用」って何ですかw
 後ろで何かを期待しているまいちゃんにも笑いましたw
・9本目
 詩乃、茜にはとことん冷たいです。
 どんな水着が似合うかをきかれて、きわどいのを勧めないでw
 茜も感動しないで下さいw
・10、11本目 
 尾行しているつもりが、バレバレの梢ちゃん。
 詩乃も何しようとしているんですかw
・13本目
 負けじと梢ちゃんも同行することに。
 ななこに言い放った「一晩中付きっきりで相手をしていただきます!」の言葉にまいちゃん鼻血(笑)。何を想像しているんですかw
・15本目
 杏子さん、まさかきわどい水着を着ようとしていたのですか?(笑)

『落花流水』(真田一輝先生)
 弓道部の合宿の様子が描かれています。
 真田先生のサイトの日記でも触れられていましたが、秋穂と水夏の仲が一歩進みました。
 呼び方を変えるだけですが、相当の勇気が必要なのも分かる気がします。
 名前で呼ぶことを夕さんが水夏に積極的に働きかけたのは、どういう理由かは分かりませんが、
 こうした提案ができるのは夕さんしかいないでしょうから……。
 その意味では、夕さんの功績は大きいでしょうね。

・1本目
 朝、水夏の足元で眠っている秋穂。
 ワザとを装っているようですけど、夕さんにはバレていましたw
 タヌキ寝入りですかw
・2本目
 夕さん、弓道部は増えすぎた野生動物を退治するところではないですからw
・3本目
 すいません、これは良く分かりませんでした。
 遺体は冷たくなるとはいえ、その程度では燃え盛る火に太刀打ちできないと思いますが、ということでしょうか?
・4本目
 恐るべし、夕さん(笑)。
 真冬先生のどんな秘密を知っているのですかw
・5本目
 夕食の準備。
 調理場では包丁を使わないようにしているのは、気遣いではないのですねw
 部活同士の仲が良くないからの「惨劇回避」のためとは(笑)。
・6本目
 暁は夕さんに誉めてもらおうとしたのは分かりますが、甘かったです。
 包丁を使っていないのに、指を怪我したようにみせても無意味ですからw
・7本目
 チームワークを鍛えるには。でも夕さんのアイデアは遠慮したいです。
 「指を」「血」って(笑)。
 必死で止める暁も大変ですねw
・8本目
 夕さんのもうひとつの提案、それは名前で呼び合うこと。
 水夏先輩にはまだまだ抵抗が大きいみたいですが……。
 でも源氏名や戒名などをつける必要もないのですけど(笑)。
・9本目
 水夏が秋穂を名前で呼ぶのに抵抗があるのに、「あきぽ」と呼ばせるのはかなり無理がありそうです(笑)。
・10本目
 名字から名前を呼ぶことにすることは、水夏にとってはとても大切なことのようです。
 秋穂が水夏を心から慕っているのが分かるからこそ、秋穂の気持ちをどう受け止めればいいのか分かりかねているからでしょう、安易に名前で呼ぶことを怖がるのも仕方ないかもしれません。
 それを受けての夕さんの言葉がいいまとめになっていると思います。
・11本目
 夕さんの言葉は、すっきりしない水夏の気持ちを明確にしている要素もあるのでしょう。
 言葉にできなかったり、気づかなかった気持ちを分かりやすくするといいますか。
 その意味では、夕さんは水夏先輩にとってはありがたい存在ではないでしょうか。
 今はそう思わなくても、後でそう思える日が来ると思いますが……。
 
 でも夕さん、水夏を「みーな」と呼ぶのはどうかと思います(笑)。
・12本目
 夕さんにとって暁は、言葉で定義される関係ではないのでしょう。深いです。
 そして暁もタヌキ寝入りしていることに気づいているとは、さすがです(笑)。
・13、14本目 
 朝になって。
 昨夜の夕さんとの会話で、気持ちの整理が付いたのでしょう。
 水夏が秋穂を名前で呼びかけましたから。
 それを受けて、何が起きたか理解しかねる秋穂w

 しかし「血のおねしょ」って、かなり問題発言ですけど(笑)。
・15本目
 他のみんなも名前で呼ぶかに対して、春河からは大人の発言が。
 それというのも、春河もタヌキ寝入りしていたからでしたか(笑)。

『兄妹はじめました!』(愁☆一樹先生)
 何だか久しぶりな感じですねw
 今回は萌葱ワールド炸裂の回です(笑)。

・1本目
 テスト勉強を頑張った萌葱ですけど、頑張った割合は「当社比3割」ですか(笑)。
・2本目
 「3割増し」ですよねw
 自分が旅行に行けるわけではないのに、テストを頑張る萌葱でした。
 気づいていなかったのでしょうかw
・4本目
 簡単なことほど気づかない……事はないと思うのですけど、
 いつでも茜の顔を見たいなら、葵が言うように写真を持ち歩けばいいのに(笑)。
 葵の提案に「天才かおぬし!」と言う萌葱に笑いましたw
・5本目
 でも「生がいい」という萌葱w
 夏休み中茜のバイト先に通うのですかw
 葵の嫌味も全く通じず、かえって萌葱を哀れむのでした(笑)。
・6本目
 うちへのお誘いをしたら、大変なことになりそうですけどw
 毎日遊びに来ようとしてますしw
・8本目
 弧金も誘ってどうするかというと、宿題をサボるのですかw
 「みんなでサボれば怖くない!」じゃありません(笑)。
・9本目
 茜の顔を見るためなら真剣な萌葱でしたw
 宿題を茜に教えてもらうことを提案する葵に、再び「天才だなおぬし!?」ですかw
・10、11本目
 夏休み最終日に教えてもらうのは、無謀です(笑)。
 かといって初日に写し合うのも無理ですからw
・14本目
 茜のバイトが休みには宿題を教えてもらい、バイトがある日にはバイト先で会う……
 萌葱の行動力に脱帽ですw すべては愛のなせる技w

『かなめも』(石見翔子先生)
 前回辺りから、かなちゃんがみかちゃんに好意を抱いている様子が描かれてますけど、
 今回もそんな描写があります。
 そして、かなちゃんのSな部分も垣間見えたり(笑)。

・1本目
 かなちゃんの言葉、どこかオヤジっぽいのですけどw
 休憩で飲む冷たいジュースに「この一杯の為に生きてる~」ですかw
・2本目
 日替わりで自販機の飲み物を変えているみたいです。
 でも「ゲボバドリンクストロベリーミント」は止めた方が……。
 この商品が売られていることも疑問ですがw
・3本目
 毎日買うものを買えていたのは、ひなたの言うことを真に受けたからでした。
 「右上段から順番に買っていくのが作法」とは(笑)。
 もっともそれも民●書房の受け売りだとはw
・5本目
 でも新しいものに出会えるから、と前向きなかなちゃん。
 ゆうきさんに諭されて反省するひなたでしたw
 ユメを洗脳しているゆうきさんが言うのもどうかと思いますけどw
・6本目
 かなちゃん、さり気なくひどいことを言ってますw
 自販機を見つめるみかちゃんに、「お金を入れないと出てこないのよ?」とご丁寧に説明しなくても(笑)。
・7、8本目
 先に買うかなちゃんに、どこか悲しそうなみかちゃん。
 本当は買いたいけど、持ち合わせがないのでしょうね。
 そんな彼女を見て、半分こすることを提案するかなちゃんが優しいです。
 でもみかちゃんの態度は大きいです(笑)。

 とても喜ぶみかちゃんを見て、もし取りやめた時を想像するかなちゃん……ひどいですねw
 泣くみかちゃんを想像して、ぞくぞくしてますし(笑)。
 かなちゃん、けっこうSな人ですか?(笑)
・9本目
 半分こするということは、確かに「間接チュー」になるわけでw
 ひとり恥ずかしがるかなちゃんに、まるで分かっていないみかちゃんでした(笑)。
・10本目
 ドキドキしながらボタンを押すと……もう一本当たりw
 普通は嬉しいはずなのに、かなちゃん落ち込んでます(笑)。
 そんなに間接チューしたかったんですかw
・11本目
 放心状態になるほどショックを受けてますよ(笑)。
 でもみかちゃんも同じものを買ったので、気力回復?w

『にこプリトランス』(白雪しおん先生)

・1本目
 夏休みでも登校するせすたち。
 せすと弥深ちゃんは補習(笑)、騎士とりんすは付き添いですw
 皆勤賞と良い子はイコールではないと思いますがw
 補習を受けるようでは……(笑)。
・2、3本目
 暑さのあまり、日陰でくすぶるせすに「暑いのはみんな同じ」と諭す騎士。
 でもすぐ側にセレブな方々を見ては、それも通じませんよねw

 車で帰宅できる若様たちに、いじけるせすに弥深ちゃん(笑)。
 みんなを車に乗せる親切な樹でした。騎士には歩かせますけどw
 一応日陰の多い道を教える親切さはみせてますが、それは親切ではないですからw
・6本目
 若様宅にて。
 側の夏祭りのにぎやかさに、せすもうれしそう。
 でも補習を優先しないといけませんよw
・7本目
 夏祭りときて、りんご飴とくる弥深ちゃんに騎士も突っ込むw
 せすがりんすに射的対決を申し込むも、りんすの表情が怖いです(笑)。
・9本目
 犬のイツキにもそっぽを向かれる樹(笑)。頑張ってくださいw
・10~12本目
 そこへ通りかかった逆奈ちゃん。
 樹の独り言を、恋の悩みと勘違いしてます。
 実際は騎士との決着を付けることなのですけどw

 樹の恋の相手を自分か灰華さんと思っている逆奈ちゃんが可愛いですw
 樹の慌てぶりに、自分だと思い、顔を赤らめるのも可愛いですねw
 本当は犬相手の独り言を聞かれたから慌てたのですけどw

 逆奈ちゃんの決死のアドバイスに、何か吹っ切れた樹ですが、まぎらわしいことを言わない方が……w
 「俺も逆奈様をお慕いしています!」と言われたら、逆奈ちゃんも舞い上がるのも無理ないです。
 その様子を疑問に思いながら見つめる灰華さんと……王子様?w
 スイカを食べてますねw
・14本目
 逆奈ちゃんのアドバイスを受けて(笑)、騎士と決着を付けようとする樹。
 でもせすの射的練習の流れ弾(石ですがw)を受けて撃沈(笑)。
・15本目
 石を投げるのが射的の練習なのでしょうか(笑)。
 せすに厳しく言われて、違う方向性を見出した樹でした。
 騎士の事を「お義兄さん」と思おうとするなんてw
 そんな樹の言うことをわかっていないせすと、反応するりんすでした(笑)。

『魔法のじゅもん』(あらきかなお先生)
 夏休みといえばラジオ体操!
 ラジオ体操が取り持ったのんちゃんと男の子の恋物語……となるはずでしたけど(笑)。

・1本目
 のんちゃん、健康的な生活ですね。
 一通り家事などを済ませても時間があるのでラジオ体操に参加ですから。
 「ナワバリを取られた日にはなんかくやしい」とありますが、分かりますw
 しっくりくる位置があるんですよね。
・2~5本目
 のんちゃんに一目ぼれする男の子。
 のんちゃんを「ラジオ体操の妖精って感じ」ですかw
 学年の割に落ち着いて見えるといわれて、のんちゃんときめいてますよ(笑)。

 でもお互いに勘違いしています。
 のんちゃんは男の子を中学三年生と思ってますし、男の子はのんちゃんを「大人っぽい小学1年生」と思ってます(笑)。これが後の笑い……いえ、悲劇を生むのですがw
・6本目
 好きな人がいると、おめかししたくなるもの。たとえラジオ体操でもw
・7本目
 男の子、のんちゃんを「姫」と呼んでますw
 のんちゃんの指定席まで確保して、本当に好きなんですねー。
 それを見つめるユリネの表情(笑)。
・8、9本目
 さっそくちーちゃんのいる前で、のんちゃんを姫と呼ぶユリネw
 付き合うかどうかをきかれて、顔を赤らめて戸惑いがちに話すのんちゃんが可愛いですw
 でもユリネはどこか冷めてますw
・10、11本目
 男の子とのお別れの日。
 二人のこそばゆいやり取りを、茶化しているかのようなユリネ(笑)。
 遠ざかる車。男の子から衝撃の言葉がw
 「お互い小学校でがんばろーなー」とはw
 のんちゃん、やっと気づいてショックで吐血(笑)。

『ぐーぱん!』(榛名まお先生)
 神社の夏祭りでの出来事あれこれ。

・1本目
 菜摘も自分たちが男女の恋愛に無縁と分かっているなら、意味深に話さないで下さいw
・2本目
 未理と唄子がお揃いの髪形(ポニテ)なのを見て、嫉妬する菜摘w
 負けじと短い髪をまとめ上げますけど、未理にチョンマゲ扱いされてます。
 辛くても泣くんじゃない(笑)。
・3本目
 お金が一杯あっても、カキ氷を食べまくるのは危険です(笑)。
・6本目
 赤城さん、泣いている迷子を見つけて困りながらも声をかけると……泣いていたのは未理でしたw
・7本目
 食べ過ぎたカキ氷の罠が今発動(笑)。
 未理ピーンチ!w
・8本目
 無事トイレを見つけてよかったですねw
 でも着付けができないので、未理の浴衣ははだけまくりw
・10本目
 菜摘の時計、超高級時計なのに本人には価値が分かっていないみたいですw
 未理が自慢げにみせる、時計形の蚊を落とすグッズを見て感心してますし。
 「私のなんて時間しかわかんないよ」ですから(笑)。
・11本目
 沢山飛び交う蛍に見とれる未理たち。
 でも次々と落ちてくるのは……蚊を落とす道具のせいですか(笑)。

『○本の住人』(kashmir先生)
 前回登場した新入生たちが今回も登場。
 素直になれないゆうきくんは可愛らしいですし、ちーちゃんばりのトラブルメーカーな女の子、SFに詳しい男の子と個性豊かですw

・1本目
 小学1年生のゆうきくん、まだまだお母さんが恋しいのに、一緒にいれずに寂しそう。
 一緒のアパートののりこ&兄のやり取りも、彼にとってはうらやましいみたいです。
 でもお母さんにニートになってもらうのは無理だと思います(笑)。
・2本目
 ゆうきくん、緊張しながらのりこの家に。
 でも一面に積み上げられたフィギュアやプラモの箱などに圧倒されているみたいですw
・3本目
 ちーちゃん、人の家で何をしているんですかw
 グローブはめてのりこの兄のフィギュアなどを叩き壊さないで(笑)。
 兄がちーちゃんを怒らないのは、のりこを気遣っているからですけど、それを恥ずかしがる兄が新鮮ですw
 「幼女思い」呼ばわりされてもいますけど(笑)。
・4本目
 「石川一郎」に「石原二郎」の絵札のカルタって(笑)。
・5本目
 「さ」が二つあるカルタもどうかと思いますw
 しかも「サンドワーム」に「サチコ」ってw
 サチコは小○幸子さんのことでしょうかね?(笑)
・6本目
 みんなでお絵かき。
 ゆうきくんが描いたのはお母さん?w
 ちーちゃんジュニア(勝手に命名)が描いているのは……目黒区?(笑)
・7本目
 ちーちゃんジュニアのシュールすぎる絵とタイトルに、戸惑うのりこ、
 「頭おかしいな!!!」と言うちーちゃん(笑)。
 のり子が女の子の頭をなでるのを見て、ゆうきくんも張り合おうとしてます。
 可愛らしいですねw
・8本目
 ゆうきくんがのりこに気があることを言われて、ゆうきくん全力で否定。
 素直じゃないですねw
 それを許さないのりこの兄(笑)。
 ちーちゃんズの意味不明な言葉に感動しないで下さいw
・10本目
 のりこお手製のクッキーを美味しいと思うゆうきくん。
 そんな彼にのりこの兄やちーちゃんたちが総攻撃(笑)。
 ちーちゃんたちは何を言っているのか分かりませんw
・12本目
 後日、ゆうきくんのお母さんからお礼が。
 でもお母さん、のりこの兄をニートと思っているのでした。
 しかも「ちゃんとしたニート」と(笑)。
 ニートのことを知らない椎名先生に聞いたのがよくなかったみたいですw

 3コマ目、「夢を形にする」ときてdreamcastですか(笑)。ご丁寧にあのうずまきマークまで描かれてますw

『あけいろクラシック』(大和狸先生)
・1本目
 夏は暑いですけど、早朝なら爽やかです。私はその時間には起きれませんが……(涙)。
 「DX犬生ゲーム」が気になります(「人生」ならぬ「犬生」ですから)w
・3本目
 ツボに入りました(笑)。
 バケツプリンはない代わりに「ボウルプリン」ですからw
 充分大きいですよw
・4本目
 余裕で美味しそうに食べる都ちゃん(笑)。
 冷蔵庫にお菓子しかないって……w 
・9本目
 都ちゃんたち、精霊馬を見て妙な想像をしないようにw
 特にナスの三角木馬を想像する都ちゃん(笑)。
・12本目
 男たるもの、簡単にやさしさを見せられない気持ちは昔からありますから、その点ではおじいさんのツンデレも納得いくような気がしますw
・14本目
 あの世にも通販があるのですかw
 そして孫たちの様子を記録するために、デジカメを買うおじいさんw
・15本目
 お盆ですから、亡くなったお母さんもやってくるかもしれませんので、
 お父さんも呼んで家族一緒に過ごしたいものですよね。しみじみ。

『いなぐら‐iT』(あさば先生)
・4本目
 マンガ執筆が進まない健兄、時間が無いという現実の前には、意地もあっさり崩れますw
 姫たちも「大船に乗ったつもりで」の言葉はいいのですが、ルナの言葉は縁起が悪いです。
 「ウィーアー タイタニックガールズ!!」って(笑)。
・6本目
 倹約家のあゆみにすれば、1枚300円のスクリーントーンを使うのはもったいないでしょう。
 それが故の点描ですか(笑)。時間無いのにw
・7本目
 威勢よく手伝うかに見えた姫、百合なラブシーンの絵を見て鼻血がw
 役に立ってません(笑)。
・8、9本目
 インスピレーションを得るため、あゆみとルナに体操服&ブルマを着て抱き合ってもらおうとする健兄ですが、どうして体操服とブルマを2着も……w
 言われてないのに照れながらも真っ先に着て、準備万端な姫にも笑う(笑)。

 2コマ使ってのあゆみとルナが抱き合うシーン。何だかいいですw
 恥ずかしがるあゆみと対照的に、ピースサインを出すルナw
 そして全く相手にされていない姫(笑)。頑張れw
・15本目
 送られてきた掲載誌を読んで、何とも微妙な表情を浮かべるあゆみとルナw
 そして読みたがる姫(笑)。何でしょうね、この温度差w

『ディアン先生の弟子』(日下さつき先生)
 お仕事で外出のディアン先生とシリル、ひとりお留守番のキャラ。
 家の中を自由に見てもいいと言われても、真面目なキャラには困るはずです。
 真面目なだけではだめ、型破りでないとと言われれば見ないわけには行かないですけど、見たらみたで大変な目にあうキャラでしたw

・2本目
 先生の言うとおり家の中を見るか、見ないほうがいいのか悩むキャラ。
 真面目なだけでも難しいのですねw
・3本目
 キャラの心配をして、分身を作って様子を見に来たのはシリル……だけではなく、ディアン先生までも。
 先生はシリルが信用できないからシリルを見張りに来た、とは言ってますけど、キャラのことが心配だと思います。
 小さいディアン先生の力が弱いのをいい事に、抱きつくシリルw ちゃっかりしてますねw
・6本目
 骨董品が並べられた部屋の中。
 全ての骨董品にお札に十字架があって、カタカタ動き出したらキャラも逃げ出すはずですw
 欄外で解説するディアン先生とシリルが何かいいですw
・7本目
 今度は一見普通の物置部屋……でも何故か動き出す物たちw
 部屋を出たのは懸命ですね。先生も「好奇心が足りん!」と言わないで下さいw
・9、10本目
 かごから逃げ出した生き物は台所で大暴れ。
 大して危機感も無く眺めていた二人ですが、ジャガイモがディアン先生の顔面を直撃w
 気を失って、分身の素が破れるほどですから相当なダメージだったのでしょう。
・11本目
 帰宅した二人。
 先生が怪我だらけの理由を、キャラは知るはずも無く。
 キャラが抱えているその生き物のせいなのですけどねw

『ワンダフルデイズ』(荒井チェリー先生)
・2、3本目
 さっちゃんが壱をかばうほどに、泥沼にはまってゆく様子が笑えますw
・4本目
 ひとつのたい焼きを分けて食べて、明日の分として残そうとするすずりちゃん……
 零も不憫に思うはずですw
・6本目
 全力で遊びすぎたからか、気分が悪くなってしまったすずりちゃんを見て反省する零がいじらしいです。
 そしてけなげなすずりちゃんもまた然り。
 具合が悪くなった原因は、たい焼きを1個丸ごと食べたから見たいですけどw
・7、8本目
 零がすずりに自らの力をほのめかす場面。
 零はすずりの力になりたいみたいですけど、当のすずりは「いまもまいにちたのしー」からと断ってます。
 すずりが断ったのは、まだ子どもだからなのか、本当にお金よりいいものを知っているからでしょうか。
 すずりの言葉にほっとしたような、残念そうな表情の零が印象的です。
・9本目
 すずりの口から、何気なく重大な発言が?
 どうやら金子家にはかつて座敷童子がいたかのような……。
 零にはわかっていないみたいですけど。
 そんな流れとは関係なく、うみさんが仕留めた猪についての会話w
・10本目
 もう日が暮れたから今日はお別れ。
 屈託無く「またねー!」というすずりに対して、穏やかな笑顔で「うん またね」と返す零。
 これが二人の出会いが最後となってしまいそうな雰囲気に感じるのは、考えすぎでしょうか……。
・11本目
 そんなしんみりとした余韻をぶった切るかのように、マンガ肉(笑)。
 うみさん張り切りすぎ(笑)。
 喜ぶ大家さんとすずりちゃんでしたw
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/207-ac405e4d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。