スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららキャラット』08・8月号感想

 2008-06-30
読者プレゼントの、「ふら・ふろ」1巻に付いてくる「雛団」ピックが気になります(笑)。
『ひだまりスケッチ』(蒼樹うめ先生)
 前回から登場したひだまり荘の新入居者ふたり。
 乃莉ちゃんは気さくな感じですが、なずなちゃんは引っ込み思案と対照的です。
 なずなちゃんがみんなと馴染むには時間がかかるでしょうが、マイペースでいけば吉、かもしれません。

・2本目
 乃莉ちゃんたち、先輩たちに招待されたのはいいですが、いきなり宮ちゃんをたたく沙英さんを見てしまうなんて(笑)。
 宮ちゃんも食べながら事情を説明しないで下さいw
・3本目
 4コマ目で見えるケーキの形が気になります。
 文字が下に流れているところを見ると、山の形?
 そんなところを気にするのは私だけでしょうかw
・4本目
 会話を弾ませるためか、宮子が用意した「特製トークさいころ」ですが
 目の一つが「ハンバーグ好き?」って(笑)。
 「はい」か「いいえ」の二つで終わりますしw
・6本目
 乃莉ちゃんの趣味はパソコン関係らしく、それに関する用語が次々と。
 パソコンを持っていないゆのと宮ちゃんには、日本語の部分しか聞き取れてませんでしたw
 単に乃莉ちゃんがお金に困っている人にしか聞こえませんw
・8本目
 先輩たちに、絵を描く理由を問うなずなちゃんに、ゆの深く悩む(笑)。
・9本目
 吉野屋先生のことを説明するゆのと宮ちゃんですが、知らない人が聞けば唖然とするのも無理ないですw
・11本目
 楽しく語って夜も更けて。後輩たちを送った後、第二回戦ですかw
 さいころの目が剥がれるようになっていたとはw

『とらぶるクリック!!』(門瀬粗先生)
 おしゃれにはあまり関心を払っていない柚のために、みんなで服選び。
 着せ替えのおもちゃにされている気もしますw

・1~3本目
 夏でも黒い服を着る柚ちゃん、大丈夫……ではなさそうですw
 黒は汚れも目立ちませんし、どのような色にも合わせやすいですけどね。
 強がっても、夏の暑さには勝てませんでしたw
・5本目
 電気製品ブレイカーの杏珠ですけど、電気店で「ギリギリ電化製品」遊びはやめましょうw 弁償できないでしょうにw
 電話で呼び出されたなつめさん、暑さのあまりだれてますが、見捨てられそうになると知るや素早い行動にでてますw もったいつけない方がいいのにw
・6本目
 ファッションに関する言葉は私も良く分かりませんw
 柚さんもついて行けないからと言って、パソコン用語で応戦しなくてもw
・7本目
 いざみんなで服選び。柚さん可哀相に「被験者」扱いされてますw
・8本目
 真剣に選ぶ茉莉に店員さんがお声掛け。
 茉莉が探すものに答えられずに、店員さん落ち込む(笑)。
 「セクシーとは何か?」と問われても困るでしょうねw
・9本目
 今度は杏珠にお声掛け。杏珠も自分で「お探しですけど」といわないでw
 「魂から選んだ服」にこだわる杏珠に、またもや撃沈。頑張れ(笑)。
 もっとも、値段が高すぎて話になりませんでしたがw
・10本目
 なつめさんは自分で着てますし(笑)。
・11本目
 何故か水着対決に(笑)。さすがに柚も怒るはずですw
・13本目
 埒の明かない人たちに、店員さん3度目の挑戦。見事勝利ですw
 なつめさんも、最初からイメージしてたなんて強がりを言わないで下さいw
・15本目
 その後出会うたびに見かける柚の服はいつも同じでしたw
 秋にはまた黒に戻るのですかw

『GA 芸術科アートデザインクラス』(きゆづきさとこ先生)
 何でしょうね、この熱いバトルマンガはw
 どこかで見た設定が織り込まれてますが、これはこれで見てみたいです。本気で。

・1本目
 授業中居眠りしていた如月ちゃん、見ていた夢はシュールですw
 ドレスにキャットウォークで追いかけられるってw
 ムーンウォークでないだけましですか(関係ない)。

 寝ていても耳に入る情報で夢が影響されるのかも、というナミコさんの言葉に
 ノダちゃん嬉しそうな企みの表情w
 眠っているトモカネに、耳元でささやいてますよw
・2本目
 以降しばらくトモカネの夢世界のお話(時折現実のお話)。
 いきなりすごい光景が展開されてます。
 ナミコさんとノダちゃんにいじめられている如月ちゃんを助けるところですから。
 如月ちゃんの役どころも不憫ですが、いじめる役にされた二人も不憫かもしれませんw
・3本目
 転校のわけを熱く語るトモカネですが、初対面の人に重い過去を話すのは
 読者に説明するためでもあるのでしょうw
・4本目
 画材を壊され、課題を出せない如月ちゃんに、トモカネが提案を。
 その提案はノダちゃんがトモカネの耳元でささやいていることですが(笑)。
 そんな二人をよそに、如月ちゃんが持ってきた冷凍みかんを食べる人たちw
・5、6本目
 トモカネの画材は、本物のみかんの皮で描いた千切り絵。
 キョージュがグルメマンガのキャラよろしく言葉巧みに解説してますw
 みかんの皮が出てきたのは、冷凍みかんとの関連でしょうねw
・7~9本目
 しかし新たなるライバルがw
 「変な関西弁」呼ばわりされるあーさん登場です。頬に謎の傷まで付いてますw
 石膏デッサン勝負を挑まれますが、写実主義のあーさんに対して個性あふれるトモカネのデッサン。
 先生を巻き込んでの勝負はトモカネの勝ちとなりますが、トモカネの勝利のセリフも、ノダちゃんがささやいていたものですか(笑)。
・10~13本目
 不適な存在の殿先生や、そんな彼女に対抗しようとする宇佐美先生(「武者小路派」ですかw)たちまで加わるわ、実は如月ちゃんが裏の組織の人間だったとか、もうなんでもありですね(笑)。
 でも空から響く予鈴とともに、時間切れ(笑)。
・15本目
 夢の内容をから何かを悟った(?)トモカネ。
 夢の中で出てきた、自分を救った「のり」を如月ちゃんに渡して「勢い(ノリ)」が大事だと知ったのでしたw 半分ダジャレオチですかw

『火星ロボ大決戦!』(なかま亜咲先生)
 感想を書きやすいものを中心にw

・9本目
 キガシラ、スルーされてますw 可哀相にw
・10本目
 コガタも優先順位を間違えてます。
 スルーされて落ち込むキガシラをなぐさめている場合ではないですw
・13本目
 コガタとキガシラ、二人して優雅にお茶をたしなまないでw
 マカロニも必死ですからw
・14本目
 みんな必死に戦う中、ロボが無いために参戦できないギコちゃん。
 戦う理由を考えてますが、ヂョウに思い切り厳しいこと言われてます。
 「この役立たず」と恐い顔で舌打ちされれば、泣くはずです(笑)。
・15本目
 謝花博士、「火星ロボが加勢にいくわ!!」って、ダジャレですかw
 こちらもダジャレオチw

『うらバン!』(都桜和先生)
 あさみんの予想の上を行く発想と、ハルちゃんの好き勝手ぶりが楽しいです。
 大人しくて地味目なゆみちゃんには、もっと頑張ってもらいたいところですねw

・1本目
 不器用なあさみん、家でドラムの練習もままなりません。
 スティックがすっぽ抜けて窓ガラスを割るほどですから。
 「反抗期と間違われたとです」なんてw
 それを聞いた部長のクールな反応も素敵ですw
・2本目
 スティックが手から抜けないようにするには、あさみんが考えるように
 手に巻きつければいいのですが、それだと「ロール」ができない。
 手を回せばいいのでもないですよw
・3本目
 ドラムを回すあさみんに、部長も惜しいといわないでw
 ドラムの周りを回転するのも大間違いですしw
・4本目
 部長自らロールの実演。
 あさみんも「音の無限増殖」とうまい事を言っている場合ではないです。
 タイトルは『スーパーマリオブラザーズ』で無限増殖技が出来るステージのことでしょうね。懐かしい。
・6本目
 シンバルを持ち上げて、「皿まわし芸」なる一発ネタを披露するゆみちゃん。
 あさみんのフォローがつらいですねw 部長はネコミミ生やしてサムアップしてますけど(笑)。
・8、9本目
 赤点で遅刻のハルちゃん、椅子を盾にこっそり侵入・移動してますけど、ばれてます(笑)。
 イタズラ好きな部長、その椅子に座るもハルちゃん気づかず(笑)。気づいてくださいw
 思い切り力を入れたところで、部長立ち上がるw
 反動で思い切り頭をぶつけて気を失うハルちゃんでした(笑)。
・10本目
 ハルちゃん、トランペット担当なのにドラムを叩くなんてw
・11本目
 ハルちゃんもシンバルで皿まわし芸をw
 二つもって「ダボー!!」とやってもダメです(笑)。
・12本目
 無理するから、シンバルの角が頭を直撃w また気絶です(笑)。
・13本目
 あさみん、スティックがすっぽ抜けたからと言って素手でスネアを叩くとはw
 皮が破れますw

『キルミーベイベー』(カヅホ先生)
・1本目
 自分からクレープ屋さんに誘っておきながら道に迷うやすな(笑)。ソーニャも怒るはずですw
・2本目
 茂みを抜けてようやく見えたのはクレープ屋さんではなくて、お好み焼き屋さんw
 「ソース味のクレープがはやりなんだよ!!」とごまかしますか(笑)。
・3本目
 ゴミ箱の中の新聞に、動物園の熊が逃げ出した事が書かれているのを読むやすな。
 その様子を、離れているのに察知するソーニャがすごいですw
・4、5本目
 ソーニャを驚かすつもりが、自分が驚く羽目になるやすなでした。
 後ろにその熊がいるのですから(笑)。
・7本目
 熊はやすなが手にする、ハチミツ味のクレープに反応?
 ソーニャがアドバイスしかけたところを、食べてしまいましたしw
 「うまい!」と言っている場合ではないのに(笑)。
・8、9本目
 動物園のクマなら人の言うことを聞くかもって、そんなはずもなくw
 「賢くない」と言われたのは分かったのか、地味に怒ってますし(笑)。
・10~13本目
 忍者のあぎりさん登場!
 「土遁の術セット」を売りつけないでw クマを消すマジックを披露するも全然消えてませんしw しまいには自分だけ去って行きました(笑)。
・15本目
 一足先に高いところに逃げていたソーニャを追うやすな。
 クマが柱を揺らすので落ちますが、ちょうどクマの頭に直撃w
 「あんま調子にのんな」と言いながら、記念撮影するソーニャも人がいいですね(笑)。

『ひめくらす』(藤凪かおる先生)
 勘違いの連鎖が愉快なお話となってます(笑)。

・1本目
 葵ちゃんとみなみちゃんが直江を巡って真剣勝負? と思いますよね。
 話の途中から聞けば。これが後々までつながるのが上手いですw
・2本目
 葵ちゃん、体育は得意でも男子と組んでのダブルスでは分が悪いかも。
・3本目
 みなみちゃんが優勢と思えば、組んだ相手が悪かったみたいです。
 直江はテニスが苦手らしいですしw
・4本目
 葵ちゃんと組めなくても、正面から見られる幸せを味わう直江。
 でも後ろからの眺め(組んだ人が腰を振る様子)の良さに気づいたのか
 葵ちゃんと組む直江の友人に嫉妬しないで(笑)。
・5本目
 素直すぎる葵ちゃん、指示を受けるのはゲーム中だけでいいですから。
 タイム中、上着を脱ぐところまで言うことを聞かなくてもw
 直江も必死で止めるはずですw みなみちゃんの表情w
・6本目
 カコちゃんの話半分の情報で、直江固まるw
 葵ちゃんたちが、直江を巡って真剣勝負と聞かされればw
・8、9本目
 葵ちゃんとみなみちゃんが勝負に真剣だったのは、放課後に食べたいものをかけてのことでしたw
 でもその理由は、お互いの事を考えてのことですから、微笑ましいです。
・10、11本目
 話の一部だけ聞いた直江も大変ですw
 みなみちゃんが「私だって大好きだもの」と言うところだけ聞いて去ってしまいますしw
 その後に「パスタ」と続くのに(笑)。
 次の日も勘違いしたままの直江、二人が自分を好きとの思い込みがより強くなってます(笑)。

『鳩町まめっこイグニッションズ』(櫻太助先生)
 前回、屋根から落ちて記憶関係に異常が出たアンドロイドのミュー。
 彼女に秘められた意外な事実が、よりシリアスさを増してます。
 時折笑いも交じってはいますけど……。
 次回で最終回というのが惜しまれます。

・1~3本目
 突然帰ってきた恋歌の両親。御寺ちゃんは二人を見た事が無いので、恋歌の外見を元に勝手な想像をしてます(笑)。
 両親とも髪形を縦ロールにしないでw
 でも父の幼少時の姿は、中世ヨーロッパ貴族風ヘアーでしたか(笑)。
・4本目
 恋歌の家と澪の家は不仲なのに、恋歌パパは澪の父にひんぱんにメールしてたとは(笑)。
 もっとも「ガン無視」されていたのですけどw
・5~9本目
 恋歌の父から告げられるミューに秘められた事実は、恋歌たちにはショックだったでしょう。
 ミューは、恋歌の家(清徳院家)の企業が力を入れていた部門の試作機扱いだったのですから。
 企業(=家)のためにミューを手放さざるを得なくなったことに、必死で止めるあまねを厳しい表情で制する恋歌。緊迫感が出てます。
 でも完全に納得しているわけでもなく、怒りはあるのでした。
 父に対して、石を握った状態でグーで殴らせてほしいなんて(笑)。
・10本目
 恋歌に貸すはずのゲームソフトを、メイドの滝沢さんに渡す御寺ちゃん、
 普通とは違う意味で滝沢さんに忠告しています。
 事情がわからない彼女には何のことやら、ですけどw
・11本目
 翌日、その理由が判明。一日中ゲームのお相手をしていてかなり参っているみたいですw
 というか恋歌さん、どれだけ体力あるんですか(笑)。
・12本目
 あまねはショックで参っている様子。そっと優しさをみせる御寺ちゃんとのやり取りが心に染みます。
・13本目
 恋歌の父も悩んだ上での先日の出来事でしたが、恋歌の怒りは凄まじかったのですね。
 父に掌底くらわすなんてw「パーだから手加減の域」って(笑)。
・14、15本目
 母の言葉に揺れる恋歌の心。
 素直にミューを手放すままでは、終われるはずも無いですよね。

『からハニ』(現津みかみ先生)
・1本目
 わざわざ怪奇現象多発地帯のテレビ局で、百物語を始めるまひるたち。
 本当はありさちゃんが怖がるのを見たいだけですかw
・2本目
 マネージャーの颯太にとっては、怪談よりも身近に怖い存在があるわけでw
 静かに怒るすみれさんに連れて行かれたのでした(笑)。
・5本目
 怖い話の最中、鳴り響く音。
 せりちゃんも、ラップ音と思い怖がるりりちゃんを可愛いと思わないでw
 音が出る科学的理由を知っていながら、黙っているなんて(笑)。
・6~8本目
 そんなせりちゃんが語るのは、誰もいないはずのスタジオでのタレント同士のキスシーンw
 これをきっかけにせりちゃんの猥談オンステージ(笑)。
 よく分かってないりりちゃん、無事開放された颯太に猥談の意味を聞きたがってます(笑)。
 みんなも必死で口をふさぐはずですw
・9本目
 廊下の背後で再び謎の音。真相を知っているせりちゃん、今度は事情を説明しますが、どこにも音の原因となるモニターもライトも無し。ということは……?w

『ちびでびっ!』(寺本薫先生)
・2本目
 あやさん、呪いのトラップを作れるのですかw
 彼女なら魔界でも問題なく暮らせそうです(笑)。
・3本目
 トラップ解除はできなくても、しっかり抜け道が。
 あやさん愛しのやっさんの身長以下なら無事ですかw くぐって無事通過w
・4、5本目
 リリィの部屋の前で待ち構えるのは……しにがみですか。
 見た目が怖そうではないし、鎌ではなくてほうきですしw
 鎌を使ったのはリョウの母でした。死神よりも強いとはw
・7、8本目
 リリィが厳戒態勢をとっていたのは、ホームページ作りのためですかw
 実際にはリョウの名前を無断で使っていたのを、知られたくなかったからですけど。
 確かに「現役女子高生」の響きは強いでしょうねー(笑)。
 
 もっともリョウの名前を借りたのは、アクセス数アップのためというより
 リリィラブな店長を捲くためだったとはw
 でもリョウ名義にしたら、今度はリョウラブなリンコがひんぱんにアクセス。
 いいのか悪いのかw
・9本目
 パソコンは魔界製ですかw 魔界のサイトも見放題ってどんなサイトやらw
 魔界にもファ○コンやネ○ジオはあるのですね。
 ある意味微妙なラインナップですけどw
・11本目
 突然聞こえたメール着信のお知らせ。
 リリィの父親からですが、リリィも迷惑がってはいても嬉しそう。
 仕方なく返事しているのを強調すると、却って嬉しいのがばれますよw
関連記事
コメント
とらクリは扉絵のゴスロリ柚が可愛くてツボでした(笑
柚はきらら系通してもお気に入りのキャラなので、柚メインの回は嬉しかったりします。
【2008/07/04 21:07】 | 冬狐 #5ff2KGOs | [edit]
冬狐さん、こんばんは。

この際ですからもっと柚にはいろいろな服を着てもらいたいです。
コスプレでも可ですので(笑)。

大人しくて可愛らしいですよね。
時折黒い部分も見せてますが、そのギャップもいいのかもしれません。
今年は海やプールへ行くお話は無いのかな、と思っていたら、今回一人だけ水着姿も披露してますねw
【2008/07/04 22:46】 | らぷとん #dt4JMNiE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/199-66f77646
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。