スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムスペシャル』08・7月号感想(その2)

 2008-05-29
暫定的に2回に分けました。
・『えすぴー都見参!』
・『先生はお兄ちゃん。』
・『ふたご最前線』
・『勤労オトメ手帖』
・『きらきら、てくてく。』
・『24時間サンシャイン!』
の6作品の感想です。
『えすぴー都見参!』(岬下部せすな先生)
・3本目
 社長婦人の桜さんが帰ってきてから、メイドさんたちが落ち着かないのは
 桜さんもメイドの仕事をしたがるからでしたか。
 元メイドで働き者だからであって、メイド服を着たいからではないですよね?w
・4、5本目
 御曹司、直人の好物と父である社長の好物は同じでした。
 カレーにハンバーグにオムライス……いいではないですかw
・6本目
 結局その日の夕食は二人の好みのものに。
 二人だけでなくて、都ちゃんも喜んでますよ(笑)。
・8本目
 海外での仕事も一区切りつき、家にいることを重視したい社長の胸のうち。
 「直人との親子の時間をとりたい」というのがいいですね。

 でもそう思わせた大きな原因は、直人が小学校の入学式での出来事だったなんて。
 自分の子どもから「お兄さんダレ?」と言われたらショックですよね(笑)。
 「おじさん誰?」と言われなかっただけマシではないですかw

【ゲスト】『先生はお兄ちゃん。』(テンヤ先生)
 『まんがタイムラブリー』では毎号読んでますから、ゲストという感じが全くしませんでした(笑)。
 でもこうして感想を書くのはあまり無かった気が……。
 何となく『イチロー!』(未影先生)のななこの兄(彼もまた妹ラブ)を
 思い浮かべてしまうのですけどね。あちらはほとんど出番が無いですけどw

・1本目
 高校の国語担当の教師の立場を利用して、追試の課題で
 愛する我が妹の可愛さを生徒に書かせるとは、兄もいい暴走振りです(笑)。
 それをしっかり監視するために参加している妹もどうかと思いますがw
・2本目
 テストで妹の学年を問題に出すとは、兄も(ry
 0点は免れるかもしれませんが、いいんでしょうかw
・3本目
 一見楽勝に見えた課題。実はとてつもない難問だったなんて(笑)。
 確かに誉めすぎれば兄の嫉妬が怖いですし、誉めなくても印象が悪くなるでしょうし。
 こんな教師がいたら困りますねw
・4本目
 兄の妹ラブを上手く利用した作文で、合格した生徒もやりますなw
 要は兄が満足すれば何でもいいみたいですw
・5本目
 保健の先生である月子先生に、悩みを話すまゆ。
 兄にとっては、妹の平穏を願っていることも、
 まゆにとっては不穏以外の何者でもないというすれ違いが、笑いを生んでますw
・6本目
 お昼ごはんも妹と一緒に食べようとする兄w
 給食なら一緒に食べられるのでは、と考えて教頭先生に提案しましたが、
 小学校の先生になるよう言われてますw
 でも「それだとまゆがいません」って……。根本的に間違ってますねw
・7本目
 教科書を忘れたら、隣の人に見せてもらうのが普通ですが……
 まゆもよりによって、兄の担当である国語の教科書を忘れたのが運の尽き。
 隣の人に見せてもらうのではなく、
 兄の隣り(つまり教卓)に机を持ってくる羽目になってますし(笑)。
 兄にとっては嬉しいでしょうが、まゆにとっては恥ずかしい以外の何者でもないですからw
・9本目
 生徒から真面目に授業するよういわれた兄ですが、まるで動じません。
 まゆの写真を見せて、わけの分からない理屈言ってますしw
 可愛いから仕方ないってなんですか(笑)。
 生徒の心の突っ込みに笑いました。国語の先生なのに日本語おかしいですw
・11本目
 下校時に偶然まゆと会った兄。
 一緒に帰ろうとの申し出を、まゆも珍しく受けてます。
 スーパーでの個数制限特売品のため、ひとりでも人手がほしかったからでしたけどw
 ちなみにまゆが一緒に帰りたがらないのは、恥ずかしがってではありませんからw

『ふたご最前線』(辻灯子先生)
 双子の北斗くんと南帆ちゃんはしっかりしているだけに、
 ママさんのうっかりする様子や、おとぼけぶりが目立ってますw
 双子がしっかりしているのは、母の様子をみているからでしょうか。
 見ていて微笑ましいエピソードがいい感じです。

・1本目
 字を覚えたての子どもが、逆まわりとか鏡文字を書くことは仕方ないこと。
 南帆ちゃんはまだ上手く書けませんが、北斗くんは漢字でちゃんと書けてます。
 でもひらがなだと、やっぱり逆まわりなのでした。
・2本目
 言い間違いについて。
 とうもろこしを「ともころし」というのは可愛いですけど
 ドストエフスキーは大人でも言い間違えると思います。
 ママだけでなくて、私も言い間違えましたよ(笑)。
・3本目
 ママさん、言い間違いどころか言葉が出てきてません。大丈夫でしょうか。
 「ヒアルロン酸」が「ヒア…」で止まってますし。
 双子たちに突っ込まれて、ムキになるあたりは子どもなんですけどね(笑)。
・4本目
 テレビの天才園児を見て、我が子に秀でた所がないかと思うママさん。
 カエルの子はカエルの言葉に、双子も声をそろえて
 「カエルの子はオタマジャクシでしたーっ」と突っ込んでます。微笑ましいです。
・5本目
 サッカーに励む子どもたちを見て、サッカーを習うかと北斗くんに聞くママさん。
 でも色々と面倒そうなのを知って、無かった事にしてますけど
 その口実が「北斗がケガしたら大変だから」とは(笑)。
 なぜかママさんの周囲に光が輝いてますしw
・6本目
 子どもに何かさせるとなると、親も大変と知ったママさん、
 何やら覚悟を決めたようですけど、「今のうちに怠けておかないとね」はないでしょう(笑)。
・7本目
 パパのゲームを遊ぼうとする双子たちに注意するママさん、
 片づけようとしたら、たくさんのゲームを見つけてしまいましたw
 幾ら使っているのかを知りたがるママさんの後ろ姿が怖いですね(笑)。
 双子たちも逃げ出すはずですw
・8本目
 帰宅した旦那さんに問い詰めると、中古で買ってるからとのこと。
 それを聞いて、自分も服を中古で買ってると胸を張るのはいいですが
 中古は中古でも値の張るビンテージものでは、意味がないような(笑)。
 言い当てられて速攻で退散してますしw
・9本目
 子どもの頃の夢を話すパパとママ。
 北斗と南帆に夢はないかと聞いてみますが、あっさり「ないよ」と言われます。
 二人にとっては、パパとママの話が笑い話に聞こえてたみたいですから。
 でも夢を笑い話ととらえてるなんて、冷めた子どもですね(笑)。

【ゲスト】『勤労オトメ手帖』(遠山曜先生)
 しっかり者のまめちゃんと、フリーダム気味なるいさんの対比が笑えるこの作品。
 るいさんだけでも充分笑えるのですけどね。
 今回はまめちゃんも笑わせる要員になってます。大丈夫かw

・1本目
 領収書の名前をお客さんに聞くときのお話。
 模範的なまめちゃんに対して、それは無いと突っ込みたくなるるいさんの言葉。
 「お客様ナニサマですか?」は無い(笑)。
・2本目
 バイトが面倒だからと休もうとするるいさん、しっかりしてくださいw
 しかも理由が、たまたまつけたテレビで「パンダの赤ちゃんが産まれた」からってw
・4本目
 半端な額の商品をたくさん注文されたら、即座に合計は出ませんよね。
 この場合は、るいさんは悪くないと思いますw
・5本目
 倉庫整理していたら、荷物が動かせなくなって出られなくなったまめちゃん。
 タイトルにもありますが、まさに倉庫番w
 少し前まではどの機種でも出ていましたけど、最近は見かけなくなったような。
・6本目
 雑誌の恋愛に関する心理テストに興じるるいさんとまめちゃん。
 そこに楽しそうに入ってくる店長ですが、見事にスルーされてます。頑張れw
・8本目
 バイトでの挨拶がつい学校でも口に出るまめちゃんですが、確かにこれは恥ずかしいですよね。
 教室に入るときに「いらっしゃいませー!」は無いですし
 慌てて戸を閉めるときも「ありがとうございました!!」と言わなくてもw
 授業中に売上のことまで気にしてますし。バイトですからそこまで気にしなくてもいいと思いますよw

『きらきら、てくてく。』(笹野ちはる先生)
 前回、風邪を引いた店長に付き添っていた忍さん、
 店長がうわごとで以前付き合っていた彼女の名前を言うのを聞いたため、
 不機嫌になってしまいました。

 二人の不仲の様子に、それまで上手く仲介役を担っていたなつさんも手を引いてしまいましたし……。
 これからはなつさん無しに直接対話して、関係修復を図らないといけないみたいで、
 忍さんも店長も大変みたいです。
 でもなつさんは仲介役には未練があるみたいですから、
 そう悲観することもないかもしれませんけど。

・1本目
 みんなでアイスを食べながら。
 アタリつきのアイスで、なつさんは当たって嬉しそうです。
 忍のも当たるかも、と話しかけてみますけど、何やら険悪な空気がw

 「期待なんてするだけアホらしいですよ」とつぶやく忍さんですが、
 裏を返せば期待していたものが大きかったのでしょう。
 店長との仲が良くなるかも、という期待があったはずですから。
・2本目
 あまりにやさぐれた忍さんの様子に、なつさんもかなり遠慮がちですw

 「期待してなかったわよー!!」と怒りながらアイスの棒を床に投げつけてますが
 事情を知らないなつさんには、ハズレだったからと思われているようです。
 でもアイスのくじが外れたからといって、全力で怒る人もそういないと思いますけどねw
・5本目
 忍さんは店長の以前の彼女(恵さん)など見たことも無いので、
 どんな人かを知りたくもなるでしょう。
 自分に似た感じの人では、と推測しますけど。
 店内の女性客の顔をそれとなく見て、知的で優雅な人と思っているようですが……。
 そうきましたか(笑)。
・6、7本目
 進展具合を聞くなつさんに、店長からの意外な言葉。
 看病されていなかったと聞けば驚くはずです。

 店長も自分が無神経だと思ってはいるみたいですけど、
 犬の花子を「意志の疎通ができる女性」と言っているようでは、まだまだですよね。
 そんな調子では恵さんにも忍さんにも失礼ですからw
・8本目
 真相を聞いて、忍に問い詰めるなつさんが怖いですw
 忍さんに看病を任せて買い物に行ったのは、なつさんなりの気遣いでしたか。
 忍さんはまったく気付かなかったようですけどw
・9本目
 怒りっぽい点をなつさんに指摘された忍さん。
 自分でも自覚していたからか、つい怒鳴ってしまい再び自己嫌悪。
・10、11本目
 忍さんが、なつさんの厚意を無にするかのようなことを言ってしまったのは、
 忍さん自身に余裕が無かったからかもしれません。
 店長から自分の知らない女性の名前が出てきたことが、大きかったでしょう。

 店長との事については、もう関わらないでほしいと告げられたなつさん、
 あっさり受け入れてます。表向きは。背を向けるとため息をついてますけど。

 なつさんが二人のことに関わってきたのは、決して興味本位ではなくて
 本当に心配していたからだと思うのですが、どうでしょう。
 それだけに、忍さんから手助け無用と言われたのは、本当にショックだったと思います。
 自分のしてきたことが無駄になってしまった空しさもあるでしょうし。

 忍さんもそんななつさんの様子に、言いすぎたと思ったのか心を痛めてますけど。
 このままでは3人ともバラバラになってしまいますから、忍さんには正念場でしょう。

『24時間サンシャイン!』(吉川景都先生)
 雨降り続く梅雨時に雨漏りしたコンビニで、いつものように愉快な笑いが展開されます。
 トラブルも笑いに変えるこのパワーがうらやましいですw
・1本目
 雨漏りする店内では、タライを持って仕事はできず。
 だからといって、頭にくくりつけるのもどうかと思います。
 おじぎしたらこぼれるではないですか(笑)。
・2本目
 タライだらけの店内。
 それを見た店長は「コンビニ内障害物レース」を開催しようとしますが、それってどうでしょうw
 しかも参加費取るんですかw
・3本目
 ぬれると困る商品にはビニールを。
 雑誌コーナーにかけてみたところ、取りづらいことが判明。
 切込みを入れたのは良かったですが、ビニールが体に張り付いては読みづらいですねw
 立ち読み禁止の効果は得られると思いますけどw
・4本目
 文具は大きなビニール袋に。それだけでゴミ扱いするとは(笑)。
 確かにそう見えないことも無いですが。
・6本目
 お客さんに傘を差してもらっては、買いものしづらいです。
 でも店員が傘を差してついて回るのは、もっと買い物しづらいですw
 おすすめ商品をそばで言われ続けてはうっとおしいですからw
・7本目
 カッパを用意して着てもらう、というアイデアも、面倒だからと不採用。
 そこで店長、発想の転換を図りますが「店内に雨が降ってなければいいんだ!!」って
 分かりきったことを堂々と叫ばないで下さい(笑)。
・8本目
 こうなれば雨漏りを楽しむ方向に、ということで雨を受ける器は様々な種類のを用意して、
 音の違いを楽しむことに。
 いろんなアイデアが出ましたが、それでは通路が塞がるのも当たり前です(笑)。
 冷静なツッコミ役の、のんちゃんまでも参加してますしw
・9本目
 せっかく修理業者さんが来たのに、余計に雨漏りさせてもらったってw
 店の売上より自分が楽しめればいいんでしょうか、店長は(笑)。
関連記事
カテゴリ :まんがタイムスペシャル トラックバック(-) コメント(0)
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。