スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

雨も風も越えて行け

 2008-05-10
昨日の記事にもありますように、渋谷にある文教堂書店渋谷店にて行われた
岬下部せすな先生のサイン会に行って参りました。
14:00からの開始に対して、13:30までに集合とのことで
その10分ほど前に会場となる書店に着きました。
入り口付近や店内には、サイン会のためにやってきたと思われる人たちが
ちらほら見受けられました。

店内のどこで行われるのだろう、と思っていると
それは2階に通じる階段の踊り場。
踊り場とはいえ結構な広さがあるので、机を置くにも特に問題なさそうですし
階段を通る他のお客さんの邪魔になる感じでもありませんでした。

壁際にはグレーのついたてがあり、その前には光沢のある青い布がかけられた
机が用意され、その隣には背の高い台(?)に活けられたお祝い用の花たちが
にぎやかそうにその姿を見せていました。

それらの上にはサイン会を表す看板が掲げられていましたが、
白と鮮やかなオレンジを基調とした色使いがいいですね。

集合時間になったあたりでしょうか。
書店の方々が、入り口横にある共用ビルの階段に
参加者を整理券の番号順に並ぶよう指示を出しました。
「これから始まるのだなー」という感じがして、密かにテンション上げてましたw
サイン会の定員が100名ですから、だいぶ上のほうまで列が続いていたのでは?
ただ、折り返しとなる番号からはまた1階の階段からでしたけど。

並んで程なくして、アンケート用紙が配られましたが、持って帰りたかったですね。
というのも、テナや風ちゃんたちが描かれたものでしたから。
項目は確か「先生の作品で好きなキャラ(複数可)」
「テナでこれから望む展開、これから読んでみたい作品」……だったはずです。
うろ覚えですが。もう一つあったかな?
そして最後(用紙の下の余白)に自分の名前を書く、と。
繰り返しになりますけど、持って帰りたかったw

アンケートに答えてもまだ時間がありましたので
サインしてもらう本をもう一度さっと通して読んだり、
先生にお伝えしたいことや伺いたい事を確認してみたり。

そうしているうちに開始のアナウンスが流れました。
ついにこの時が来たわけですよ。緊張します。

店内に入れるのは5人ほどで、後は一旦入り口の外で待機です。
店内に入り、先生のお姿を……って、見えません。
まあ階段の踊り場なので、上の方に位置するわけですから。

壁際に並んでいるために、そうなると壁側には動けませんし、
通路側に動くのも、他のお客さんの迷惑になりかねませんから。
そんなわけで「もう少しの我慢だ」と言い聞かせて待ってました。恐らく。

自分の番になる少し前に、スーツを着た方にアンケート用紙を手渡し、
その際に本に描いてもらいたいキャラの名前を伝えるシステムでした。

その方が、先生のお隣にいらっしゃる女性にキャラの名前を伝えつつ
アンケート用紙を手渡してました。
ちょっとした伝言ゲーム状態でしたが、少なくとも私の場合は無事に伝わってました。
もし違うキャラだったら、それはそれでおいしい出来事だったかもしれません(笑)。

刻々と近づく自分の番。
伝えたいことなどを記したメモと、サインしてもらいたい本を手にしていると
緊張が高まるのを感じました。何をそれほどまでに緊張する必要があるのか
自分でも分かりませんけど、上がり症ですから仕方ないのですw

自分の前の方も、何か先生と話していたみたいですけど
緊張している私には、詳しい内容まで聞えるはずも無く。
自分の前の方が去り、目の前に先生の姿が見えた時は
軽く頭の中が真っ白になってました。情けないですねー。私。

あ、自分の番だ、と思うより少し先に店員さんからどうぞ、と声をかけられ
慌てて足を動かしたのは覚えてます。
さて、以下はかなり緊張度合いが高くて、テンパっている状態での
先生とのやり取りの様子です。記憶かなり曖昧ですけどね。
結局はあまり話せませんでしたけど……。
以前よりは大いに前進した、ということにしておきましょう。

まずは「はじめまして、よろしくお願いします」とご挨拶。
描いてもらうキャラは、風ちゃん。
いつもの私ならここから黙り込んでしまうところですが、今日は違った。
ほんの少しだけですが。

「先生の作品には温かみがあって、好きです」
とひねりの無い感想に自分が泣いた。心の中で。
それに対して先生は「ほんわかしたのを書くのが好きなので……」とのお言葉。やはり。

私:そして何かしら読む人をはっとさせるものがありますね。
  例えば「ふーすてっぷ」なら、最後の方で風ちゃんが進路に迷った時、
  (鉄平が)自分で選んで自分で決めていかないといけない、というのを読んで
  「ああ、人生ってそうなんだよな、自分で選んで、自分で決めていくことの
  繰り返しなんだな」って改めて考えましたから
  (以上はメモを読みながら)。
先生:何か感じ取っていただけるのであれば、嬉しいですね。
   (他にも何か言われたはずですが、覚えてません。緊張で記憶が飛んだのかww)

私が言えたのはこれ位でした。絞りすぎたかな。
この頃には、もうひととおり描き終ってました。

サインとイラストを描いていただき、本を手渡された後
最後に一つだけ質問したのですけど、そのお答えは
作品から伝わるものと同様、誠意あるものでした。
答えにくい質問で申しわけございません、とここで書いてもね……。

そうそう。ありがたいことに手土産として
ラフ集小冊子(表紙込み8ページ)とポストカード2種類(「テナ」と「ふーすてっぷ」)を
いただいてしまいました。
サインとイラストを描いていただけるだけでも充分嬉しいのですけど
更に嬉しさが増す出来事でした。感謝。

お礼を述べて、まずは会場を後にしたわけですが。
この後のことはまた後程(ふふふ)。

無事にサイン会が開催されたことにも感謝ですし、
岬下部先生、主催された関係者の方々にも感謝いたします。ありがとうございました!
関連記事
コメント
お疲れ様でーす!
前進おめでとう御座います。いつかメモを見ずに話せるようになると良いですね。
あっしも精進しますわ、これからも。
噂だとアルン(テナ)が人気だったみたいですが、伝が可愛いんだと声を大にして叫んでやりたいです(笑)
ラフ画は嬉しかったですね、ちょくちょく見直したり。

それじゃあ後の事を楽しみに待っとりますw
【2008/05/11 21:21】 | 砂漠ヒロ #CWysznR2 | [edit]
砂漠ヒロさん、どうもお疲れ様でした!
前進とはいえ、ほふく前進によるアリのにじり程度でしたがw

アルンさんの人気は風の噂(?)で聞きました。
私も好きですけどw
伝ちゃんも可愛いですよね。風ちゃんとどちらを描いてもらうかギリギリまで迷いましたし。

>後の事
期待はしないで下さいww
【2008/05/11 22:00】 | らぷとん #dt4JMNiE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rapton.blog103.fc2.com/tb.php/174-26f809c1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。