スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

らぷとんの散財万歳!

 2008-05-08
(5月8日:画像追加しました)
 前の記事ではコミティア84に行ったことや、とてもお気に入りの作品について書きました。
 今回はコミティア84にて買った中から、他に好きな作品などをご紹介いたします。
 誰が注目しているかは分かりませんけどw

 まずは一番笑ってしまったものから。
 「タコタコタコ」という本です。
タコ3

 少年と、彼に助けられたタコ(海に住むあれです)の愉快な4コマですが、試し読みした時点で吹きだしてしまいましたから(笑)。
 とぼけた持ち味のタコと、そんなタコに戸惑う少年のやり取りも愉快ですけど、さりげなくブラックなんですよね。
 タコが、自分を助けてくれた少年に恩返しをしたいからと言って、自分を食べてもいい、というあたりなどが。
 後書きに「まんがホーム用に~」とあったので「あれ?この方、プロ?」と思ってお名前を見ると……。
 仙石寛子さんというお名前が。すみません、この方の作品を読んだことがなかったので(お名前を存じてましたけど)、「この方、プロじゃん!」と驚いたのはここだけの話です。

 お次はこちらもゆるキャラ(?)が繰り広げるほんわかした笑い系統です。
 はじめに姫缶のささみさんによる「すーさん」シリーズの絵本から。
すーさん

 結構たくさんのシリーズが出ていましたが、今回購入したのは3冊。
 いずれもまったりほんわかした雰囲気が持ち味の作品で、私好みです。
 もし機会があれば他のも買ってみたいところですね。

 もう一つはしまむら亭の島村しまもさんによる「しろいのシリーズ」。
しろいの

 こちらも何冊か出ていましたが、3冊購入。
 ねこ(?)の「しろいの」と愉快な仲間が繰り広げる、こちらもゆるゆるまったり系の雰囲気がいいのです。
 読んでいてこちらも笑いをこらえるのに必死で、思わず買う時に(恐らく作者さんと思しき)売り子さんに、笑いどころをあれこれ話したほどです。
 その方は「読んでいる人の表情を見るのが好きなんです」と言われてましたが、私の笑いをこらえる無様な表情も見られていたわけですね。恥ずかしいw

 お次はチキ缶のかんきちさんによる「今日の奥さん3」。
おくさん3

 4コマとストーリーものが収録されていますけど、主人公の奥さんのとぼけ振りや、想像力豊かなところに思わずくすりと笑いがこぼれたりしました。
 ストーリーものは、奥さんとだんなさんの、ちょっといいお話。
 これがシリーズ最終巻とのことですけど、まだまだ続きを読みたいですね。もったいない気がします。

 続いてはTime and AirのKYOHEIさんによる「僕の嘘」。
僕の嘘

 こちらはストーリーもの2本(それぞれ独立した内容)とイラスト集ですけど、表紙のスッキリした絵柄や色使いに惹かれて買いました。
 1本目は仲良し女子高生三人による、日常の中で起こりうる(であろう)出来事の中から、笑いに結びつくことを上手くすくい上げたお話……だと思います。
 元気いっぱいの女の子(主人公?)と、クールな友人やほんわりした友人(作者いわく「凄い地味にと意識」してキャラを作ったそうですけど)のやり取りが好みです。
 山口舞子先生の「もうすこしがんばりましょう」にも通じるところはあるかな?
 2本目は高校生のカップルの読んでいてくすぐったくなるお話です(笑)。
 何気ないことをさり気なく描いているのですけど、それもまたいいものですw

 更に続いてはHi-Jumperの乾ないなさんによるのを2冊。
ロンドンコーリング

 新刊ではないのですけど、初めて読むので私にとっては新刊ですw
 1冊は「HeavyGauge」、もう一冊は「Drops」というタイトルの作品。
 どちらも女子高生によるバンドもの……のフリをしたギャグマンガだったりします。
 両作品に共通しているのは、破天荒気味な登場人物がギターを振り上げて、「ロンドンコーリング」なる必殺技をかますところですが、ロック好きな方ならこの名前とポーズでピンと来る方もいるでしょう。
ろんどんこーりんぐ

 読んでいて「クラッシュかよ!」と突っ込んでしまいましたから(笑)。
 その事を作者さん(と思われる方)にお話しすると、「全然クラッシュとは関係ないんですけどね(笑)」とおっしゃってました。
 ギターもきっちり丁寧に描かれてますし、ギターを持っている(弾けるわけではないですw)私としてはポイントの高い作品です。
 
 最後にご紹介するのは、ジャポニカ自由帳のおふたりによる「ジャポニカ自由帳22」。
22

 前回のコミティアで初めてこのシリーズを購入しましたが、今回もお二人の異なる個性が存分に発揮された作品が収録されています。
 コサカさんのにしても、こてはしさんのにしても、人生とか日常で起こる些細ではありながらも受け流せない、心や記憶に引っかかるであろう出来事を、丁寧に描いているところが凄いと思うのです。

 他にもいろいろと買いましたし、どれも楽しめましたけどまずはこのあたりで締めにしたいと思います。
 本当は画像も載せたかったですけど、眠いので止めました(笑)。
 というわけで、各本の写真は後日改めて載せます。その方がイメージつかみやすいでしょうし。
 誰がつかもうとするのか不明ですけどw

 約束は果たしたぜ!(笑)
関連記事
カテゴリ :日記 トラックバック(-) コメント(2)
コメント
おお、たくさん買われてますね。
こちとら資金があまり無かったので、思うように散財できなかったです(笑)
見てると、センス良いのが多いですね。クラッシュ吹いたw
ティアは創作オンリーなんで、まさに個性のぶつかり合いって感じで好きです。まだ、二回しか行ってませんが。
【2008/05/08 22:36】 | 砂漠ヒロ #CWysznR2 | [edit]
砂漠ヒロさん、こんばんは~。
まだまだ買ったのはありますよw
私も本当はあまり散財している場合ではないのですけど
「明日死ぬかもしれないし……」という気持ちで買っちゃいました。
この気持ちをもっと別の方向に生かすべきだというのは禁句です(笑)。

>クラッシュ吹いたw
クラッシュをご存知でしょうか?
私は一時期聴きまくってました。でもダムドの1stの方が好きだったり(えー?)

コミティアの雰囲気は好きですね。
「個性のぶつかり合い」とはまさにその通り。
色々眺めていて刺激を受けました。
それを実際に活かせないのが悲しいですが。
私もまだ2回目なんですよね。次回も楽しみです。
そしてニアミスw
【2008/05/08 22:47】 | らぷとん #dt4JMNiE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。