スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『まんがタイムきららキャラット』’08・6月号感想

 2008-05-03
 これを書くのにほぼ半日弱かかるってどういうこと(笑)。
『雅さんちの戦闘事情』(鬼八頭かかし先生)
・扉絵
 ページ上の言葉が全てかと。確かにいかがわしいです。ヤルンサクサさん。
 しかも「かわやらしい」という新たな造語まで登場してますし。
 「(わかくて かわいくて)わかいくて」も素晴らしい造語ですが、
 この言葉も本編で使われるのでしょうか。
・1本目 
 どんなミスも可愛らしく謝れば万事解決……できたらいいのですけどね(笑)。
 こんな人(たち)が政治家だったら嫌ですね。今の政治家もあれですけど。
 と少し社会派ぶってみたり。
・4本目
 修行中の花子ですけど、クマを相手に特訓かと思えばフェンス越しですか。
 クマは確かに怖いですけど、4コマ目のクマは可愛いですね。全然怖くないw
・5本目
 1コマ目、何て自虐ネタ(笑)。
 花子も一応やる気はあるのですけど、やっぱり面倒くさがりやです。大丈夫かw
・6本目
 花子と母、久々の再会。でもとっても若々しいです。
 褒められてないのに褒められていると受け取るあたりが素敵ですw
・7本目
 子どもか否かの判断は胸の大きさですか(笑)。だとすると二人の距離はまだまだ縮まりそうにないですねw
・8本目
 父さん本当にダメだw 読んでいる雑誌(?)のタイトルも日に日にパワーアップしてますしw
 (ろーれぐ)「大王」→「帝王」→「魔王」ですから。
 面倒なことを先延ばしする花子には、父のことは責められませんね。
・10本目
 母との再会が、花子のやる気に火をつけたのはいいですが、フェンスを乗り越えてはいけませんw
 注意されても花子にとっては母さんと一緒にいられるのが嬉しいのでしょうか。
 でも事の重大さを分かってなさそうですw
・11本目
 四六時中修行漬け、とはいかないのはわかりますけど、普段が普段ですからねえ(笑)。
 しかし2コマ目と3コマ目はあざといですねw
・12本目
 よく見ると4コマ目、たこ焼きらしきものを巡って、ヒュンドラとエイストラが
静かな争いを繰り広げているのでは? 力が入ってか、手が震えているようなw
・13本目
 裏切ったヤルンサクサを「消して下さい」と言い放ったアングルボザですけど、
すぐに訂正するあたり人がいいというか、優しいといいますか。
 そうそう非情にはなれませんよね。
・15本目
 一人富士の樹海へ向かうアングルボザ……のはずですが、津軽?(笑)
 何てお約束なボケをかましてくれるんでしょうかw

『かみさまのいうとおり!』(湖西晶先生)
・1本目
 明さんのお弁当、すごいことになってますね。
 チャーハンがオカズで、白飯がゴハンですか。チャーハンだけでいいはずなのに(笑)。
・4本目
 お米にこだわる明さん。
 その理由がお米を食べると胸が大きくなるから、だそうですが、本当でしょうかw
 魚を食べるとDHAのおかげで頭が良くなるのはよくいわれますけど、
 そのとばっちり(?)が山伏ちゃんに。成績が悪いのは山にいることが多いから、
 と思われているのが悲しいですね。
 いつもの3人も哀れんでますし(笑)。
・5本目
 久々の再会で知ってしまった明暗。そう、それは胸の大きさの違い。
 やさぐれて壊れかけている明を見て笑ってしまうのはなぜ。笑ってはいけませんけどw
・6本目
 お米でむしろ胸が小さくなるのでは、と聞いたとたんにお米を食べまくる
くりちゃんですけど、食べる音に笑いました。「もっもっ」ってw しかもたくさん(笑)。
・8本目
 理由が何であれ、栄養バランスを欠いた食事は体に良くないですから。
 まりあが差し出したデザートをいただいちゃいなさいよw ほのぼの。
・9本目
 反省しておかずを作ったのはいいですけど、ゴハン無しですかw
 確かにトータルで見ればバランスは取れてますけどw
・11本目
 今度はお弁当の中身も栄養バランスをしっかりと。少ない食費でやりくり上手。
 しかしこの言葉で反応しますか(笑)。

『火星ロボ大決戦!』(なかま亜咲先生)
 笑いどころ満載なのはいいですけど、コメントしづらいです(笑)。でもやる。

・1本目
 見ているのがいやなら見なければいい。それはそうなんですけどね(笑)。
・2本目
 科学的な場所でも最後は神頼みですか(笑)。でも悠子さん、そんなに否定しなくてもw
・3本目
 ロボットは空輸でも人はバスで移動。でもフォークランド近海までどうやってバスで行くんでしょうか。水陸両用バス?
・4本目
 作戦名をいうだけで終りってw
・5本目
 日本語って面白いですねw まあヂョウにとって「やられたら」ときたら
 あのことしかないのでしょうけど(笑)。漢字ではなくてカタカナでも可かも(オイ)。
・6本目
 敵の本拠地へ乗り込んだギコたち。
 早速ペンコマたちが脅しをかけるのかと思えば、正しい場所を教えるだけでした(笑)。
・7本目
 ペンコマたちも親切ですねw 教えなければ有利になれるのにw
・8本目
 最終決戦に向けて、ロボットもいつも以上に気合いが入っているかと思えば、計器の故障とは(笑)。
 ヂョウも真顔で叫ばなくてもw
・9本目
 悠子さん、戦ってくださいw
 「一体何機いやがるんだ?」と言われたからといっても
 敵の正確な数を知りたいわけではないですからw
・10本目
 う~ん、ヂョウが手にしているものは何でしょう。誰か教えて。
・11本目
 さりげなくとんでもないこと言ってますね。ヂョウ。状況と関係ないし(笑)。
・12本目
 わざわざ古風な言い回しを使うと思ったら(笑)。
 アデリーも自信たっぷりに肯定しないで下さい(笑)。
・13本目
 アデリーに相手にされず、思わず頭に血が上る銘苅。
 そんな彼をギコたちはたしなめますが、アデリーは本当にうらやましかったのですかw
 普通はまだまだひよっ子的に相手をあざ笑うと思うのですけどw

【ゲスト】『パペット☆ネイバーズ』(海産物先生)
 アパートの隣の部屋に越してきたパペット使いの女の子、かおる。
 彼女を(色々な意味で)巡るお話ですけど、お姉さん(望)がいい味出してます。
 はじめは少年(ゆー君)大好きだったのに、おびえる少女を見たとたんにスイッチは入りましたから(笑)。

 かおるは引っ込み思案なのか、パペットを使って会話するのですけど、
 天然だったりわざとボケてみたりと結構ユーモア精神もあるみたいです。
 天然ではユーモア精神とは言わないかなw
 でも腹話術のコーチはそれまでの性格が一変、厳しいコーチ役に。
 こうしたギャップで締めるあたり、上手くまとまっていると思いました。

・1本目
 ゆー君、越してきた女の子と仲良くなることを考えていたら、
 望さんに変な考えを割り込まれたり。
 望さんは人の心が読めるのでしょうか(笑)。
・2本目
 お隣に住む望さんはゆー君ラブ。あまりに仲が良すぎるところを少女に見られてしまいました。
 ゆー君、頑張れ(笑)。
・3本目
 のぞき見したのをとがめられて、おびえる女の子。
 その姿に望さん豹変(笑)。ゆー君をあっさり捨てて女の子ラブになってしまいましたw
・4、5本目 
 望さんが差し出した手にかみついたパペット。
 その様子がさらに望さんの心に火をつけたみたいです(笑)。
 ゆー君も望さんを危険人物扱いしてますしw
・7本目
 つまづいて転んだ拍子にパペットが手から外れてしまいました。
 それなのに手を動かしてしゃべるかおるちゃんは、天然なのかどうなのか(笑)。
・9本目
 乾杯のためにコップをパペットの口でつかもうとするかおるちゃんですけど、すべりますからw
 でもそれはわざとボケてやっていたことだったなんてw
・11本目
 またもやゆー君の考えに入り込む望さん。
 でもゆー君も少しはよこしまな事を考えていたみたいでしたw
・13本目
 望さんが言う「もっと仲良くしたい」は危ないと思います(笑)。
・14本目
 もっと二人と仲良くなるために、夜なべしてパペット作りに勤しむかおるちゃん。
 いじらしいですね。
・15本目
 二人ともパペットを使って楽しそうで良かったですね……と思っていたら
 かおるちゃんによる腹話術の特訓が始まってしまいました。
 大人しいようでいて、やるときはやるんですね(笑)。

『ハッピーとれいるず』(荒井チェリー先生)
・1本目
 生徒会のお手伝いをして、感謝される宝ですけど、ほめられた後の表情が怖いです(笑)。
 思い切り腹黒さ全開なんですけど(笑)。
・2本目
 よどみなく部の設立理由を語る宝ですけど、副会長にはお見通しみたいですw
・3本目
 宝たちの部の存在は認めたくない生徒会長も、宝は好きだから複雑ですよね。
 宝の(多分営業)スマイルに魅了されて部の活動を認めてますしw
・4本目 
 初仕事(’07・12月号)で出てきた「うつぼかずらさん」グッズ再び(笑)。
・6本目
 引っ込み思案の鳩ちゃんは変装系の依頼が多いみたいです。
 亜胡も「変化の術」といわないでw
・7本目
 霊媒体質(?)のノンちゃんは本物の霊を呼んで、心霊写真作りのお手伝い。
 でも鮮明すぎてそうは見えなくてクレームがつくなんてw
・8本目
 こんな二人の活躍を見て、自分を無力と思い落ち込む亜胡ですけど、
 ハイジの励まし方は何か違う気がします。
 「俺なんて全然役に立ってねーし!」って(笑)。

 ダメさ加減溢れる人たちを挙げても意味がないのにw
 一芽も誉められてないからw しかし「バターとマーガリン」のお菓子って(笑)。
・9本目
 亜胡には亜胡なりの役割がちゃんとあることに気づいて、良かったですね。
 一応魔法使いですから、人をリラックスさせるおまじないをかけられると、ほっとできそうです。
・10本目
 会長と副会長の会話がかみ合ってませんけど、仕方ないです。
 会長にとっての「録画」は心の(記憶の)録画でしょうから。もしくは恋の録画。
・11本目
 再びかみあわない二人の会話。
 宝が好きな会長には、副会長のプロポーズはさり気なさすぎて気付くはずも無く。
 気づいてもらえなくても、まるで動じない副会長も大人です。

『はるみねーしょん』(大沖先生)
・1本目
 星占いならぬ「干し占い」?(笑)。
 はるみの星にはあるのかと思えば、無いなんて適当w
・3本目
 占いってなんでしょうね。
 ユキちゃんの考え(全ての星座の人の運勢は普通)は夢が無いですねw
 でもはるみは感心してますけどw
・4、5本目
 占いの漢字の起源を想像するはるみと香樹ですけど、はるみの考えが面白い(笑)。
 とうふに棒をさして、それを倒さないようにとうふをくずすってw
 しかもパーティーゲームが結論ですかw
・6本目
 吉、小吉、末吉は確かに違いが微妙にわかりづらいです。
 今風の言葉で言い換えたはるみの案も、やっぱり分かりづらいですけど(笑)。
・9本目
 様子を聞く占いってどうなんでしょうw
 「いいことある?」とか「最近どう?」と言われてもw
・10本目
 たたみかけるようなボケとツッコミ。どこの若手芸人のコントでしょうw

『ふら・ふろ』(カネコマサル先生)
 単行本1巻が6月28日発売決定だそうです(扉コメントより)。
 萌えではないですが、いいではないですか。萌えている方もいるでしょうけど。

・1本目
 小さな鉢植えで女の子らしさがアピールされているアオちゃんに対して、
 実用(茄子ですかw)一点張りのナツとハナ。さすがですw
・2本目
 確かにごはんを平たいお皿に盛ると、ちょっとお洒落なお店っぽいかも。
 それは良いのですけど、食べた後の魚の骨を鉢植えにしなくても(笑)。
 しかしきれいにお魚を食べますね。
・4本目
 こどもの日(が近い)だからでしょうか。新聞紙でカブトを作るナツに触発されて
 新聞紙でヨロイと刀を作るハナでした。器用ですねw
 
 それらを身につけたお師匠さん、眼を輝かせて喜んでますけどハナを思い切り叩いてます。
 いやな喜びの表現ですw
・7本目
 名前のハナとフラワーの花をかけたフラワークイズ。
 何とも唐突ですけど、クイズの中身は花と関係ない(笑)。
 縦並びの信号機は滅多に見かけないですけど、赤は上にあるのではないでしょうかw
・8本目
 お風呂の蓋を開けたら浮かぶお魚。これをみたら驚きますよね。
 ハナが入れたおもちゃだったわけですが、案の定突っ込まれてます。
 しかも新しいほう(キックバージョンw)。 
 そのお魚は2本目で魚の骨の変わりに置かれてますし。アオちゃんも驚くはずですw

『うらバン!』(都桜和先生)
 今気づいたのですけど、あさみんの髪飾りであるぶたさんの表情、
 あさみんの表情に合わせて変わるのですね。
 そういえば『兄妹はじめました!』の葵のも『魔法のじゅもん』ののんちゃんのもそうですよね。
 他にこうしたしかけ(?)のあるマンガ、ありますかね?

・1本目
 あさみん、一人で舞って踊っていい笑顔。でも人には見られたくなかったみたいですw
・2本目
 それって指揮者の練習でしたかw あんなダイナミックに踊る指揮者はいないかもw
・3本目
 あさみんの不満に、部長も用を頼みづらくなったみたいです。
 あさみんはチラシやフライヤー制作要員ですかw
・4本目
 部長も優しいですねー。
楽器を担当したがるあさみんのために、 急遽パーカッションを担当させてます。
 メインはチラシ作成だったのですけどw
 あさみんもぶたさんの髪飾りも喜んでますw
・5本目
 でもカスタネットで指を挟むようでは……(笑)。
・6本目
 今度はドラムを。でも淵に指を思い切りぶつけてます。わざとですか?(笑)
・7本目
 体力自慢のハルちゃんにとっては、校庭1周など簡単なこと。
 でもスパッツ無しでは恥ずかしいらしいです。もしかしてはいてない?(笑)
・8本目
 スパッツは部長のなので安心でしたw
 でも笑っているハルちゃんの口に、あさみんの手からすっぽ抜けたスティックが。
 あり得ない(笑)。
・9本目
 ドラムセットを前に座る気分は……宇宙船にいる気分ですかw
・10本目
 宇宙船ごっこをはじめるあさみんにつられて、ハルちゃんも仲間入り。
 しかし「とんこつエネルギー」ってw どれだけとんこつが好きなんですかw
 そんな二人の楽しそうな様子に、部長も仲間入りしたがってますし(笑)。
・12本目 
 トランペットでダメだしされたハルちゃん、得意な(?)歌でリベンジ。
 とても気持ち良さそうに歌ってますけど、あっさり却下されてますし(笑)。
・13本目
 あさみん、どうやっても楽器で怪我をする運命ですかw
・14本目
 またもやあさみんとハルちゃんのごっこ遊びの仲間入りをしたがる部長。
 「混ぜておくんなまし~」ってw
・15本目
 結局あさみんは美術要員に戻されてしまいました。仕方ないですねw

【ゲスト】『空の下屋根の中』(双見酔先生)
 読んでいて「これ何て俺?」と思いましたよ。
 現代社会に巣くう問題をゆるくえぐった作品、というと大げさですが。
 3、4本目あたりの、求人条件の選択や選別をしているうちに
 「該当結果なし」というあたりが「あるある」と思いましたねー。

 ニート(といっていいのかな)を扱ったマンガはきららウェブの方でも、
 すか先生が連載されてますけど、それとどう違いを見せるかが勝負どころでしょうか。
 もし連載を目指すのであれば、の話ですけど。
 読んでいて自分の現状と重なるところもあるだけに、読んでいて痛いですが(笑)楽しめましたね。

『とらぶるクリック!!』(門瀬粗先生)
 扉絵では「3周年!!\(^o^)/」とありますが、もうそんなに経ちますか。
・1本目
 初登場(ですよね?)の新聞部が、部活動特集のためにPC部を取材。
 しかしPC部の認識って「奇人変人の巣窟」ですかw
 それは言い過ぎとしても、当たらずとも遠からず、というところでしょうかw
 
 なぜかその話をキャッチしている杏珠ですけど、誰も賞賛してませんからw
・5本目
 取材のために勇気を出して部室に突入したのはいいですが、
 すごい光景を見てしまいました。
 茉莉が杏珠をLANケーブルでしばりあげてますから。
 こんな光景見たら大人しく立ち去るしかないです(笑)。
・6本目
 そこへなつメロ登場。でも新聞部員を見て自分は不要と思うなんてw
 新聞部員も強制入部させられると思ってますしw

・7本目
 新聞部員は1年8組の新島さん。柚とのクラスメイトですけど、
 極度の人見知りな柚にとっては「クラスメイト」という言葉も概念も
 存在しないみたいでしたw
・8本目
 極悪ツインテールってw
 それまで大人しかった杏珠、突然大声出してますw 困った発作ですねw
・11本目
 写真に撮られるとなると、突然格好良くなる杏珠となつメロに笑うw
 3コマ目は一体何をしたいんでしょうw
・13本目
 いつの間にか現れた桃乃さん。その手にはロープとガムテープ?w
 どう見てもただ事ではないですよね。桃乃さんを止めた杏珠と茉莉に拍手w
・14本目
 百聞は一見に如かずで、めでたしめでたし。のはずなのに、
 新聞部の部長はPC部を恐怖の部として扱いたいみたいです。捏造はいけませんよw

『ひめくらす』(藤凪かおる先生)
・1本目
 母の日のプレゼントに、カコちゃんが選んだのはヒラヒラドレス。
 どう考えても自分が着たいからですよねw
・2本目
 葵ちゃんもみなみちゃんもいいノリツッコミしてますねw
 しかし葵ちゃんも自分のスカートに男の子がくっついているのに気づきませんかねw
・3本目
 男性恐怖症の葵ちゃんにとっては、小さい子と思わないほうが危険ではw
・4本目
 直江、いいタイミングですね(笑)。
 彼は幸せそうでも、葵ちゃんにとっては大変なことになりそうです。
 直江の友人も彼にプレッシャーかけることを言わないw
・5本目
 すんません、笑いを禁じえませんでした(笑)。
 ほら、私は硬派ですから、下ネタは好きではないものでして(そこ、ツッコまないでw)。

 小さな子どもは遠慮ないですからねー。葵ちゃんの胸を触ってます。
 それの感触を直江に教えるのは危険です。色々な意味で。
 更には直江の股間にタッチしてますしw
 その感触を葵ちゃんに教えないで下さい。直江のピンチですから(笑)。
・6本目 
 葵ちゃんが発した「親子みたいですよね」という言葉に大感激の直江ですけど、
 別に脈があるわけではないですからw
 そういえば葵ちゃんは母子家庭ですからね。父親のイメージがわきにくいかも。
・7、8本目
 ここは直江がすばやくトイレに連れて行くべきでしたけど、
 慌てると当たり前のこともできなくなるから仕方ないかも。
 みなみちゃんが気を利かせて、替えの下着とかを買ってきたのはいいですけど……。
 女性用の下着って(笑)。葵ちゃんがおもらししたとでも思っていたのでしょうかw
・9~11本目
 すぐにやってきた迷子の子のお母さんが手早く着替えさせるのを見て、
 お母さんが喜びそうなことが分かった葵ちゃん。
 育ててくれたことに感謝して、夕食を作ることに。いい話ですね。

 片や修羅場と化しそうなのが直江宅w
 どうしてあの時の下着を持っていたんでしょうかねえ(笑)。
 母に見つかって、「母の日のプレゼント…?」と言い訳しても無駄だと思いますw

『キルミーベイベー』(カヅホ先生)
 今回のソーニャは幾分殺し屋らしいです。幾分ですが(笑)。
・1本目
 ソーニャに技を教わりたがるやすなですけど、「ちかんなんて滅びればいい」ってw
 気持ちは分かりますけど、ソーニャも驚くほどですよw
・2本目
 技を教わりたい理由は、ソーニャのツッコミを回避するためでした。
 でもそのことを知られてはいけないのに、「太刀打ちできない」と言ってはいけませんw
・4本目
 やすなは必死に教えを請いますけど、ソーニャには得することは無いです。
 そこでやすなが言い出したことは……どこの新興宗教の人でしょうか(笑)。
 光り輝いてますしw
・5本目
 結局はダメなので、あの手この手を使いますけど、それでもダメ。
 (教えてくれないと)「明日も言う」って……確かにうざいです(笑)。
・6本目
 やっとソーニャが教える気になったと思ったら、デタラメな技ですかw
 やすなの「実演して見せてください!!」にあっさり「やだよ バカみたい」(笑)。
・7本目
 次は本気、と思えば、からかっただけですかw
 「おめでたいお前にピッタリの技だ」って(笑)。
・8本目
 ソーニャ、なげやりもいいとこですw「いーじゃん」を連発してますしw
・12本目
 噛み付いて脱出と聞いて、ソーニャ相手に試そうとするのも無謀です。
 返り討ちにあってます。その体勢では噛めないだけに、
 ソーニャに「舌でも噛めば?」と言われてますよw
・13本目
 くすぐって脱出と考え付いたのはいいですけど、
 結局その体勢ではどうにもできませんからw

『鳩町まめっこイグニッションズ』(櫻太助先生)
 今回はまめっこの面々はお休み。
 今まで登場した人たちがほぼ総登場ですかね?
 最近活躍しているメイドさんは出ませんw
・1本目
 渡辺先生の奥さん、裁縫は不器用でもガ○プラはとても上手に作れるんですかw
 それってどうなんでしょうw
・2本目
 女の子としてのたしなみから恋人同士のことへ想像が広がる榊さんですけど、
 「本命には逃げられるタイプ」と言われてますよw
・4本目
 写真部の部長も登場。男子生徒でもぬいぐるみ制作の課題ですか?
 しかし作ったのが一眼レフのカメラってw
・5本目
 キツネの写真をもとに絵にしてみる榊さん。でもウサギのように見えますけどw
・6本目
 再び登場の渡辺先生の奥さん。家庭科の課題をガ○プラになればと念じてもムダですからw
・7本目
 戦前の生まれでしょうかw
・9本目
 本当はキツネの女の子、藍ちゃんが榊さんのピンチを救いました。
 破れた袋からのぞくキツネのぬいぐるみ。
 モチーフは藍ちゃんの弟でしたか。でも藍ちゃんは人間の姿をしているから、
榊さんには分からないのも無理はないですね。藍ちゃんと榊さんは会った事も無いですし。
・10本目
 どうして重い方向に持ってゆくのでしょうかw
・11本目
 榊さんは、恋歌様にプレゼントするためにもう一つ作っていたのですね。
 白い猫さんのぬいぐるみですけど、恋歌様も嬉しそうです。
 嬉しいからこそ、あまねにも「いいでしょう!」と言えると思うのです。

『ちびでびっ!』(寺本薫先生)
 前回に続いて、店長のお見合い相手が登場。
 店長を巡って(?)リリィと対決……なのかそうでもないのか微妙ですがw

・1本目
 リョウを「乙女キラー」と呼ぶリリィが素敵ですw
 お見合い相手をペット扱いするリリィもリョウさんもひどいですけどw
 やっさんもペットですか?w
 そのやっさんはのん気にマクロスエフを読んでいる場合じゃないですw
・2本目
 リリィにとってはリョウさん以外の人間は下僕ですかw
・3本目
 店長、ギャルゲーの数々を見られてますよw
 まあ「大人向け」でないだけ良かったですねw
 百合ものもあるみたいですw
・4本目 
 こっそり店長のセーブデータでプレイ。
 外見も性格もリリィに似ているんですけど、当のリリィは気づいてないしw
 「店長のシュミは悪いのぅー」と笑っている場合じゃないですw
・5本目
 男キャラのみオールコンプって(笑)。さすが店長w
・6本目
 今度はリョウさんがプレイ。すぐに相手をときめかせられるなんて、こちらもさすがですw
 関係ないですが、テレビの上のティッシュカバー(ネコさん)がなんかいいですw
・7本目 
 ゲームのパラメータを上げるよりは、現実の自分を磨いたほうがいい。
 それは分かっているんですけどね……(遠い目)w
・8本目
 店長のお見合い相手とリリィの心のすれ違いw
 ある意味敗北宣言も、リリィには伝わってませんからね。
・9本目
 ケンカした二人を止めるよう呼び出された店長ですが、
 ケンカの光景を見て「僕のために…」と喜ばないで下さいw
・10本目
 どちらか一人に決めるよう迫られる店長、言葉と行動が一致してませんw
・11本目
 リリィより強い女を目指すのは止めてくださいね、怖いですからw
関連記事
カテゴリ :まんがタイムきららキャラット トラックバック(-) コメント(2)
コメント
>読んでいて自分の現状と重なるところもあるだけに、読んでいて痛いですが(笑)

ありますねー。特にコレ系のネタはどうしても読んでて嫌な焦りを感じてしまったりorz
でも、こういう扱いづらいネタを読者に対しての嫌味にならないよう、いかに笑いとして昇華するかというのは、漫画家としての腕の見せ所なのかもしれませんね。
まぁそこまで考えなくとも、雰囲気や台詞などから、そういうネタの対象を
見下した感じを受けなければそれでいいかとも思ったりしますが。
【2008/05/06 02:43】 | 冬狐 #5ff2KGOs | [edit]
冬狐さん、こんばんはー。

上手くいっていないときにコレ系の話は確かに嫌な焦りを感じますね。
笑うけど笑えないだろ、自分、みたいなセルフ突っ込みを入れてみたり。

笑いって難しいですからね。
一番いいのは、誰が読んでも不快にならずに楽しめるものですけど、
たまに「これはどうよ」というのもありますから。

冬狐さんが述べられているように「見下した感じを受けなければ」まあいいか、と思います。
この記事でも触れてますが、すか先生の「だめ×スパイラル」も読んでいて
笑いつつも我が身を振り返ると笑えなかったりします(苦笑)。

何事においても、上手くいかないときはありますけど
焦るとさらに悪化しますかし、いいことないですから。
落ち着いてできること、するべきことを見極めて行動するのが一番でしょう。
冬狐さんもより良い方向へ向かえますように。
【2008/05/06 20:55】 | らぷとん #dt4JMNiE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。