スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『稀刊 ツエルブ』(著:海藍)感想

 2008-03-27
 長いです。お時間と興味のある方はどうぞ。
○表紙
 雑誌のキャッチにもあるように、30代の女性をターゲットにした雑誌の表紙のイメージが
色濃いデザインですね。
 そもそも「稀刊」という造語からして良く考えたなあ、と感心しました。
 他にも「13月号」、「明治96年13月32日発行」「Undecember」など、
架空の雑誌である事を強調するかのような表記の数々に笑いました。
 あとはやはり『トリコロ』が付録扱いなのにも笑いましたね。

 記事内容を模した文章も、きちんと収録作品の内容と関連付けているところも凝ってます。
 
○目次
 こちらも雑誌の目次を意識したものになってますね。
 モデル名に撮影者(やはり海藍先生ですか)、スタッフ名まで。
 作品ごとの登場人物名も書いているあたりは親切だな、と感じました。

○作品の感想
 以下、読んで感じたことを箇条書きで書いていきます。

『トリコロ』
(P3)冬の朝の布団に対しても同じことを思うのでしょうか。
(P4左)軍手を着けて取るしかないですね。
(P5右)にわちゃん、表情が怖いです。
(P6右)仲が良いです。微笑ましい。
(P10右)ひでぶという羽目にならなければよいのですが(>にわちゃん)
(P11右)『グラディウス』っぽいですね(>2コマ目)。最近のシューティングは難しいのが多いから、それを利用するのも手かもしれません。
(P14左)にわちゃん、何を狙っているのですか?
(P17右)多汰美さん、さりげなくひどいこと言いますね。その黒さに笑いました。
(P20右)声だけでなく、表情込みでじっくり味わうつもりですね。
(P21左)ななせの器用さに吹きました。
(P23右)2人(一人と一羽)の偶然がもたらす喜劇。
(P27右)体重が増えても可愛がられる人になれればいいのに、と思っても伝わらない悲しさよ。
(P29右)袋をかぶっても飛べるとは……。凄いぞ、ななせ。

『路を歩めば。』
 1話目は線が太いですね。ざらついた感じもありますし。
 2話目以降はすっきりした感じに見えます。
 伊能さんのこの後が気になります。目的は見つかりましたか?

・2話目
(P34)シュールです。
(P35右、左)食も景色も海にまつわる事を堪能できないなんて。これも現実か。
(P36左)ロマンもないですが、これもまた現実でしょうね。
・3話目
(P37、P38右)実際にこうした滝があるのかな。立ち入り危険、ですね。
(P38左)伊能さん、泣いてもいいですよ。
(P39右)お母さんもいいタイミングで目撃しましたね。そして激しい勘違い。

『ひとつやねのしたで』
 動物ものもいけるのですね。なんだか新鮮です。

・1話目
(P42右)よく怪我しませんでしたね。
(P42左)焦げますよ(笑)。
(P43右)厳しく注意するのは思いやりに裏打ちされたもの、というギャップに笑いました。
(P45右)体を張ってでも夢を壊すまいと必死の姿に笑いました。
(P46右)せっかくの頑張りも水の泡でしたね。

『みそじのさあやはいきおくれ』

(P48左)一度見栄を張ると、もう引き返せなくなりますからね。ご用心。
(P49右)沙綾さん、自らのっておきながら仕返しが強烈です。
(P49左)「座る」違いですね。日本語って難しい。
(P50左)言葉は違っても、意味は同じ。言葉って面白い。

『神をも恐れぬミコバイター』

(P52左)「イチロー」ではいいのか悪いのか悪いのか分かりませんね。返答に困るはずです。
(P53右)なぜに鹿なのでしょう。その発想が素敵です。
(P54右)宇奈さん、すご腕のギミック制作人ですね。
(P54左)鹿さんも対処に困ってますよ(笑)。
(P55右)いつの間に仕込み刀を準備していたのかが疑問です。遊びがバトルに変わる時。

『喫茶ルマンでピットイン』

(P57)車好きでないとその時給では厳しい気もします。頑張れ。
(P58右)なみさんには、かなこさんのことがお見通しのようです。
(P59右)なみさん、単に疑い深いのか、お金にうるさいのか、判断に悩みます。
(P59左)かなこさんのアドバイスを素直に受け取ると、牛肉を入れるしかないですよね。私は遠慮させてもらいますけど(笑)。
(P60右)真実を言うものは命を奪われかねかねませんね。店長の強引さに笑いました。
(P61右)なみさんの頭、ウニ扱いされてますね(笑)。
(P62右)なみさんのいいボケっぷりが笑えます。

『さより天然モノ』

(P64左)写真でプリントする発想は無かったです。
(P66右)魚が飛び跳ねるごはんって(笑)。
(P66左)大笑いしました。発想がぶっ飛びすぎですよ。

『私立凪沢高校用務日誌』

(P67)パシリもある意味雑務ですが、用務員の仕事ではないです(笑)。
(P68右)白木さん、元気すぎです(笑)。
(P68左)白木さん、言っている事とやっていることが違います(笑)。
(P69右)懐かしいです。でも全部ボールを天井に引っ掛ける腕も凄いです。

『風紀委員が行く!』

(P72右)松岡君、さり気なくも格好いいです。
(P73右)松岡君、ちゃっかりしてます(笑)。

『イマドキ オバケ セイカツ』

(P76右)写真に写っても怖がられないのはいいのか悪いのか。
(P76左)慌てている人魂がかわいいです。
(P77右)少年よ、軽々しい事を言ってはいけませんよ(笑)。
(P77左)寝言がお経というのも困るかもしれません。
(P78右、左)共に、シンプルながらもいい間があると思います。
(P79右)和尚さんが遊んでいるのは……PS2でテトリス?

『ゲンキのクスリあります』

(P81)隆くん、にげてー!(笑)
(P82左)由紀子さん、人間離れしてますね(笑)。
(P83左)隆君、そうきましたか。私は頭からですが。
(P84左)由紀子さんは大人の女性ですね。いろんな意味で。

『そら色レシピ』

(P86右)レモン汁を目に入れないでください(笑)。
(P86左)先生、斬新な教え方ですね。
(P87右)そんなに切れる研ぎ機は困りものです(笑)。
(P88右)「ワイン」という言葉ははいっているのですけどね。
(P89右)「斬鉄」ですか(笑)。
(P89左)先生に悪気は無いのでしょうけど。原田君、知らぬが仏ですね。
(P90左)東スポ的な区切り方ですか。

『おきらくデジタルママ』

(P91)嬉しい気持ちは分かります。
(P92左)山吹さん、パワフルすぎです(笑)。
(P93左)もしこんなことが実際にあったら……いいのかそうでないのか。

(P94)ほのぼのしていて、微笑ましいです。

『ママはトラブル標準装備!』

(P97右)笑いました。2001本のローソクって。しかも親子そろって(笑)。
(P97左)お母さん、自分がお年玉欲しいのでは?
(P98右)お母さん、飛ばしすぎですよ。
(P98左)じゃがいも、芽が出やすいですよね。
(P100右)お母さん、娘に頼りすぎです(笑)。
(P100左)お母さんのさり気ない飛ばしぶりに笑いました。
(P102左)かき氷にビールやケチャップ……味の万国博覧会です。
(P103右)気持ちの若いお母さんです。
(P104右)マイナスイオンは視力がいくら良くても見えないと思います(笑)。
(P104左)いいボケです(笑)。マメから育てるなんてこだわりすぎです。
(P108右)お母さんにはショックでしょうね。お父さんとウエスト大差無いなんて。
(P109右)電話の豆知識。メモメモ。
(P109左)まあ子どもにとっては、ある程度年上の女性はおばさんですからねえ。耐えてください。
(P110)黒い梅干……斬新です。
(P111左)お母さん、いたずらが過ぎますよ(笑)。
(P113右)使えるものは何でも使おうとするその精神が素敵です。
(P115右)お母さん、ちゃっかりしてますね(笑)。
(P117右)天子のふりをした悪魔の仕業でしょうか。
(P119)住基ネット、懐かしいです。
(P120右)なのはちゃん、さすがお母さんの事を心得てますね。
(P120左)年齢を重ねると、いろいろと切なくなりますね。
(P121右)二つ目の「初恋」はありえませんね(笑)。
(P122右)逆プリン、食べて見たい気もします。
(P125右)お母さんの想像力の飛躍の凄さに笑いました。乾杯しないで(笑)。
(P125左)アロマオイルを食用油代わり……食べたくないですね(笑)。
(P126左)うなが可哀相です。でも可笑しい。
(P127左)ローソクネタアゲイン。またハモってますし(笑)。
(P129右)こもるくらいなら、ダジャレを言わなければ良かったのに(笑)。
(P129左)笑いました。お母さん、泣いていいですよ。
(P132左)お母さんの言う事も一利なくもないですけどね。
(P133右)なのはちゃんの年齢でも分かるのかな?(>タブー)
(P135右)お母さんの自信たっぷりさに笑いました。
(P136右)お母さん、言っている事とやっていることが合ってませんよ。
(P137右)ありそうだから怖いです。
(P140右)お母さんも負けず嫌いですね。
(P142右)静電気対策としては有効かもしれませんけどね。裸(笑)。
(P143右)カード遊びができる猫(笑)。
(P146左)お母さん……ダイエットしてください(笑)。
(P147左)そうか、ブーメランですか。
(P150左)うなの運命やいかに(笑)。
(P154左)哀れ、うなの前足は大やけど?
(P156左)すだれで海苔巻き……勘弁してください(笑)。
(P161)せっかくの情緒が台無しです(笑)。

 ……はたしてこの感想でよかったのでしょうかw
関連記事
カテゴリ :本・マンガ トラックバック(-) コメント(2)
コメント
これ、通常版と500円位しか変わらないんでっせ・・・・・・
本体よりボリュームがある、とか言っちゃいけないんでしょうね(笑)
昔の作品は見たことないので、なんか新鮮な気がします。絵の変遷が特に。
個人的には、「みそじのさあやはいきおくれ」なんか気に入りました。もう少し読みたかったです。何気に巨乳だし(ぇ


コミハイ、Amazonがありまっせ。
【2008/03/27 23:54】 | 砂漠ヒロ #CflJ4uW2 | [edit]
砂漠ヒロさん、こんばんは。

通常版はもう出たんでしたっけ?
特装版とはカバーのデザインが微妙に異なるらしいですが
詳しくは知りません!(笑)。
特装版は増刷され……たのかな?こちらも詳しくは知りませんw

500円ほどの違いで大サービス!という感じですね。

>本体よりボリュームがある

大丈夫です、私は真っ先に思いましたから(笑)。

絵柄の違いは私も感じましたね。幽霊のお話のシンプルな事!
それにしても様々な作品を発表されていた事にも驚きました。

>何気に巨乳

昔の作品のキャラを今描いたものでは、全体的にボリュームアップしてますよね。
乳が。どんなマジックがあったのでしょうか(ぉ

コミハイは明日あさってにでも買えればいいな、ということで一つ。
【2008/03/28 00:08】 | らぷとん #dt4JMNiE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。